螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

福ちゃん…

今週のお題「印象に残っている新人」

 

プロ野球

もちろん、新人から活躍する選手もいますが、数年間は二軍で修行して、一軍デビューを果たす選手も数多くいます。

 そういった選手たちも、「新人」です。

観客にとっては。

 

福岡ソフトバンクホークスの“福ちゃん”こと、福田秀平選手は、元々は内野手でした。

でも当時、鉄板のレギュラー・川﨑選手がいたんですね。

なので外野手に転向、ある試合で、センターで先発デビューを果たしました。

 

今でこそ、打ってよし走ってよし守ってよしと、スタメンに登場しても誰も驚かない実力をつけていますが、当時は僕も「誰?」って印象でした。

でも、気になったんですね。

 

1回、2回と、試合は進みますが…、どういうわけか、この日はセンターへ打球が飛ばない。

だんだん、心配になってきました。

 

終盤に入って、ラインドライブがかかった難しいライナーが、センターへ飛びました。

ここで福ちゃん、目測を誤り、後逸!

多分、むちゃくちゃ緊張と闘っていたんでたんでしょう。

その上、急造外野手には難しい打球。

誰もが思ったでしょう。

「やっちゃったな…」と。

 

でも、僕の感想は違いまして。

「それまでに一本でも、イージーなセンターフライが飛んでくればよかったのに…」

そうすれば、緊張が解けたんじゃないかなって、思ったんです。

 

でもね、これをきっかけに、僕は彼のファンになりました。

そしたら彼もめげることなく、徐々に実力を発揮。

日本シリーズで、ビッグゲームで、印象に残るプレーを何度も見せてくれました。

去年観戦した、東京ドームの鷹の祭典では、目の覚めるようなタイムリースリーベース!!

ヒーローになりました!!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160401001348j:plain

あの日の福ちゃんは、輝いてたなぁ…。

前年はケガで棒に振ってるだけに、喜びもひとしおだったでしょうね。

僕も、うれしかったなぁ…。

 

そうそう、同じく福ちゃんファンの女性と、ネットで知り合えたおまけまで付いて!

もう3年近く、かな?

 

数々の「福」を、もたらしてくれた選手なのです。