螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

鉄道

春…

今週のお題「わたしの春うた」 歌じゃないなぁ~(笑) でも、手持ちのiTunesで「春」と打って、出てきたのがコレ♪ どこで聞いたか知らないけれど、 誰もがみんな聞いている!? 鶯谷2番線・御徒町3番線他(春) 駅発車メロライブラリ サウンドトラック ¥150 pro…

湯河原町と神奈川県の思い出・2…

湯河原町に、落ち着くことになりました。 居所の最寄り駅は、真鶴ですが… 天下の「東海道本線」沿線住民になったんです。 残念ながら写真はありませんが、当時の列車の半数以上は、113系といわれる、「うるさい電車」。 これは子供時代から、知ってまして。 …

ブログの思い出…

今週のお題「自己紹介」 あっ、ブログやめませんよ(笑) こちらの表ブログは、いくつかのシリーズ記事を書いていまして。 「○○の思い出…」って題名で。 要は、ブログのネタがないときの、穴埋めですが、いつの間にか、穴埋めの方がメインになってしまったの…

備後国の思い出…

備中国から、さらに西へ。 備州では一番西、備後国です。 領域は広島県の東側で、福山市を中心に、尾道市、三原市、山の方では三次市を含みます。 福山城は、かなり昔に行きました。 立派な城が、駅のすぐそばにそびえます。 水野氏、江戸中期からは阿部氏の…

平日のような休日…

…長時間仕事に追われて、ではないけれど。。。 日曜日の今日は、スポーツクラブから。 「ジムって」ね。 高校野球見ながら、走り、漕ぎ、筋トレも… テレビは普段は見ないけど、高校野球の時はね♪ 約1時間、汗を流して、次の目的地は、錦糸町。 花見客でごった返…

湯河原町と神奈川県の思い出・1…

大学を卒業してからのお話。 もう、20年以上前のことです。 勤務地は、湯河原郵便局に決定。 在住の松本からは通えませんから、まずは居所を探さなければなりません。 たまたま、両親が厚木市に在住で、いろいろ手伝ってもらいました。 選択肢は3つ。 1.実…

シンジョウの会…

何度か登場した、紀伊田辺のNさんが、東京に遊びに来るというので、今日、みんなで飲むことになりまして。 総勢8名! カンパーイ♪ あっ、今回は幹事じゃありませんよ~ 彼と特に親しい龍ケ崎のTさんが、仕切ってくれて。 仲立ちと、人集めは、したけどね… ki…

出雲国の思い出…

伯耆国から、西へ。 雲州、出雲国に入ります。 これには乗れませんでしたが… 後継の「サンライズ出雲」には、乗ったことがあります。 A個室!! 証拠に… シャワールームは有料ですが、A個室寝台利用客には、シャワーカードが無料で配られ、利用できました。 …

空中のレストラン…

今日は巨匠の誕生日記念。 伯母に家族ごと、招待いただきました。 ありがとうございます♪ 向かうのは交通会館の、15階! 「回転レストラン」! 「ベルトコンベアに乗ってる料理を、取って食べるの?」って思った方! ジャンネーン!! 回るのは、客の方です…

幻の「キャンディの日」…

今週のお題「ホワイトデー」 ホワイトデー。 バレンタイン司教、若者の結婚禁止に反対し、秘かに結婚を許していた司教だそうですが、皇帝の怒りに触れて殉教、その1ヶ月後に改めて、男女が愛を誓った日だそうです。 ホワイトデーとは日固有の呼び方で、純白…

五色不動…

色が好きで、興味を持ってる人です。 でも、五色の不動様が江戸に揃うのを知ったのは、割と最近で。 何かの番組で知ったんだと思いますが、昭島市の目黄不動尊(眞覺寺)には、行ったことがありました。 (目黄不動尊は何ヵ寺かあります) 「江戸五色不動」…

陸前国の思い出…

(敬称略) 書いた国の中では、羽前国から東進しましょうか。 仙山線を進むと、奥州・陸前国です。 陸前国はほぼ、宮城県なんですが、南部の白石市などは磐城国になります。 一方、岩手県の陸前高田市、大船渡市、気仙郡、釜石市の南部などが、陸前国に含ま…

親子で「皆勤賞」…

今週のお題「表彰状」 まず、裏ブログでね。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 表彰された(されてない!?)経験は、これだけなので、父にも聞いてみました。 そしたら! 「父も皆勤賞だった!!」 同じく、高校時代だそうです。 やっぱり、賞状はもら…

東武線新田駅自動改札6号機・「我が街・草加」の思い出・12…

何の変哲もない、自動改札機です。 東武線新田駅自動改札6号機。 自動改札機にもちゃんと、番号があるんですよ。 ピンク色は、切符が入らない、ICカード専用機の印です。 昔は緑でしたっけ?切符が2枚入る自動改札機ってのも、あったように思います。 この改…

伯耆国の思い出…

備中国から、北へ進みましょう。 伯州、伯耆国です。 「ほうき」と読みますが、元々は「母来」だったそうで、八岐大蛇に襲われた娘が山へ逃げたとき、母が遅れたので、「母来ませ、母来ませ」と叫んだことに由来するそうです。 備中国からは、伯備線が通じて…

