螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

神社仏閣

交通機関、徒歩…

今日の第一の目的は、宇佐神宮。 全国の八幡様の、総本宮です。 アクセスは、宇佐駅。 ここから宇佐神宮までは、バスがあるんですが… 到着した9時台は、一本もなし! 宇佐神宮までは、4kmあります。 チェックインとか含めて、1時間ぐらい。 これくらいなら、…

高木神社・色な場所の思い出・紫1…

押上の神社と言えば、飛木稲荷神社ですが… そのもう少し先に、この神社があります。 高木神社。 柱が紫色に塗られているのが特長です。 当社のカラーだそうで、最近塗り替えたそう。 「何故塗り替えられたのか?」は、わからずじまいでした。 顔ハメがありま…

実相寺・色な場所の思い出・桃1…

桃色ですが、やっぱり名所が多いのは、桜ですよね。 「桃色」は、桜の名所を紹介することが、多いかも知れません。 今回は「実相寺」。 山梨県北杜市のお寺です。 日蓮宗ですね。 訪れたのは、御柱祭ツアーの、カップリングだったんですが… こちらも御柱祭に…

「男」・一年生の思い出・5…

そう!これが付いているのが、男の子ですが… 僕も男の子?ですから、一応、さすっておきました。 さすった場所に、御利益があるらしいんです…。 ちなみに、僕の「一人称」は、書いたとおり「僕」です。 こんな理由が、ありまして。 SNSでやりとりしていると…

磐城国の思い出…

下野国から、北東へ。 磐州・磐城国へ入ります。 地域はいわゆる、福島県の浜通り(いわき市、相馬市など)全域の他、中通りの南部も含み、郡山市の東部や須賀川市、白河市なども含みます。 実は宮城県の白石市も、磐城国になります。 一番古く訪れたのは、…

富士浅間神社・「我が街・草加」の思い出・22…

東武線谷塚駅すぐ。 瀬崎町にあります。 富士浅間神社です。 「瀬崎浅間神社」でも通じるようです。 本堂の裏にはこんな遺構が。 貴重な彫刻が、残るそうです。 これは、神楽殿かな? 境内社「下浅間神社」 松本の浅間温泉を思い出すのは、僕だけでしょう。 …

旭氷川神社・「我が街・草加」の思い出・19…

新田駅に近い、綾瀬川の畔に鎮座します。 旭氷川神社。 新田地区の鎮守です。 元々は当地・金明町の鎮守でしたが、合併して新田村になった際、各新田の鎮守をここに合祀して、新田村の鎮守としました。 新田の由来などを。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog…

出雲国の思い出…

伯耆国から、西へ。 雲州、出雲国に入ります。 これには乗れませんでしたが… 後継の「サンライズ出雲」には、乗ったことがあります。 A個室!! 証拠に… シャワールームは有料ですが、A個室寝台利用客には、シャワーカードが無料で配られ、利用できました。 …

幻の「キャンディの日」…

今週のお題「ホワイトデー」 ホワイトデー。 バレンタイン司教、若者の結婚禁止に反対し、秘かに結婚を許していた司教だそうですが、皇帝の怒りに触れて殉教、その1ヶ月後に改めて、男女が愛を誓った日だそうです。 ホワイトデーとは日固有の呼び方で、純白…

五色不動…

色が好きで、興味を持ってる人です。 でも、五色の不動様が江戸に揃うのを知ったのは、割と最近で。 何かの番組で知ったんだと思いますが、昭島市の目黄不動尊(眞覺寺)には、行ったことがありました。 (目黄不動尊は何ヵ寺かあります) 「江戸五色不動」…

周防国の思い出…

どうも変換されないと思ったら、「すおう」の国ですね。 防州、周防国です。 山口県に入り、その東部、山口市、岩国市、宇部市、光市、下松市などが含まれます。 下松市は、新宿-福岡の高速バスの、夜明け後の最初の休憩地。 「くだまつし」ですね。 朝ごは…

草加川口のご案内…

今週末は大阪のTさんが、東京にいらしています。 「東京マラソン」のボランティア活動! 参加は昨日だったそうで、今日、お会いすることになっていました。 なんでも行きたいのは、九重神社だそうで。 へぇーと思いつつ、よくよく考えたら、自宅の散歩圏内や…

狸・「歌舞伎所縁名跡散歩(向嶋)」・後…

引き続き、「歌舞伎所縁名跡散歩(向嶋)」道中です。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 隅田川に出てきました。 正確には、牛嶋神社の境内です。 明治期に立てられたという灯籠。 とかく暗くなりがちな川面を、赤々と照らしたそうです。 僕は昔、自転…

ちゃんこオフ…

オフ会です。 今回はメンバーとして参加。 運営については、幹事の浅草のTさんに、お任せです。 楽チン♪ ありがとうございます! お店は、西大島の「ちゃんこ力士」 実は、こんなエピソードが♪ 前回の「へぎそばオフ」… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.co…

