螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

薄緑色の思い出…

今日は雨。 父は車に傘を装備して、床屋。 巨匠(母)はいつも僕が使ってる、茶色の傘を使って、買い物へ。 僕も出かけようと思ったのに、傘がない… なので、普段は使わない傘の束から、これを…。 誰がなんと言おうと、「色で選びました~!」 薄緑色の、き…

オレンジの遠い思い出…

住んだ都市別に半生を語るシリーズが、松本まで進行中ですが… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com これをず~~っと遡ると、第1回は「日野市の思い出…」 そう、生まれは東京都日野市です。 いたのは、1年ちょっとですけどね。 駅は「豊田駅」 「とよ“ だ …

紺色の思い出…

紺色 ※ Excelで作ってるのが、バレバレですね…。 紺色は「ネイビーブルー」と言われます。 深海のような、紫を帯びた、暗い青です。 藍染めで表現しますが、最も濃い、暗い部類の色を指します。 ジーンズでも、ネイビーブルーを穿く人が多いですが、古くは平…

コーヒーと日本酒と、押上文庫/猫庫の日…

スマホの容量が一杯…ってことで、ここしばらくで、これまで撮った写真を整理! バックアップ取って、フォルダ分けして、気がついたのは… 「押上猫庫に行ってない!」 酒処押上文庫には、月イチぐらいのペースで行っていて、フォルダもたくさん! 一方、カフ…

藍色の思い出…

藍色。 英名・インディゴ 「タデ藍」を発酵させて、藍玉にして、染料として利用します。 伝統色としては、若干の黄色を入れて、やや緑がかった青色に染めるそうです。 なお、挙げた色はどちらも、一例です。 藍色は大変幅の広い、色なのです。 徳島・阿波藩…

唐棣色(はねずいろ)の思い出…

唐棣色。 「はねず色」と読むそうですが… ※振り仮名の配置は、違ってるかも知れません… 庭梅またはザクロの花の古名だそうです。 初めて知りました。 きっかけは、今日お参りした下鴨神社境内の茶屋、「さるや」さんの名物、「申餅」! そう、こんな「オレン…

焦げ茶色の思い出…

焦げ茶色。 焦げたような、黒みがかった茶色です。 コーヒーなんかが、典型かな? これはこの前の「赤福」♪ チョコレートも、ここまで黒けりゃ! おっと、「お茶がない!?」 そう言えば、茶色の由来は「茶色の思い出…」でも触れませんでしたが… kiha-gojusa…

伊賀国の思い出…

伊州。 そう、忍者の里です。 鉄道で伊賀国に入るとなると、関西本線の加茂(山城国)から東進する方法があります。 草津線を使って、柘植を目指す手も、ありますね。 同じく忍者がいた、甲賀(近江国)を通ります。 今回はコレがあったので… 近鉄全線、フリ…

僕の八耐…

いよいよ八耐、決勝です。 天気は曇りながら、フリー走行中に雨! いきなり、カッパの出番が来た! 八耐は雨に見舞われない方が、稀なんだそうです。 でも、昼前のスタートには雨も上がり、気温もそれほど高くない、観戦にはいいコンディション♪ スポンサー…

北海道メロンアイスの思い出…

今週のお題「好きなアイス」 これ、「北海道メロンアイス」です。 「セイコーマート」の商品。 北海道の方には、お馴染みですね。 何気に「やきそば弁当」写ってるし♪ 北海道で焼きそばと言ったら、これしかありません。 「セイコーマート」は、北海道のコン…

この世に生を受けて…

志摩国の取材で、鳥羽水族館へ。 広くて、見応えのある水族館です。 もちろん「志摩国の思い出…」で取り上げるんですけど、彼らはちょっと別に取り上げたい!? 正確には「別枠にせざるを得なかった」?? こんな一角が、あるんです… 世の中には「へんてこな…

赤福氷…

鳥羽での滞在時間は、2時間ちょっと。 主目的は「志摩国の取材」 メインは鳥羽水族館です。 でも実は、もう一つミッションがあって。 「近鉄沿線での、赤福の入手」 父が赤福に目がないのは、以前書きました。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 今日は…

黄昏のフライト…

旅に、出ております。 曲折あって、福島空港から伊丹へ飛びます。 全日空1698便。 福島を18:10に出る便です。 離陸したら、窓に雨粒!と思ったら、虹! 右端なんだけど、見えないよね…。 人間の眼は、カメラよりはるかに優秀です。 日本航空の飛行機はWi-Fi…

お見通し…

当ブログは「PRO」には申し込んでおりません。 なので、広告が出ます。 「PRO」の方が僕のブログを読むと、広告が出るのかな? 逆に僕が「PRO」の方のブログを読みに行っても、広告が出ますね。 でも、今の広告って、情報が早いというか、耳が早いというか… …

ベージュ色の思い出…

ベージュ。 こんな、感じかな? 和訳すると「らくだ色」だそうです。 実際には、染めない羊毛の毛織物を、ベージュと言ったそうです。 クリーム色よりも淡く、若干赤みがかった印象ですかね。 国鉄時代、特急・急行列車の基本カラーとして、長く全国を走りま…

