読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

旧麻布区の思い出…

麻布区

とんと縁のない区です。

 

それもそのはず、20世紀は、旧麻布区にある駅は、六本木と広尾だけ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301144707j:image

それまで走っていた都電は全滅しており、「陸の孤島」なんて呼ばれてました。

 

坂も多く、住民は大変!

暗闇坂
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170303204040j:image

「昼の取材なのに…」ってがっかりめで行ったら、

「樹木で昼なお暗い」が由来とか。

昼に来るのが正解ですね♪

 

寄席坂
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170303204335j:image 

こんな坂に、寄席があったんだそうです。

 

鳥居坂
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170303204442j:image

鳥居さんの屋敷があったそう。

命名はこのパターンが多いですね。

 

21世紀に入るぐらいから、南北線大江戸線が通り、六本木一丁目駅麻布十番駅赤羽橋駅が相次いで開業。

交通事情は一変したそうです。

 

麻布十番駅
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301083226j:image

 

「まとめ」は、こんな感じかな?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301083355j:image

 
実は「麻布」とは、この寺が由来らしい!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301083454j:image

「麻布山善福寺」

浅草寺にも肩を並べる古刹だそうです。

 

初代公使ハリスの、宿館があったそうですよ。

 f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301083919j:image

 

墓地内は撮影禁止なので撮りませんが、「さかさ銀杏」という、立派な銀杏の木があります。

 

 

「十番」も、昔からの地名です。

噂では、河川改修の十番目の工区だったとか。

 

十番稲荷神社
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301085414j:image


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301125525j:image

大きなカエルの像があります。

大火の時、池の巨大なカエルが、水を吐いて屋敷を救った、なんて伝説があります。

なので、縁起物♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301125609j:image

 

商店街には、こんなお店も。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301125904j:image

豆の老舗「豆源」の豆菓子!

色とりどりのパッケージの、様々な豆を、詰め合わせ!

もちろん、五択にしたり♪

 

正解はこちら
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301131745j:image
「おとぼけ豆」
 

海老、青海苔、きざみ海苔の3種類が、入っています。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301131030j:image

“欲張り”な僕にはぴったり!?

「三枚目“半”」だけど…。

 

ただし、3ついっぺんに食べると、どうもボケた味になるそうで、この名前だそうです。

せっかち早とちりは禁物、ってわけですね。

 

こんな豆も、あったんですが。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301134919j:image
「おのろけ豆」

醤油味なので、昔は製造工程で、“仲良く”くっついてたんですって。

なので、「おのろけ豆」

 

えっ?なんでこれを正解にしないのか?だって??

 

…これ正解にしちゃうと、発表の時、

「おのろけを語らなきゃいけない」でしょ?

 

少し行くと、ちょっと不自然な形の広場に出ます。

そこには女の子の像が。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170301142125j:image
「きみちゃん」と言うそうです。

世代を超えて知られた、女の子です。 

赤い靴

赤い靴

  • 東京児童合唱団
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥150

 

そう、赤い靴はいてて、異人さんに連れてかれた子。

この子「きみちゃん」が、歌のモデルの女の子なんだそうです。

 

作詞は野口雨情です。

訳あって、異人のもとへ引き取られたきみちゃん。

母のかよは、きみちゃんが異国で幸せに暮らしてると信じて、親交のあった雨情に物語ったといいます。

 

そう、「信じて」

 

実は、きみちゃんは異国へは行けなかった。

結核、だったのです。

 

当地の孤児院で、わずか9才の生涯を閉じた、といいます。

 

このことを、母かよも、もちろん雨情も、知る由もなく。

 

別れた娘への思いを、雨情は詩にしたんでしょうが、実はもっと残酷な運命が隠れされていた。

 

…知らなくて、よかったのかも知れません。

知らない方が…。

 

像には、浄財を入れる口がありました。

僕も入れましたが、お供えする方が、後を絶ちませんでした。

 

街の方は、いまでもきみちゃんに、思いを寄せているのですね。

 

 

 

次は17・旧赤坂区です 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

前の区は、こちら

15・旧芝区

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

機内で…

以前、こんな記事を。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

全日空の、機内BGMです。

 

今回の旅は、日本航空でしたから。

離陸前はこの曲。

 着陸時は、この曲。


JAL(日本航空) ご搭乗時ウェルカムビデオ(B787)

久石譲「明日の翼」

 

…だったかな?

