螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

地域

松本市と長野県の思い出・13…

松本にいて、切っても切れないのが、こちら。 今は「アルピコ交通」ですが… ※「松本山雅FC」がJ1昇格を果たした、2014年11月の写真です 当時、松本電気鉄道。 通称は松本電鉄、または「松電(まつでん)」 グループとしては、松本を中心に、長野市、諏訪市、…

松本市と長野県の思い出・11…

車の免許を取りました。 大学2年の頃。 車は好きではなく、車を買うお金も、維持するお金もなく、生活にも特段必要ではなかったので、最初はのんびり。 後にバイトで、“あれば…”って言われたので、少し急ぎましたけど、間に合わず。 結局、配達は自転車で、…

甲斐国の思い出…

武蔵国から、西へ。 中央東線や中央自動車道で、「甲州」甲斐国へ到達します。 だいぶ前に書いた、常陸国・茨城県の宿泊は、実は46番目の誤りで、正真正銘の47都道府県目の宿泊は、甲斐国・山梨県です。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 記念すべき、47…

陸中国の思い出…

前回の陸奥国から、南下します。 東北新幹線は八戸以北は未乗ですけどね。 奥州、陸中国です。 岩手県のうち、陸前高田市や大船渡市、気仙郡などが陸前国へ抜け、二戸市・二戸郡なども陸奥国の管轄ですが、取られっぱなしでもなく、秋田県東部の鹿角市などを…

松本市と長野県の思い出・10…

サークルは少し悩みました。 それまでやっていた弓道か、旅関係のサークルか。 結局、今度は違うことをすればと、旅関係のサークル「ユースホステルクラブ」に入ることにしました。 別に「ユースホステル」(寮風の宿泊施設)のみに泊まるわけではなく、幅広…

コーヒーと日本酒と、押上文庫/猫庫の日…

スマホの容量が一杯…ってことで、ここしばらくで、これまで撮った写真を整理! バックアップ取って、フォルダ分けして、気がついたのは… 「押上猫庫に行ってない!」 酒処押上文庫には、月イチぐらいのペースで行っていて、フォルダもたくさん! 一方、カフ…

陸奥国の思い出…

羽後国から、さらに北へ。 本州最北端、奥州陸奥国までやってきました。 陸奥国は、今の青森県とは若干差異があって、二戸市、二戸郡、八幡平市の一部も含んでいました。 これらの地域は実際、青森県にも所属したことがありますが、その期間はたった5年。 岩…

通四丁目・「黄金餅」の思い出・17…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 日本橋を渡った南に、日本橋交差点。 そう、日本橋を越えると、中央通り…

山城国の思い出…

書いた国では…、 大和国から、北上しましょうか。 奈良線や、近鉄のけいはんな線になりますね。 京都行き「しまかぜ」も、この線を通ります。 駅は、丹波橋! さて、山城国を書くのは、ある意味大変なんです。 数多く訪れてますから! 取捨選択が、大変!! …

河内国の思い出…

大和国の西側に位置するのが、河州、河内国です。 縦に長い国ですが、鉄道は近鉄他、横に走る路線が多いですね。 ただ、乗換OKなら、縦断することも可能なようです。 自動車道では近畿自動車道が、国を貫きます。 国は主に、北河内、中河内、南河内に別れて…

ご常連…

今宵は、押上文庫! 今日は父が外出なので、あっさり許可がでて。 早くに訪問が決まったので、コース予約しちゃいました♪ ご常連“車掌さん”が、待ち構えていましたよ♪ 今日はホークス和田投手が勝ったので、お祝いに「和田龍」から!「甘め♪」の感想に、「熟…

紀伊国の思い出…

せっかくなので、引き続いて… 伊勢国をさらに回り込むと、紀州、紀伊国です。 こちらは…今や押しも押されもせぬ「紀伊國屋書店」ですが、元はと言うと、紀伊徳川家の江戸藩邸の足軽が、商売を始めたのが由来だそうです。 材木問屋、炭問屋から、書店を開いて…

大辺路…

前日より、紀伊国・白浜にお邪魔しております。 紀伊田辺のNさんに、お世話になりましてね♪ 車を出してもらいました。 今回のテーマは、「大辺路(おおへち)」。 熊野古道の一つです。 熊野古道は、熊野三社を巡る、山側の中辺路がメインルート。 海側を巡…

大阪の野球場…

今日は日程を前倒したら、予定自体も早く済みまして。 幾つか予定外の所へ行けて、あるシリーズをコンプリートしました♪ 「大阪の野球場跡地」です。 今はなき近鉄バファローズは、藤井寺球場が本拠地でした。 しかし、日生球場を思い浮かべる方も、おいでで…

草加IC・「我が街・草加」の思い出・5…

草加市内を走る、国道4号線にある表示です。 新善町交差点。 南関東を環状に走る、国道298号線と、東京外かく環状自動車道(外環道)が交わる、大きな交差点です。 渋滞情報にも、登場することがありますね。 南下ですから、左側、東側に曲がると、三郷JCTか…