鉄男くんのために…

今週のお題「バレンタインデー」 一応、僕も男の子?ですが… バレンタインデーが楽しみな男子って、いるのかしら? もらえなければ惨めだし、もらったらもらったで、お返しの算段…。 安い義理チョコあたりで、高いものをねだられるのが、最も割が合わないわ…

美作国の思い出…

備前国から、北上します。 美作国です。 美州…と書きたいところですが、周りは同じ読みの「備州」ですから、美作国は「作州」と言います。 ちょっと遠いですが、「美濃国」もありますしね(濃州)。 さて、美作国の領域は、津山市、美作市、真庭市と、周辺各…

鶯色の思い出…

梅の、季節ですね。 今年は寒いから、まだかも知れないけど。 ウチの梅です。 過去の、写真ですけど。 今年も花を咲かすのかな~なんて思ってたら、 「とっくに切っちゃったよ」(父) 道理で、ないわけだ…。 さて、梅と言えば、鶯ですよね。 鶯色って、こん…

杵柄…

そう言えばこの日は、朝出るときから雪が舞ってて。 仕事中も窓から、はっきり雪を確認。 交通網も乱れ始め、帰宅勧奨が出ました。 とは言え、東武は元気!なので、しばらく仕事を引っ張って。 頃合いを見計らって、17時に退勤しました。 外は、こんな! 雪…

受験旅行の思い出…

今週のお題「受験」 大学は茨城の筑波大学と、松本の信州大学を受験しました。 当時の在住地は、鹿児島!! それまで、旅行と言えば家族旅行に修学旅行(高校はなかったけど)。 グループ旅行だって、ごく近場だけでした。 そう、一人旅が出来る、初めてのチ…

安芸国の思い出…

伊予国から、しまなみ海道を渡ります。 僕は、渡ったことないけど。 瀬戸内海を越えると、芸州、安芸国です。 領域は広島県の中西部。 広島市をはじめ、呉市、廿日市市、三原市(一部)などを含みます。 旅行で訪れたのは、まずは宮島。 所要10分の航路です…

松本市と長野県の思い出・17…

引き続き、大学時代の松本郵便局での、アルバイトのお話。 区分機の操作は、アルバイト組の中でも特殊技能になりますから、次第にそれなりの地位を築いていきました。 他の方は手区分専門だったり、大型郵便物の処理をする人でしたが、それは僕も出来ました…

備前国の思い出…

播磨国から、さらに西へ進みましょう。 備州、備前国です。 備前国は、岡山市の大部分をはじめ、玉野市、備前市、瀬戸内市、赤磐市などが含まれます。 住みやすい都市として、有名ですね。 黒々とした岡山城。 宇喜多氏、小早川氏の城です。 別名を「烏城」…

アイベックスエアラインズの思い出…

昨年、福島空港にいた、この飛行機。 機体はボンバルディアの小型ジェット、CRJ-700。 会社はアイベックスエアラインズ。 大阪・仙台を拠点とした、航空会社です。 アイベックス(IBEX)と言えば、どっかで聞いたことありません? 日本デジタル研究所 www.jd…

讃岐国の思い出…

43ヵ国目ですから、この国が折返しになります。 この時点で書いてる国だと、阿波国から北上した方が、確実かな? 讃州、讃岐国です。 香川県全域ですが、もちろん、この国ですね。 「うどん県」 ただ、この時のはビルのテナントのお店でしたからね~ 本式の…

文猫(ぶんにゃん)の新年会…

今日は医者の後、あれこれ、ネタの仕込みを。 早く終わった上、最終地点が押上に近い、京島だったので、ちょっと歩いて… 押上猫庫! 実は夜の押上文庫は予定してたんですが、時間が空いた上に、近くに出てきたので、寄ってみることにしたんです。 押上文庫/…

伊予国の思い出…

土佐国から、四万十川を遡ります。 実際には逆のルートだったけど。 愛媛県全域、予州、伊予国へ入ります。 とは言え、移動の中心になるのは、松山空港の方が多いですね。 羽田からの長距離便にも、福岡からの短距離便にも乗ったけど、写真が残ってないな… …

伊豆高原…

河津から出発する今日。 日程はもちろん、僕が組むんですが、鉄道好きな方と違って、一般の方が嫌がるのが、 「乗り換え」 特に高齢者は、乗り換えは大変で、階段の上り下りは大変。 エスカレーターはあっても、荷物は持たなきゃいけませんしね。 なので、70…

旅先の初詣…

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。 今年は、旅先。 昨日、踊り子号に揺られて… 河津駅。 伊豆急の駅です。 渋谷区在住の親戚に、呼んでもらいまして♪ 「河津さくらの里 しぶや」 こちらで、年を越しました。 明くる朝、元旦で…

土佐国の思い出…

阿波国から、西へ。 高知県全域を治める、土州、土佐国です。 戦国時代では長宗我部氏、その後山内一豊が入って、国を治めました。 かつては紀貫之が赴任して、「土佐日記」を書いていますね。 「をとこもすなる日記といふものを…」ってヤツです。 さて、四…