螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

交通

鯖街道…

旅行2日目。 今回の旅のメイン、「鯖街道」を旅します。 若狭国から京まで、鯖などの魚介を運ぶ道だった、鯖街道。 概ね、現在の国道27号→国道303号→国道367号に相当します。 行程は約十八里。 今だと約90km、車で3時間も走れば着く距離ですが、各所に峠があ…

ノドグロ…

台風をおして、若狭・小浜に来ています。 もちろん、若狭国の取材ですが、父の「鯖街道行きたい!」熱と、合致しましてね。 ちなみに、今は風も雨も、ありません。 小浜市には、とりあえず観光客が、魚介系その他若狭の物産を、手に入れられる場所がありまし…

河内国の思い出…

大和国の西側に位置するのが、河州、河内国です。 縦に長い国ですが、鉄道は近鉄他、横に走る路線が多いですね。 ただ、乗換OKなら、縦断することも可能なようです。 自動車道では近畿自動車道が、国を貫きます。 国は主に、北河内、中河内、南河内に別れて…

おばあちゃんの思い出…

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」 「おじいちゃん」は、裏ブログで書くので… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 表ブログは、「おばあちゃん」で。 祖母は2人とも亡くなっています。 ただ、両親とも実家から離れて暮らしてたので、あんまり…

駿河国の思い出…

伊豆国から、西北へ。 こうやって海を渡って、駿州、駿河国入りしました。 雨上がりの冬の朝。 美しくそびえる、海上の富士! 雨上がりの、冬の朝です。 澄んだ空気は、遠くアルプスまで、見せてくれました♪ この旅では、清水次郎長の家を訪れています。 本…

大辺路…

前日より、紀伊国・白浜にお邪魔しております。 紀伊田辺のNさんに、お世話になりましてね♪ 車を出してもらいました。 今回のテーマは、「大辺路(おおへち)」。 熊野古道の一つです。 熊野古道は、熊野三社を巡る、山側の中辺路がメインルート。 海側を巡…

草加IC・「我が街・草加」の思い出・5…

草加市内を走る、国道4号線にある表示です。 新善町交差点。 南関東を環状に走る、国道298号線と、東京外かく環状自動車道(外環道)が交わる、大きな交差点です。 渋滞情報にも、登場することがありますね。 南下ですから、左側、東側に曲がると、三郷JCTか…

志摩国の思い出…

伊勢国から志摩半島に入ると、志州、志摩国です。 一時は志摩半島から、さらに南も領有していたようですが、志摩市、鳥羽市の範囲のみとなって、明治を迎えたようです。 鉄道では近鉄で入るのが、一般的ですね。 伊勢国・伊勢市駅、宇治山田駅から、さらに進…

今川橋・「黄金餅」の思い出・13…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 今は、交差点ですが… 川が、あったんですよ。 もちろん、今川橋もありま…

伊勢国の思い出…

尾張国から伊勢湾を回り込むと、勢州、伊勢国です。 このルートで伊勢国に入るには、3本の川を渡らねばなりません。 まず、木曽川。 大きな川です。 次いで、長良川。 中洲を挟んで… 揖斐川です。 無事、伊勢国に入ったところで、伊勢国と言えば、もちろん、…

須田町・「黄金餅」の思い出・10…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 須田町。 江戸初期は須田村という農村だったそうです。 その頃から、青物…

伊豆国の思い出…

相模国から、西へ。 豆州・伊豆国は、伊豆半島を管轄する国です。 在住した湯河原の隣・熱海は、古くからの湯治場です。 海からも熱いお湯が出ていたそうで、「熱海」になったそうです。 写真はないですが、「お宮の松」は有名ですね。 夏は毎日のように、花…

大通り・「黄金餅」の思い出・9…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 万世橋(当時は筋違橋)を渡ります。 引き続き、国道17号線「中央通り」…

筋違御門・「黄金餅」の思い出・8…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 御成街道が神田川、と言うか外堀でもあるんですが、これを渡るために、「…

晴れたら…

今週のお題「晴れたらやりたいこと」 そうですね~ 旅行に行きたいですね。 毎年定期的に、旅行には行けてますね。 家族が温泉好きだったり。 鶴の湯温泉(秋田) 赤川温泉(大分) 大井川鐵道で行く、寸又峡(静岡) 河津七滝(静岡) 温泉は晴れてなくても…

