読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

信濃国の思い出…

上野国から、碓氷峠を越えます。 信濃国。 令制国は「○州」という呼び方をしますが、「信州」という呼び方は、全国でも最も定着しているのではないでしょうか? 信州大学、テレビ信州、信州ハム、信州サーモン、… 信州乙女は泣いて言うた… 「早く卒業してね……

旧京橋区の思い出…

旧京橋区は、中央区の南部、京橋・銀座・築地・八丁堀などで構成されていました。 今から思えば、「何故“銀座区”じゃなかったのか?」と思いますが、京橋区が成立したのは、35区時代のさらに前、明治期の東京15区時代。 この当時、京橋は文化の中心だったの…

左富士…

今日も、東海道! 昨日撮り逃がしたものを、ね。 江戸から東海道を京へ向かうと、北側にある富士山は、進行方向右側に見えるわけです。 (画面右から左に移動中です) でもですね… 実は、進行方向の左側に、富士山が現れる場所があるんです。 たった、2ヶ所…

安曇野…

昨日は長野・小布施・松本を回りました。 今日は、安曇野です。 松本には在住しましたが、車を持っていなかったので、大学1年生の時に、1回だけ先輩に連れてってもらったきり。 穂高駅も、初めて降りました。 お社風、なんですね! 穂高神社にお詣りして… 街…

草加と越谷…

草加市と越谷市のお話。 草加市の主要部が固まったのは、1955年(昭和30年)のこと。 市南部の谷塚町と、中央部の草加町、そして北部の新田村が合併して、草加町になり、周囲と編入等のやりとりを経て、1958年(昭和33年)に草加市が成立しました。 一方、お…

東西のご常連…

昨日の押上文庫は盛況! 一人で行ったので、お店の方からカウンターを指定されました。 カンパーイ! 今夜は岡山のフォロワーさんに「勝手に」ちなんで、倉敷の「多賀治」からスタート。 すっきりの中に、ちょっと酸味が入ってて、なかなかいける! そう言え…

旧麹町区の思い出…

千代田区は、旧麹町区と旧神田区が合併して成立しました。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 今回扱うのは、麹町区。 麹町の由来は、麹御用の麹屋三四郎居住説もありますが、府中国府を往来する国府街道の、江戸における出入口→国府路(こうじ)町→麹町…

旧滝野川区の思い出…

北区に、入ります。 あまり、縁のない区です。 前回の北区では、こんな所を取材してました。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 今回も、取材をすることに。 スタートは上中里駅。 多分、初めて降りる駅です。 この辺りで一番有名な施設は、やっぱりこれ…

旧浅草区の思い出…

台東区の東側が、旧浅草区です。 「台東区の思い出」は、7月に書いたけど… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com ほとんど、旧浅草区の記事なんですよね…。 浅草寺、神谷バー、浅草演芸ホール、… 重なる記事は可能な限り避けたい。 それじゃあってんで、今…

武蔵国の思い出…

まずは、「武蔵国」から。 在住する埼玉県、東京都、神奈川県の川崎市、横浜市の一部を治める国です。 「武州」と呼ばれます。 「武蔵小杉」、「武蔵溝ノ口」等もありますが、「武州○○」という駅も、ありますね。 在住も武蔵なら、勤務先(錦糸町)も武蔵。 …

旧城東区の思い出…

東京・江東区の北東部に当たる地区が、 旧城東区です。 えっ?旧深川区は北西?南は…? 南は…埋め立て地です…。 「夢の島」とかね。 旧城東区には、主に亀戸、大島、砂町などが含まれます。 なので、亀戸からスタート! 亀戸と言えば、亀戸天神ですが… まず…

千穐万歳…

日曜日に行った、大相撲初場所千秋楽の、続きです。 番数進んで、三役そろい踏み これも、千秋楽ならではですね。 三役最初の一番に勝つと、小結に適うと、矢が贈られます。 琴奨菊の、イナバウアー!? 二番目の相撲に勝つと、関脇に適うと、贈られるのは弦…

千秋楽…

今日は大相撲初場所の、千秋楽! 見に行ってきましたよ。 本当は、越谷のHさんと行く予定だったんですが、止ん事無き事情があって。 一人にて。 太鼓を叩く櫓に、力士幟。 独特の雰囲気です。 入場券は、親方が切ります。今日の担当は、元益荒雄の阿武松親方…

旧深川区の思い出…

旧深川区は現、江東区の北西部です。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com この時訪れてるのは、亀戸、深川、木場、清澄。 これ以外で、旧深川区範囲な所として、住吉、森下を歩いてみました。 住吉駅は、半蔵門線と都営新宿線の交差駅で、時々利用します…

踊…

この時の出番は臨時列車でしたが。 JR東日本185系電車。 使われる特急の名前を取って、「踊り子用車両」です。 ちなみに黄色いハッピの人々は、昨年行われた、6年(数え7年)に一度の奇祭・御柱祭を見物する人々です。 この車両が登場したのは、まだ国鉄の頃…

都営新宿線の思い出…

新宿から市ヶ谷、神保町、馬喰横山、住吉、大島、船堀を通って、本八幡へ至ります。 東京の10号線で、路線記号は「S」。 ラインカラーはリーフという、黄緑色です。 「黄緑色の思い出…」では、当時の携帯は“都営新宿線カラー”って、言い張ってみたり! kiha-…

旧本所区の思い出…

「23区の思い出…」は、墨田区からスタートでした。 当時は別にシリーズにするつもりじゃなくて、「お題」にあったから書いたんですけどね… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 旧本所区は、墨田区の南側地域を指します。 錦糸町(江東橋)とか、押上、業…