僕がカレーを作ります♪…

先週は僕のイベントの山場だったので、1週遅れの父の日イベントです。 名付けて… 「僕がカレーを作ります♪」 父の日には例年、何らかの贈り物をしてました。 でも、何かのきっかけで、僕がカレーを作ることに。 父はカレーが大好きなのです♪ もう数年、この…

クリーム色の思い出…

今日は東武が遅れました。 曳舟で信号トラブル。 ちょっとなんかあると、押上ー曳舟間は止まってしまいます…。 半蔵門線は、すべて押上折返しになります。 まあ、事前にわかっていれば、錦糸町から秋葉原へ出て、日比谷線回りで帰れるから、それほど大きなダ…

義…

昨日に引き続き、「RedBull AirRace Chiba 2017」今日は、決勝! せっかくのデラックスエリア「室屋応援シート」です。 応援モードでGO!! いただいた室屋グッズに身を包み… 着座!! 応援モードなので、写真は最小限。 昨日、頑張って 撮りましたからね~♪ …

朝日航空の思い出…

現在の、朝日航空株式会社です。 www.asahiair.com 航空機を用いた撮影、測量、宣伝、パイロットそのものの養成、航空機の整備などを生業とする航空会社です。 アマチュア航空クラブなども運営しており、パイロットの養成には、定評があります。 拠点は大阪…

松本市と長野県の思い出・5…

松本のシンボルと言えば、これをおいて他にはありません。 松本城。 別名は「深志城」です。 元々は小笠原氏の居城ですが、安土桃山時代に石川数正が入り、息子・康長と共に、城と城下を整備しました。 黒塗りの壁は、城を引き締めて見せますね。 「烏(から…

「濃い」黄色いひよこ…

相棒と、飲みでした。 もう、10年目になります。 相棒との飲みは、事前のテーマがありましてな。 今回は相棒の月番。 テーマは「黄色」 僕が、出しました♪ 相棒の出した答は… 「炭火焼鳥キッチン ひよこ」 なるほど、「ひよこ=黄色」ですな! 合格!! 実は…

最大限の白…

帰り。 コンビニを出て、さぁ帰ろうか、と。 毎日見えるスカイツリーが、ちょっと変!? こんな時のために、スマホのブラウザには、スカイツリーのライティング解説のページが、常に仕込んであります。 なになに… 「灯火最大明度の“白”!」 しかも…、 「19:4…

下野国の思い出…

上野国から、東へ進みます。 下野(しもつけ)国。 現在の栃木県です。 両国を結ぶ線として、両毛線もありますが、北関東自動車道という、立派な道路が結びます。 高規格で、走りやすい道ですね♪ 上野国は上州ですが、下野国は「下州」とすると、何かよくな…

めで“鯛”色…

母の日です。 裏でも書きましたが、表でも。 先日行った、房州小湊「鯛の浦」で求めた「鯛飴」です。 当地は日蓮上人誕生の地。 誕生寺という寺が建ちます。 日蓮上人の生誕を、この浦の鯛が跳ねて祝福した、という伝説があります。 このため、当地の人は鯛…

「乃りたけ」の思い出…

進行中の「令制国の思い出…」。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 行ったことはあっても、写真が残っていない、安房国の取材をしたくて。 でも、行くには必ず、上総の国を通ります。 下総、上総、安房を問わず、千葉県は美味しいものの宝庫! 何度も訪…

灰色の思い出…

灰色って、探すと、 あんまり身近にないですね。 この前やった「シルバー」だったら、あるんだけど。 あっ、これなら… スピーカーのカバー。 最近は音を鳴らすより、台としての役割の方が、大きかったりするけど…。 もうひとつ… 「許可を得て撮影」 ウチの巨…

旧麻布区の思い出…

旧麻布区。 とんと縁のない区です。 それもそのはず、20世紀は、旧麻布区にある駅は、六本木と広尾だけ。 それまで走っていた都電は全滅しており、「陸の孤島」なんて呼ばれてました。 坂も多く、住民は大変! 暗闇坂 「昼の取材なのに…」ってがっかりめで行…

機内で…

以前、こんな記事を。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com 全日空の、機内BGMです。 今回の旅は、日本航空でしたから。 離陸前はこの曲。 I Will Be There With You (Instrumental Version) デヴィッド・フォスター ポップ ¥200 provided courtesy of iTu…

白…

今、錦糸公園の桜、一番きれいなときかも! 今日は昨日よりも遅くなり。 完全な夜桜になりました♪ 今は照明も、限りなく白い! 花もより白く、より美しく! 酒も肴もないけれど、こうやって“素面”で花を愛でるのが、本来の桜の楽しみ方、なのかもしれません…

銀色の思い出…

銀色と言えば、僕はこの電車で育ったもんです。 営団3000系電車。 当時の写真なんかないので、信州は長野電鉄で、第二の人生を送る車両です。 ここでは赤帯なんですが、たまたま無塗装のがいて!! こんな、ステンレスの銀ピカ車両だったんですよ。 幼少時、…