螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

自然

美濃国の思い出…

尾張国から、さらに西へ。 濃州、美濃国です。 岐阜県の南半分で、主に東濃と西濃、さらに中濃と北濃に別れます。 北濃の北は、飛騨。 岐阜市は独立してくくる場合もあるようです。 西濃では、やっぱりここですかね。天下分け目の一戦、関ヶ原の戦いがあった…

1日目がハイライト…

今週のお題「修学旅行の思い出」 中学の修学旅行の日程は、鹿児島・帖佐から、熊本を通って長崎に入って、原爆資料館、グラバー園などを見学、というものでした。 でも、ハイライトは1日目にやってきました。 普通、修学旅行の朝には、観光バスが何台か横付…

実相寺・色な場所の思い出・桃1…

桃色ですが、やっぱり名所が多いのは、桜ですよね。 「桃色」は、桜の名所を紹介することが、多いかも知れません。 今回は「実相寺」。 山梨県北杜市のお寺です。 日蓮宗ですね。 訪れたのは、御柱祭ツアーの、カップリングだったんですが… こちらも御柱祭に…

「虫」・一年生の思い出・6…

虫の思い出… 正直、あまり好きじゃなかったな。 カブトムシとかも取りにいったけど、全然取れなくて。 図鑑とかは、見てたけど。 Gの話は、やめといた方がいいよね。 目が合っちゃったことはあるけど… 最近では、こんな訪問者が。 去年の秋かな? バッタ!!…

磐城国の思い出…

下野国から、北東へ。 磐州・磐城国へ入ります。 地域はいわゆる、福島県の浜通り(いわき市、相馬市など)全域の他、中通りの南部も含み、郡山市の東部や須賀川市、白河市なども含みます。 実は宮城県の白石市も、磐城国になります。 一番古く訪れたのは、…

権現堂堤・色な場所の思い出・黄1…

埼玉県でも屈指の、桜の名所です。 幸手市・中川沿い「権現堂堤」 確かに桜はきれいで、ボリューム感もあって、見応えがあるんですが…、 ぼくの印象に、さらに強く残ったのは… 「菜の花」 目にも鮮やか黄色。 菜の花らしい、若干緑が入った、黄色です。 近づ…

佐渡国の思い出…

佐州、佐渡国。 佐渡島全島です。 越後国から、船で行きますが… まずは、この歌から。 砂山 鮫島有美子 チルドレン・ミュージック ¥150 provided courtesy of iTunes 北原白秋が書いた詩ですが、これ、新潟でコンサートを開いたときに、子供たちの熱烈な歓迎…

朱鷺…

新潟県のマスコットになってますね♪ 朱鷺。 今までは、これしか… 「Maxとき」号。 伝統的に、東京-新潟間の特急名ですね。 実際の朱鷺は、実はペリカンの仲間だそうです。 佐渡には最後の生き残りがいたことでも知られます。 「キン」というメスで、長生き…

実は大当たり!…

日本航空「どこかにマイル」大阪編!このラインナップだと、花巻空港は行ったことがなく、隠岐に至っては、上陸したこともない。 鹿児島は久しく行ってないのですが…、 残る新潟は、ほぼ、ハズレに等しい。 新潟空港は2年前に行ったし、新潟から大阪に飛んで…

平日のような休日…

…長時間仕事に追われて、ではないけれど。。。 日曜日の今日は、スポーツクラブから。 「ジムって」ね。 高校野球見ながら、走り、漕ぎ、筋トレも… テレビは普段は見ないけど、高校野球の時はね♪ 約1時間、汗を流して、次の目的地は、錦糸町。 花見客でごった返…

五色不動…

色が好きで、興味を持ってる人です。 でも、五色の不動様が江戸に揃うのを知ったのは、割と最近で。 何かの番組で知ったんだと思いますが、昭島市の目黄不動尊(眞覺寺)には、行ったことがありました。 (目黄不動尊は何ヵ寺かあります) 「江戸五色不動」…

陸前国の思い出…

(敬称略) 書いた国の中では、羽前国から東進しましょうか。 仙山線を進むと、奥州・陸前国です。 陸前国はほぼ、宮城県なんですが、南部の白石市などは磐城国になります。 一方、岩手県の陸前高田市、大船渡市、気仙郡、釜石市の南部などが、陸前国に含ま…

伯耆国の思い出…

備中国から、北へ進みましょう。 伯州、伯耆国です。 「ほうき」と読みますが、元々は「母来」だったそうで、八岐大蛇に襲われた娘が山へ逃げたとき、母が遅れたので、「母来ませ、母来ませ」と叫んだことに由来するそうです。 備中国からは、伯備線が通じて…

鶯色の思い出…

梅の、季節ですね。 今年は寒いから、まだかも知れないけど。 ウチの梅です。 過去の、写真ですけど。 今年も花を咲かすのかな~なんて思ってたら、 「とっくに切っちゃったよ」(父) 道理で、ないわけだ…。 さて、梅と言えば、鶯ですよね。 鶯色って、こん…