エアーニッポンの思い出…

現在は存在しない、航空会社です。 僕としては、前身の「日本近距離航空」のほうが、なじみがあります。 子供の頃、ラジオで空席情報を、聞いてましたから。 でも、乗る機会はついに一度もなく。 手元に、1988年当時の航空ダイヤがあります。 これに、昨年5…

羽後国の思い出…

羽前国から、さらに北上。 同じく羽州、元出羽国の、羽後国です。 秋田県に、羽前国には含まれていなかった、酒田市の最上川以北、遊佐町を含みますが、北東部の鹿角市と小坂町は、お隣の陸中国に属します。 バスは「羽後交通」♪ 羽後国も、良質な温泉が豊富…

御成街道・「黄金餅」の思い出・5…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 御成道(御成街道)は、おもに将軍が通る道として、整備された道です。 …

三枚橋・「黄金餅」の思い出・3…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 三枚橋には論争があるそうですね。 不忍池から流れ出ていた、忍川(現存…

旧大森区の思い出…

このシリーズではラストとなる、大田区まで来ました。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 大田区は、旧大森区と旧蒲田区の合併で、成立しました。 東京23区では、最も南になります。 もしかしたら、「南区」でもよかった!? 「大田」って付く駅も、見当…

下野国の思い出…

上野国から、東へ進みます。 下野(しもつけ)国。 現在の栃木県です。 両国を結ぶ線として、両毛線もありますが、北関東自動車道という、立派な道路が結びます。 高規格で、走りやすい道ですね♪ 上野国は上州ですが、下野国は「下州」とすると、何かよくな…

旧淀橋区の思い出…

淀橋…と言うと、多分十中八九の方が「カメラ!」って答えるでしょうね。 確かに、「ヨドバシカメラ」は旧淀橋区内ですが、「新宿区の思い出…」で扱ったので、今回は通過! kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 淀橋とは、本来はこの辺りの旧称。 1970年ま…

松本市と長野県の思い出・4…

松本に来た、最大の理由。 それは、大学に通うこと。 「松本市と長野県の思い出・2…」ともダブりますが、今回は改めて、「松本キャンパス」に焦点を絞って、お話ししますね。 信州大学の本部・松本キャンパスは、市街地のやや北側にあります。 松本駅からバ…

「その他の危険」の思い出…

館山を旅行中、見つけました… 「その他の危険」 エトセトラな警戒標識です。 教習所で、習いましたね? ここの場合は、「砂だまり注意」 海岸線なので、風が砂をまき散らすのかな? タイヤを取られたら、危ないですもんね~ ちなみに、こうやって「補助標識…

ラーメン「一蘭」の思い出…

お話はこの前の、福岡・壱岐旅行の3日目。 とは言っても、帰るだけの月曜日。 思い残すことは… 「あるっ!!」 そう、とんこつラーメンを、食べていないではないか! これでは福岡に来ないも同然!? 午前中の便なので、選択肢は限られます。 福岡空港は改修…

越中国の思い出…

越後国から、西へ。 北陸本線が、同じく越州・越中国に誘います。 今は、北陸新幹線か。 北陸新幹線開通直前、越中国を行き来したことがあります。 普通列車で。 ※ 乗ったのはこの列車ですが、絵は加賀国・金沢駅です。 途中の高岡駅で、30分超の待ち合わせ…

魚沼の春…

引き続き、南魚沼滞在中です。 www.ikazawaonsen.com 前日は文句を言ってた父ですが、 改めて岩風呂露天に入ったら、気に入ったらしい! 朝食も、ホント地の物で! こういうのこそ、ご馳走なんですよね♪ さて、今回の僕の任務は、南魚沼で法事に出る両親の、…

手袋…

両親の法事で新潟・南魚沼に来ています。 “車”で! 車の運転は嫌いです。 下手だし!! 今日は高速なんで、なおさら。 ハンドルを握る手に、いや~な脂汗をかきます…。 これで、ハンドルが滑ったら大変! 余計な心配事が、増えます。。。 でも… ちゃんと、対…

自己紹介…

今週のお題「自己紹介」 裏は、遊んだので… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 表は、真面目にやりますか… 埼玉県草加市在住、錦糸町の会社に勤める、しがないサラリーマンです。 独身です。 パラサイトシングルってヤツ。 楽な面もありますが、巨匠(母…

越後国の思い出…

上野国からさらに、北上します。 在来線では、こんな駅を越えて(まだ上野国の駅ですが) JR上越線土合駅。 上りホームは普通の駅ですが… 下りホームへの通路は、こんな! ※ ホーム側から撮影 暗いトンネルを、約10分も下りなければなりません。 そのため、…