岩代国の思い出…

下野国から北上すると、岩州、岩代国です。 このルートの進入手段としては、野岩鉄道がありますね。 “やがん”と読みます。 野州と、岩州です。 撮ったのは川治温泉ですから、まだ下野国ですけどね。 この電車が、南会津町の会津田島駅までまいります。 岩代…

自県の「墓参り」…

実は、今年は古墳を巡る旅が多くて。7月中旬の旅… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com そう、「墓参り」! 太古のロマンに触れる、墓参りです。 実はその前、4月上旬の壱岐の旅でも、「墓参り」してまして。 遠いので、「壱岐国の思い出…」は進行の都合上…

雷…

今日の夕方。 激しい雷!! さすがに稲妻を撮るわけにいかないけど、光ってすぐの大音響!! かなり近いところを、雷雲が通過した模様です。 もちろん、土砂降りで! この辺りは土地が低く、しかもこの辺に向かって傾いている!?ので、ちょっと多めの雨が降…

松本市と長野県の思い出・8…

それまで、食事は母が作るものでした。 しかし、一人暮らしになったので、自分で調達しなければなりません。 自炊をすればいいんですが、そもそもガスがない! 後々、電熱のグリルパンをもらいましたが、時間もかかるし、一人分だと食材にロスが出やすいので…

志摩国の思い出…

伊勢国から志摩半島に入ると、志州、志摩国です。 一時は志摩半島から、さらに南も領有していたようですが、志摩市、鳥羽市の範囲のみとなって、明治を迎えたようです。 鉄道では近鉄で入るのが、一般的ですね。 伊勢国・伊勢市駅、宇治山田駅から、さらに進…

伊賀国の思い出…

伊州。 そう、忍者の里です。 鉄道で伊賀国に入るとなると、関西本線の加茂(山城国)から東進する方法があります。 草津線を使って、柘植を目指す手も、ありますね。 同じく忍者がいた、甲賀(近江国)を通ります。 今回はコレがあったので… 近鉄全線、フリ…

草加健康センター・「我が街・草加」の思い出・2…

何回も、書いてますけどね。 ここを外すわけにはいきません。 実は今日も、来てますしね♪ いつぞやのアド街「草加」にも、ランクインしてましたよ。 「草加健康センター」 家族では「草津」で通ってます。 例によって、あんまり施設を撮るわけにいかないので…

伊勢国の思い出…

尾張国から伊勢湾を回り込むと、勢州、伊勢国です。 このルートで伊勢国に入るには、3本の川を渡らねばなりません。 まず、木曽川。 大きな川です。 次いで、長良川。 中洲を挟んで… 揖斐川です。 無事、伊勢国に入ったところで、伊勢国と言えば、もちろん、…

松本市と長野県の思い出・7…

松本市を回り込むように、流れる川です。 女鳥羽川。 「めとばがわ」と読みます。 水源はどうやら、美ヶ原。 弧を描いて松本市内を流れ、田川となって奈良井川に注ぎ、さらに梓川と合流します。 川は次第に犀川と名前を変え、千曲川を経て、最終的には新潟の…

北海道メロンアイスの思い出…

今週のお題「好きなアイス」 これ、「北海道メロンアイス」です。 「セイコーマート」の商品。 北海道の方には、お馴染みですね。 何気に「やきそば弁当」写ってるし♪ 北海道で焼きそばと言ったら、これしかありません。 「セイコーマート」は、北海道のコン…

鍛冶町・「黄金餅」の思い出・12…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 鍛冶町。 鍛冶関係の人々が住んだそうです。 地区によって、刀、刃物や釘…

ガーヤ…

お隣・越谷。 よく、隣同士の都市はライバル関係になる、って言いますが、草加と越谷ではポテンシャルが違いすぎて…。 越谷レイクタウン 回遊型(かな?)大型ショッピングモール。 ありとあらゆるショップが揃います。 草加市民としては、張り合って何か造…

この世に生を受けて…

志摩国の取材で、鳥羽水族館へ。 広くて、見応えのある水族館です。 もちろん「志摩国の思い出…」で取り上げるんですけど、彼らはちょっと別に取り上げたい!? 正確には「別枠にせざるを得なかった」?? こんな一角が、あるんです… 世の中には「へんてこな…

フォロワーさんとのひととき…

ちょっと1日目に戻って… 飛行機で大阪空港について、モノレールと地下鉄を乗り継いで、泊まったのは新今宮。 「ホテル新今宮」の、カプセルです。大阪では南部ですね。 ここで、フォロワーさんと会うことになっていました。 大阪のTさん、としておきましょう…

墓参り…

お盆です。 ただ、どちらかと言えば、旧暦の8月のイメージですよね。 墓参りを「墓回り」と勘違いして、列を作ってお墓の周りをぐるぐる回るのを想像したのは、どっかに書きました…。 さて、引き続き、大阪にいるわけですけど、今日のテーマは、古墳! “壮大…