どちらも、自宅に帰って、調べました。

 

聴くと、どちらも名曲なんですよ。

「I Will Be There With You」は、赤組さんの間で、特に人気が高いよう。

久石譲の「明日の扉」、リリースされてないそうで。

売れば、いいのにな。

 

ただ、やっぱり僕は、こっちが好きで♪

Another Sky

Another Sky

圧倒的に、耳に残る!

心地よさと共に♪

 

青組びいき、ってのも、あるかも知れないけどね。

でも、ピアノとヴァイオリンの、差もあるのかな?

 

もちろん、BGMなので、雰囲気だけを盛り上げればいい。

そういう意味では、日本航空の2曲は機能に忠実なわけです。

 

葉加瀬太郎さんの曲は、BGMとしての機能は持ち合わせながら、旅のムードをさらに盛り上げてる気がするんですよね。

飛行機に乗るのが楽しくなるような、ね!

 

先ほどの記事にも書いたけど、僕が青組である要因はいくつもあるんだけど、この「Another Sky」の存在も、とても大きいんです。

 

音楽もそうだし、色もそうだし、味もそうだし。

直接五感をくすぐる演出は、そのイメージを決定づけるほど、大きいと思うんですよ。

天草エアラインの思い出…

熊本は天草を拠点とする航空会社です。

本社も天草市にあります。

 

こんな可愛らしい飛行機で、天草、熊本、福岡、大阪(伊丹)を結んでいます。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170220003508j:plain

 

僕が乗った当時は、写真のボンバルティアのDHC8-100型機でした。

かなり古い機材で、整備費もかさむとして、昨年から新型機「ATR42-600」にバトンタッチしました。

写真はありませんが、デザイン等は踏襲されているようですね。

性能的には離陸最大重量が上がっていて、客席も39席から48席に増えました。

 

機体には、「みぞか」号という名前がついています。

天草(熊本・長崎)の方言で、「かわいい」。

イルカを描いた、かわいいデザインですね♪

車輪格納部の左側は女の子で「はるちゃん」、右側は男の子で「かいくん」

二人合わせると、「快晴」になるとか。

 

イルカの由来ですが、天草には野生のイルカが住んでいて、イルカウォッチングができるんですよ。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170220005244j:plain

イルカが一ヶ所にとどまって暮らしているのは、大変珍しいんだそうです。

98%の確率で、見れるそうですよ。

 

ちなみに乗ったのは、福岡便。

手書きマップがありました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170220005648j:plain

 

これで見ると、機窓は左側の方が、いいかな?

でも、右側にはこんな所に、隠れキャラがいます。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170220004024j:plain

くまモン

右側のかいくん側の、車輪カバーに書かれていました。

実はこれ、右側中央窓側の席でしか、見ることが出来ません。

左側のはるちゃん側の車輪カバーは、外側を向くので、客室からは見えません。

しかも、写真に撮れるのは事実上、離陸直前のみ。

車輪を収納すると見えないし、機材が古いので、また車輪を出す着陸寸前は、電子機器使用禁止なのです。

 

 

かわいい「みぞか」号ですが、一日に天草から福岡を往復、次は熊本を経由して大阪へ足を伸ばして、天草へ帰ったら福岡を2往復。

これをたった1機でこなします。

予備機もなく、何かあったら欠航するしかない。

運行状況を気にしとかないと、空港へ行っても乗れないことも、あるわけです。

 

健気に頑張る「みぞか」号、応援したいですね♪

九州の味…

急遽、予定してた長崎ではなく、博多で食べることになった、昨日の夕食。

一度宿に帰ったので、出だしは8時半と遅め。

しかも日曜日なので、営業店舗も、営業時間も、厳しい。

 

とりあえず、ぶらつくことにしました。

前日の「大しま」とは、反対方向へ。

 

見つけたのは…

「酔灯屋祇園店」

九州一円の、美味いものを出すお店です♪

もつ鍋が一人からできるというので、ここにしました。

 

カンパーイ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410203344j:image

お通しは選べて、がめ煮を。

いわゆる、筑前煮です。

 

まずは刺身系から。

ゴマサバ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410203537j:image

きれいなピンク色のサバを、ゴマ・醤油・味醂でいただきます。

博多の郷土料理です。

 

それが…

ゴマの調味料がこんなに合うとは、思わなんだ!

