螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

名品珍品

新橋・「黄金餅」の思い出・19…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 京橋からさらに、中央通りを進みます。 銀座、通過! 元々は銀貨の鋳造所…

通四丁目・「黄金餅」の思い出・17…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 日本橋を渡った南に、日本橋交差点。 そう、日本橋を越えると、中央通り…

猫の○○…

今日は、ベルサッサ! その訳は… 「猫雑貨専門店ねこだん」http://www.necodan.com 19時までの営業。 錦糸町から北千住まで15分、駅までの歩きが両方入れて20分近くかかるので、ほぼ終業同時に出ないと、間に合いません。 今日は後半、ヒマだったので! 店内…

唐棣色(はねずいろ)の思い出…

唐棣色。 「はねず色」と読むそうですが… ※振り仮名の配置は、違ってるかも知れません… 庭梅またはザクロの花の古名だそうです。 初めて知りました。 きっかけは、今日お参りした下鴨神社境内の茶屋、「さるや」さんの名物、「申餅」! そう、こんな「オレン…

鯖街道…

旅行2日目。 今回の旅のメイン、「鯖街道」を旅します。 若狭国から京まで、鯖などの魚介を運ぶ道だった、鯖街道。 概ね、現在の国道27号→国道303号→国道367号に相当します。 行程は約十八里。 今だと約90km、車で3時間も走れば着く距離ですが、各所に峠があ…

ノドグロ…

台風をおして、若狭・小浜に来ています。 もちろん、若狭国の取材ですが、父の「鯖街道行きたい!」熱と、合致しましてね。 ちなみに、今は風も雨も、ありません。 小浜市には、とりあえず観光客が、魚介系その他若狭の物産を、手に入れられる場所がありまし…

過去の僕の手柄…

夜… 久々に、パソコンのセットアップなんか、しております。 先日、父のパソコンが、壊れまして。 いろいろいじってたら、なんとVista時代の代物と判明! よく9年間も、お世話になったもんです。 バックアップなんて取ってなかったし、パーティーションもCし…

ご常連…

今宵は、押上文庫! 今日は父が外出なので、あっさり許可がでて。 早くに訪問が決まったので、コース予約しちゃいました♪ ご常連“車掌さん”が、待ち構えていましたよ♪ 今日はホークス和田投手が勝ったので、お祝いに「和田龍」から!「甘め♪」の感想に、「熟…

日本橋・「黄金餅」の思い出・16…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 さて、石町から日本橋に出るには、室町を通ります。駅で言うと、「三越前…

紀伊国の思い出…

せっかくなので、引き続いて… 伊勢国をさらに回り込むと、紀州、紀伊国です。 こちらは…今や押しも押されもせぬ「紀伊國屋書店」ですが、元はと言うと、紀伊徳川家の江戸藩邸の足軽が、商売を始めたのが由来だそうです。 材木問屋、炭問屋から、書店を開いて…

大辺路…

前日より、紀伊国・白浜にお邪魔しております。 紀伊田辺のNさんに、お世話になりましてね♪ 車を出してもらいました。 今回のテーマは、「大辺路(おおへち)」。 熊野古道の一つです。 熊野古道は、熊野三社を巡る、山側の中辺路がメインルート。 海側を巡…

浮き城の街・行田…

昨日行ってきた、行田市の続きです。 行田市の中心には、「忍城」という城があります。 あっ、読みは「おしじょう」ですよ! 成田氏の居城であり、北条氏の小田原城の支城でもある、大変重要な城でありました。 周囲を利根川と荒川に囲まれ、湿地帯が広がる…

志摩国の思い出…

伊勢国から志摩半島に入ると、志州、志摩国です。 一時は志摩半島から、さらに南も領有していたようですが、志摩市、鳥羽市の範囲のみとなって、明治を迎えたようです。 鉄道では近鉄で入るのが、一般的ですね。 伊勢国・伊勢市駅、宇治山田駅から、さらに進…

伊賀国の思い出…

伊州。 そう、忍者の里です。 鉄道で伊賀国に入るとなると、関西本線の加茂(山城国)から東進する方法があります。 草津線を使って、柘植を目指す手も、ありますね。 同じく忍者がいた、甲賀(近江国)を通ります。 今回はコレがあったので… 近鉄全線、フリ…

職人さん…

自転車、パンク! 朝、パンパンにしといたのに、帰りにはヤワヤワで… 毎日使う自転車です。 直さなければいけません。 馴染みの自転車屋に持ってくと、 「タイヤ、寿命だねぇ」 2年半も“トン”を乗せれば、しょうがないか… 交換ついでに、ギアシフトの不調も…

伊勢国の思い出…

尾張国から伊勢湾を回り込むと、勢州、伊勢国です。 このルートで伊勢国に入るには、3本の川を渡らねばなりません。 まず、木曽川。 大きな川です。 次いで、長良川。 中洲を挟んで… 揖斐川です。 無事、伊勢国に入ったところで、伊勢国と言えば、もちろん、…