年末の曲…

父と、第九の演奏会に行きました。 MAXフィルハーモニー管弦楽団。 指揮者・古澤直久氏の「年末に第九を!」との呼びかけで結成された、第九特化のプロアマ混成管弦楽団です。 この公演を知ったのは、お馴染み「酒処押上文庫」に来ていた、お客さん。 その方…

越谷と草加の関係…

今日はとある手続きのために、早上がり。 市役所まで戻って、無事手続きを済ませると、ちょっと早い週末です。 予め、越谷のHさんに声をかけたら、応じてくれたので、越谷で飲むことになりました。 実は渡したいものも、ありましてね。 今度行くチケットと、…

肌色の思い出…

肌色。 身の回りにあるものでは、これぐらい。 付箋になってて、ちょこっと貼るのに便利です。 肌色は色としては、あまり強い色ではないので、サインなどに使われるのは稀ですね。 地の色としても、白にはかなわない。 物質の色としては、あまりお目にかかる…

秩父夜祭…

今年は御柱、葵祭、大曲の花火と、父を随分お祭り、イベントに連れ出しました。 そもそも、父はこのテのお祭りや花火が大好きなところに、今年は数え7年に1回の御柱の年。 その他お祭りも曜日配列が良く、多くが週末にきました♪ しかも、父ももう74歳。 この…

六先人…

草加市在住です。 草加市は横にも広がりがありますが、無理やり3本の横線を引いて、北から4つに分けてみると… 一番南は旧谷塚町。 東京・足立区に接し、人口も多いです。 その北は旧草加町。 中心駅の草加駅や、市役所があり、賑やかです。 駅ビル「Akos」は…

銀座線の思い出…

渋谷から表参道、赤坂見附、新橋、銀座、日本橋、神田、上野を通って、浅草に至る路線です。 東京では、いや日本最古の地下鉄道ですが、東京では3号線。 路線記号は「G」です。 ラインカラーは「オレンジ」となっていますが、今の主流はほとんど黄色の、この…

こだわり…

今日も、押上猫庫! おなじみ、猫のいない猫カフェです♪ そう言えば、新しいカフェニャテ、試してなかった! プリンフレーバーのソイミルク♪ 甘めのミルクに、自家製のカラメルソースがなかなかイイ! いつもながらの力作! 美味しくいただきました♪ ここに…

金色の思い出…

金色と言ったって、そう身近な色ではないですよね。 が、よぉ~く思い出してみたら、こんなスポットを訪れていました! 覗いた先は… 「合戦場郵便局」 「金のポスト」があることで、有名なスポットです。 テレビの取材がきたことも、あるんですよ♪ 当地、栃…

高速運転訓練…

明日、父がゴルフ場に行くことは、前々から決まっていました。 高速に乗って。 なのでこの際、高速も乗っておこうと。 どうせ行くなら、行きは同ルートで、帰りは一般道で帰ったらどうなるか?を試してみたいと。 大半は、僕が運転するんですけどね。 運転、…

世田谷区の思い出…

世田谷区は僕にとって、自宅と東京都心をつなぐ区でした。 綾瀬市在住時も、湯河原在住時も。 東北沢…、下北沢…、豪徳寺…、経堂…、成城学園前…、喜多見…、 小田急線のこの区間は、ずっと工事してましてね。 わざわざ小田急を使って、工事の進捗を見るのが楽…

瑠璃色の思い出…

この前、お隣・越谷市の庭園「花田苑」で、たまたま出会うことができました。 カワセミです。 市内の水辺に、時折姿を見せます。 とは言っても、もう何度も訪れて、初めて! 美しい羽根には、うっとりさせられますね♪ カワセミの美しい姿を称して、「宝石」…

茶色の思い出…

茶色…。 定義では、「黒みを帯びた赤黄色」(Wikipedia)だそうで。 赤味、黄色味、薄目、濃い目、褐色、赤紫系、黄土色系など、様々な茶色が存在します。 派手さはありませんが、それ故に、質素倹約の江戸中後期で流行った色です。 くすんだ赤茶色は、市川…

目黒のさんま…

行ってきました! 「目黒のさんま祭り」 「目黒駅前商店街振興組合青年部」主催。 写真の通り、実は品川区のお祭りです。 由来の落語「目黒のさんま」は… さる殿様が、目黒で食した“庶民の味”さんまの味が忘れられず、帰って所望したら、殿様の健康を案じた…

光と音を残して…

第三の旅は、「大曲全国花火競技大会」の観覧。 父が見たいというので、企画しました。 大曲は数日前まで、雨予報! 雨天決行なので、合羽を用意したり、雨に強い靴を買ったり。 「あやせの守」へのお詣りも、忘れずに。 そしたら、予報は劇的に変わり、朝か…

葵祭…

今日は京都に移動。葵祭を観覧しました。 皆さんご存知のとおり、下鴨神社と上賀茂神社の例大祭で、人物や車など、あらゆるものを葵で飾るため、この名があります。 ちなみに、種類は双葉葵。 両神社が御所に納めます。 徳川家の紋所は、三つ葉葵です。 今日…

国宝…

奈良県を、旅しております。 観たのは長谷寺と、興福寺。 ツアーなので、一点集中です。 長谷寺の牡丹は、とうに終わっていましたが、芍薬が咲いていました。 熊本地震復興の鐘をつき… 広々とした景色 特別拝観で、中へ。 ご本尊、十一面観世音菩薩(重要文…

御柱祭…

信州・諏訪の奇祭、御柱祭に行ってきました。 今年は申年、数え7年に一度の、御柱の年なのです。満では、6年ですね。寅年と申年に行われます。 寅年・申年にはどちらも「うごめく」という意味があり、縁起がいいからだそうです。 本来、式年遷宮をするところ…