東福寺・「我が街・草加」の思い出・11…

宿場町から細い道を入ったところにあります。 東福寺。 真言宗のお寺です。 古い山門ですね。 本堂。 欄間に、緻密で見事な彫刻があります。 作者は島村圓鉄。 江戸中期、関東各地を回って、寺社に木彫を掘っては、名人と賞賛された人物だそうです。 この鐘…

伯耆国の思い出…

備中国から、北へ進みましょう。 伯州、伯耆国です。 「ほうき」と読みますが、元々は「母来」だったそうで、八岐大蛇に襲われた娘が山へ逃げたとき、母が遅れたので、「母来ませ、母来ませ」と叫んだことに由来するそうです。 備中国からは、伯備線が通じて…

備中国の思い出…

現在執筆したものでは、讃岐国から瀬戸大橋になりますね。。 備州、備中国です。 現在の領域としては、岡山県の西部。 倉敷市(大部分)を中心に、岡山市の一部、海側では笠岡市など、山側では総社市、新見市、高梁市などを含みます。 倉敷市の美観地区。 瀬…

へぎそばオフ…

退勤。 今日は、パープレイ! 向かったのは、百歩も歩かない、こちら! ※昨日の定休日に下見した写真です。「へぎそば そば酒房」 蔵前橋通りを挟んで、反対側です。 浅草のTさんが見つけて、僕が行ったことがないことを知り、企画してくれました。 ありがと…

安芸国の思い出…

伊予国から、しまなみ海道を渡ります。 僕は、渡ったことないけど。 瀬戸内海を越えると、芸州、安芸国です。 領域は広島県の中西部。 広島市をはじめ、呉市、廿日市市、三原市(一部)などを含みます。 旅行で訪れたのは、まずは宮島。 所要10分の航路です…

松本市と長野県の思い出・17…

引き続き、大学時代の松本郵便局での、アルバイトのお話。 区分機の操作は、アルバイト組の中でも特殊技能になりますから、次第にそれなりの地位を築いていきました。 他の方は手区分専門だったり、大型郵便物の処理をする人でしたが、それは僕も出来ました…

草加市役所・「我が街・草加」の思い出・10…

草加市中心部にあります。 草加市役所です。 意外と、大きくないでしょ? 人口はそれでも、20万人は超えるんですけどね。 隣接して高層の庁舎が建ちますが、こちらもそんなに広くないです。 なので、日光街道沿いに、第二庁舎が建ちます。 手続きによっては…

伊予国の思い出…

土佐国から、四万十川を遡ります。 実際には逆のルートだったけど。 愛媛県全域、予州、伊予国へ入ります。 とは言え、移動の中心になるのは、松山空港の方が多いですね。 羽田からの長距離便にも、福岡からの短距離便にも乗ったけど、写真が残ってないな… …

旅先の初詣…

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。 今年は、旅先。 昨日、踊り子号に揺られて… 河津駅。 伊豆急の駅です。 渋谷区在住の親戚に、呼んでもらいまして♪ 「河津さくらの里 しぶや」 こちらで、年を越しました。 明くる朝、元旦で…

宮崎空港の思い出…

鹿児島在住経験がありますが、さすがにその時は隣県ですから、“近すぎて”利用機会がなく。 2013年夏が、初利用です。 この時はホークス戦とか、 熊本城とか、 ※震災前の姿です 「おれんじ食堂」とか SL人吉号とか 檜風呂とか いさぶろう号とか 日本三大車窓…

麻布絶口釜無村木蓮寺・「黄金餅」の思い出・33…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 前回の薬園坂を下りずに、左へ曲がってしばらく行くと… 「絶江坂」 “麻布…

阿波国の思い出…

淡路国から、鳴門大橋を渡ります。 四国に入ります。 阿州、阿波国です。 領域は、徳島県全域です。 父方の親戚が徳島に嫁いだので、何度か訪れていますが、写真に残っているのは4回。 鹿児島の弟の引っ越し手伝い後、松山へ降りて、鉄旅をしたことがありま…

一本松・「黄金餅」の思い出・32…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 大黒坂を登り切ると、立派な松が立っています。一本松。 今のは三代目だ…

大黒坂・「黄金餅」の思い出・31…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 前回の「きみちゃん広場」から、西へ進みます。 徳正寺というお寺の反対…

麻布十番・「黄金餅」の思い出・30…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 麻布十番。 永坂を降りたところを流れる川、古川の、十番目の改修工区が…

播磨国の思い出…

摂津国の、西になります。 播州、播磨国です。 播州で有名なのは、「播州皿屋敷」。 「お菊が悪巧みを聞いてしまい、お菊が管理する皿を1枚隠されて、それを咎められて殺されてしまう… 夜な夜な、お菊の亡霊が現れ、皿を…」 他にもバリエーションがあるそう…