Eat the Moon…

ハイ、全国120万人のアメリカンフットボールファンの皆様にしか、わかってもらえないですよね…。 「Eat the Ball」はアメリカンフットボールの作戦です。 本当に「ボールを食べてしまう」ような、動作をするんですよ。 さて、今宵も寒いながらも、風もなく、…

松本市と長野県の思い出・17…

引き続き、大学時代の松本郵便局での、アルバイトのお話。 区分機の操作は、アルバイト組の中でも特殊技能になりますから、次第にそれなりの地位を築いていきました。 他の方は手区分専門だったり、大型郵便物の処理をする人でしたが、それは僕も出来ました…

アイベックスエアラインズの思い出…

昨年、福島空港にいた、この飛行機。 機体はボンバルディアの小型ジェット、CRJ-700。 会社はアイベックスエアラインズ。 大阪・仙台を拠点とした、航空会社です。 アイベックス(IBEX)と言えば、どっかで聞いたことありません? 日本デジタル研究所 www.jd…

讃岐国の思い出…

43ヵ国目ですから、この国が折返しになります。 この時点で書いてる国だと、阿波国から北上した方が、確実かな? 讃州、讃岐国です。 香川県全域ですが、もちろん、この国ですね。 「うどん県」 ただ、この時のはビルのテナントのお店でしたからね~ 本式の…

伊予国の思い出…

土佐国から、四万十川を遡ります。 実際には逆のルートだったけど。 愛媛県全域、予州、伊予国へ入ります。 とは言え、移動の中心になるのは、松山空港の方が多いですね。 羽田からの長距離便にも、福岡からの短距離便にも乗ったけど、写真が残ってないな… …

旅先の初詣…

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。 今年は、旅先。 昨日、踊り子号に揺られて… 河津駅。 伊豆急の駅です。 渋谷区在住の親戚に、呼んでもらいまして♪ 「河津さくらの里 しぶや」 こちらで、年を越しました。 明くる朝、元旦で…

土佐国の思い出…

阿波国から、西へ。 高知県全域を治める、土州、土佐国です。 戦国時代では長宗我部氏、その後山内一豊が入って、国を治めました。 かつては紀貫之が赴任して、「土佐日記」を書いていますね。 「をとこもすなる日記といふものを…」ってヤツです。 さて、四…

FLY AGAIN TSUCHIURA 2017…

今日はちょっと早起きして、常磐線に。 行き着いたのは、土浦市。 このイベントを、見に行きます♪ 「FLY AGAIN TSUCHIURA 2017」 室屋さんのエアショー…ももちろんありますが、正式には土浦青年会議所の例会です。 土浦市他、幾つかの市町村が囲む、霞ヶ浦。…

近江国の思い出…

若狭国から、鯖街道に沿って進むと、江州・近江国です。 滋賀県全域で、大津、彦根、米原、高島などが含まれます。 その鯖街道沿いに行くと、朽木宿があります。 近江商人が、活躍したようですね。 朽木は鯖などの魚介類だけでなく、木材の集積地としても栄…

松原団地・「我が街・草加」の思い出・8…

1962年に入居が開始された、マンモス団地です。 「東洋最大規模」なんて言われたそうです。 タレントの山口達也さんが、ここで暮らしたことでも知られます。 こんな感じの団地が、約6,000戸もありました。 今は、こんな! すっかり、建て替えが進みました。 …

天徳寺・「黄金餅」の思い出・24…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。 愛宕山のNHK放送博物館から、直接降りる階段がありまして。 降りたすぐそ…

富山空港の思い出…

北陸・富山県の空港です。 「富山きときと空港」との愛称が付いています。 僕は新千歳から到着しました。 「プレミアムクラス」で! 軽食とは思えない、豪華さです♪ 朝昼晩の機内食「GOZEN」も、もちろんいいんですが、午後のひとときの「SABO」もクオリティ…

甲斐国の思い出…

武蔵国から、西へ。 中央東線や中央自動車道で、「甲州」甲斐国へ到達します。 だいぶ前に書いた、常陸国・茨城県の宿泊は、実は46番目の誤りで、正真正銘の47都道府県目の宿泊は、甲斐国・山梨県です。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 記念すべき、47…

陸中国の思い出…

前回の陸奥国から、南下します。 東北新幹線は八戸以北は未乗ですけどね。 奥州、陸中国です。 岩手県のうち、陸前高田市や大船渡市、気仙郡などが陸前国へ抜け、二戸市・二戸郡なども陸奥国の管轄ですが、取られっぱなしでもなく、秋田県東部の鹿角市などを…

松本市と長野県の思い出・10…

サークルは少し悩みました。 それまでやっていた弓道か、旅関係のサークルか。 結局、今度は違うことをすればと、旅関係のサークル「ユースホステルクラブ」に入ることにしました。 別に「ユースホステル」(寮風の宿泊施設)のみに泊まるわけではなく、幅広…

六河川…

あっ、和歌ではありませんで。 川のお話です。 川にもいろいろありまして。 大きな川も、小さな川も。 この方は「平沢大河」! 彼は千葉ロッテマリーンズが管理しますが… 川も規模によって、いろいろな所が管理するわけです。 都道府県をまたがると、大抵は…