いきなり、美味い♪

 

当地では、しめさばはほとんどしないんだそうです。

サバの鮮度に、自信があるんですね。

 

さらに、九州盛!

こんなにおっきいので来るとは!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410204226j:image

九州の、海の幸!

しかも、キビナゴが入ってるではないか!

うれしい、演出です♪

 

これは大分の名物
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410204507j:image

とり天

九州は鳥ですよね~

つゆにつけていただきますが、

「そのまま食べても美味い!」

名物に、美味いものアリ♪

 

ここで、おもむろにもつ鍋を注文。

ハーフで、この量。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410204806j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410204822j:image

博多のもつは、それはそれはクリーミーで!

以前、相棒と食べた味、再び!

 

写してないけど、焼酎もやってますよ♪

基本、芋焼酎のロック派です。

芋には独特の味わいがあります♪

 

オススメから、変化球!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410205007j:image

あら炊きです。

骨はあるけど、身は絶品!!

こういうところが、美味いんですよね~♪

 

すっかり気分もお腹も、いい感じ♪

締めのために、先ほどのもつ鍋のスープを残しておいて…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170410205852j:image

うどん投入!

しかもこれ、鹿児島の「ふく福」からの、お取り寄せ!

うまくないわけがない♪

 

実は「ふく福」って、鹿児島にいた頃、よく行ったんです。

そばもうどんもやるし、和食も食べられるけど、特に美味かったのが、うどんなんです。

 

もう20年以上前だから、味なんか覚えてるわけないけど、懐かしさでいっぱいに…。

 

また、鹿児島行かんとね~

そんな思いで、締めくくりました♪

 

九州は美味いものが、いっぱいあります。

父の転勤だったり、ホークスだったりで、九州に縁ができました。

 

その縁に、感謝です。

船旅…

博多ふ頭から、壱岐へ渡ります。

九州郵船「ヴィーナス2」


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409171802j:image
高速船、ジェットフォイルです。

なんと、ボーイング製?!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409171818j:image
ボーイング929という形式だそうです。

 

港には、大型客船もいました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409171848j:image
カメリアライン

釜山へ行くようですね。

 

出航。

ヤフオク!ドームを、海から。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409171924j:image

試合があれば見たかったけど、試合があればこの絵は撮れなかった、ということで。


これは、壱岐の郷ノ浦からやって来た、「フェリーきずな」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409172002j:image

 

港は産業の一翼も担います。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409172028j:image
 

カモメと、競争! 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409172045j:image

  

航行は快適♪

大きな揺れもなく、壱岐郷ノ浦港へ! 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409172728j:image

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409172831j:image

九州郵船ヴィーナス2でした~!

 

…と、これで終わるはずだったんですが。。。

 

なぁ~んと!帰り予定してた飛行機が、機材繰りで欠航!

また、船で帰るしかありません。

 

まぁ、バスでこんな風景が撮れたり…

原の辻遺跡
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409173512j:image

一支国博物館
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409173526j:image

海は波が立ってる?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409173741j:image

 

芦辺港で、こんな掘り出し物をみっけたり、したけどね…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409174124j:image

“かぜ”はウニのこと。

肴にも、ご飯の供にも、最高!

 

ジェットフォイルは行きに乗ったからと、フェリーを選択。

「フェリーちくし」

朝出会ったのの、同型船やん…

まさか、乗るとはね…

二等で安いけどね。

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409174418j:image

 

ただ…

海は時化模様で、かなり揺れる!

ゆっくりとした、回るような揺れ!

結構、不快…。

でも、今日は空いてて、十分横になれるスペースがあったのが、救い。

寝転がってると、かなり楽です♪

 

残り30分位になった頃かな?