僕の八耐…

いよいよ八耐、決勝です。 天気は曇りながら、フリー走行中に雨! いきなり、カッパの出番が来た! 八耐は雨に見舞われない方が、稀なんだそうです。 でも、昼前のスタートには雨も上がり、気温もそれほど高くない、観戦にはいいコンディション♪ スポンサー…

ガーヤ…

お隣・越谷。 よく、隣同士の都市はライバル関係になる、って言いますが、草加と越谷ではポテンシャルが違いすぎて…。 越谷レイクタウン 回遊型(かな?)大型ショッピングモール。 ありとあらゆるショップが揃います。 草加市民としては、張り合って何か造…

旅の楽しみ…

旅に出たときの、楽しみの一つ♪ それは、お土産を買うこと! 家族用にも買いますし、自分用にも。 職場用には、滅多に買いません。 「お前、そんなところに行ってきたんだ~ いい身分だな!」になってしまうからです…。 まず、これ。 福島県は磐城国、須賀川…

赤福氷…

鳥羽での滞在時間は、2時間ちょっと。 主目的は「志摩国の取材」 メインは鳥羽水族館です。 でも実は、もう一つミッションがあって。 「近鉄沿線での、赤福の入手」 父が赤福に目がないのは、以前書きました。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 今日は…

お見通し…

当ブログは「PRO」には申し込んでおりません。 なので、広告が出ます。 「PRO」の方が僕のブログを読むと、広告が出るのかな? 逆に僕が「PRO」の方のブログを読みに行っても、広告が出ますね。 でも、今の広告って、情報が早いというか、耳が早いというか… …

シンジョウ…

シンジョウ… 地名だったり(全国で10ヶ所以上!) 岡山の新庄には行きました。 山形の新庄は、足湯の始まり! 新庄剛志選手は、今はタレント?実業家?クリエーター?? インターネットで引くと、トップは「真薯(しんじょ)」!? 魚介の練り物が出てきてし…

猫のしっぽ…

たまには、猫の話題を。 でも、なかなか会えないんですが…。 それじゃあってんで、この前、買っておいた猫グッズを、下ろしました~♪ 自転車カバーをね♪ 後ろも。 しっぽの長いタイプ♪ 猫にもしっぽの長いのと、ほとんどないのと、いますよね。 好みも分かれ…

尾張国の思い出…

三河国から、さらに西へ。 愛知県の西半分、尾州・尾張国へ到達します。 名古屋は旅行などの中継点になりがちながら、ピンポイントに訪れたことも、何度かあります。 「リニア・鉄道館」 リニアはもちろん、新幹線の車両が多数あります。 “猫目”なんて言われ…

加賀国の思い出…

越中国から西進すると、加賀国です。 「加州」と言っても、カリフォルニアではないですが。 加賀国を初めて訪れたのは、ずっと前の小学6年生の頃。 2回目の家族旅行でした。 新幹線「こだま」、快速ランナーの「加越3号」に乗って、金沢到着! こんな旅行記…

ベビースター…

今週のお題「おやつ」 甘いものではないんですが…。 小腹が空いたときに、つい、パリパリポリポリ♪ 「ベビースターラーメン」! 1959年からの、ロンクゼラーです。 「チキンラーメン」発売開始が、1958年。 ホント、古くからのお菓子ですよね♪ 「ラーメン」…

下野国の思い出…

上野国から、東へ進みます。 下野(しもつけ)国。 現在の栃木県です。 両国を結ぶ線として、両毛線もありますが、北関東自動車道という、立派な道路が結びます。 高規格で、走りやすい道ですね♪ 上野国は上州ですが、下野国は「下州」とすると、何かよくな…

灰色の思い出…

灰色って、探すと、 あんまり身近にないですね。 この前やった「シルバー」だったら、あるんだけど。 あっ、これなら… スピーカーのカバー。 最近は音を鳴らすより、台としての役割の方が、大きかったりするけど…。 もうひとつ… 「許可を得て撮影」 ウチの巨…

競演・草加せんべい…

草加市在住は、6年+14年=20年と、人生のほぼ半分を占めます。 草加と言えば… 松原!(旧4号は通るものの、松林が続く景勝地です) ハープ!(草加はハープの街。ハープコンサートも開かれます) 獨協大学!(最近駅名にもなりましたね♪) 小松菜!(葉物野…

越後国の思い出…

上野国からさらに、北上します。 在来線では、こんな駅を越えて(まだ上野国の駅ですが) JR上越線土合駅。 上りホームは普通の駅ですが… 下りホームへの通路は、こんな! ※ ホーム側から撮影 暗いトンネルを、約10分も下りなければなりません。 そのため、…