急に揺れが収まりました。

内海に、入ったようです。

 

甲板にも、出られましたよ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409181900j:image

 

陸地が見えると、安心します。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409182414j:image

 

カモメがついてくる!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409183745j:image

滑空 我、殿を務めんと 九州郵船フェリーちくし 壱岐芦辺―博多 4/9撮影

ほぼ等速で、しんがりを務めてました。

 

やがて船着き場に近づき…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409184038j:image

 

接岸!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409184050j:image

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409184115j:image

下船。九州郵船フェリーちくしでした。

ありがとうございました♪

フォロワーさんのお馴染み…

日本航空の「どこかへマイル」企画で、福岡に来ています。

宿泊は、祇園

 

祇園と言えば、無視できないお店があります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409004030j:image

祇園 大しま」

龍ケ崎のTさんの馴染みの店なのです。

宿へのチェックインへの通り道で、外観だけアップしたら、「寄らないの?」

行かない訳ないじゃあないですかぁ~♪

 

実は2回目の訪問なれど、最初は明かさずに。

カンパーイ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409005051j:image

オススメを聞いたら、こんなにきれいなのを出してくれた!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409072507j:image

ヒラメのお造り

値は張るけど、旨い♪

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409072643j:image
好物のナマコも♪

これでスタート。

 

お通し
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409072902j:image

 

実は、宿の近くにあることは分かっていたので、下調べを。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409074559j:image

人工マツタケだそうな。

広島で、一年中穫れるそうです。

香り立つ逸品♪

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409074847j:image

福岡特産のおきゅうと。

こんなに旨かったの?って味。

聞けば、材料によって、ピンキリなんだそうです。

海藻を使うんですけど、何か混ぜると安くはなるが、どうしても味が落ちる、と。

ここのは風味がいいし、すり胡麻が合う!

 

この辺りで、素性を明かして。

大将も覚えてくれてた!

 

というわけで、焼酎に発展!

Tさんご推奨の「三岳」を飲まないわけにはいかない♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409081201j:image

屋久島の酒です。

焼酎らしい焼酎!

 

焼酎といえば、鹿児島の中学や高校の体育祭で、父兄が焼酎の一升瓶を持ち込んでたなぁ…。

片付けの時に臭いがして、“こんなもん、飲むもんか!”なんて、固く誓ってたのにねぇ~

今じゃあ~(略)

 

もう一つ、Tさんのオススメ
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409081616j:image

豚の角煮。

スライスされています。

上品な味わい♪

 

大将との話も弾みます。

九州には縁もありますしね。

 

Tさんはかつては、仕事で全国を回る機会があったそう。

九州での定番のお店が、ここだったそうです。

 

仕事で各地を回ると、地元の方が、美味しい店を紹介してくれます。

ガイドブックにはない、名店をね♪


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409082255j:image

オコゼの唐揚げです。

かつて、オコゼを踏んづけて、死ぬ思いをしたことがあります。

鰭に猛毒があるのです。

ただ、この毒は熱に弱い。

監視員さんがお湯に浸けたら、ウソのように痛みが引いて!

 

そんな話も、肴にね!

 

そろそろ退店。

最後に握りを三貫。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170409083744j:image

 

ごちそうさまでした~!

美味しかった♪

 

近くに泊まったら、また来ますね♪

 

龍ケ崎のTさんも、たまには顔出さんと、ね!

対馬空港の思い出…

明日夜、旅立ちます。

日本航空「どこかにマイル」で、福岡に!

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

ただ、福岡に行ってもウチの試合もないので(二軍も!)、

壱岐へ、行きます。

シャレではありません!

 

そのうち、「壱岐空港への思い出…」にて。

 

その先の対馬空港へは、父と行ったことがあります。

どちらも、長崎県なんですね~

 

対馬空港は、「対馬やまねこ空港」と言うそうです。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170329001317j:plain

 

ターミナルビルは、立派です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170329002157j:plain

 

長崎県ですが、経済圏は福岡で。

福岡からは、プロペラ機では大きい方の、DHC8-Q400が飛んできます。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170329001557j:plain

たまたま、緑のエコボンでしたね♪

3機のうちの1号機、JA856A号機でした~!

 

帰りはジェット機が来ました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170329002656j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170329002720j:plain

スーパードルフィンも、そろそろ引退が近いかも。

 

一方、長崎へはオリエンタルエアブリッジの出番。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170329002542j:plain

わずか39人乗りのDHC8-200ですが、県都への貴重な足です。

壱岐から長崎へも、この飛行機です。

いずれ、「オリエンタルエアブリッジの思い出…」にて。