読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

とんこつラーメンの思い出…

小学生の時は、昔ながらの醤油ラーメンを、当たり前のように食べてきました。

 
「ラーメン=醤油ラーメン」、だったのです。
 
ところが、父の転勤で、鹿児島県へ移住することになりました。
 
宿には遅く着いたので、ラーメンを頼みました。
出てきたのはもちろん、
 
「とんこつラーメン」!
 
スープが白く、ちょっと臭うラーメンは、大いなる衝撃!でした。
 
父はほとんど食べなかったんじゃないかな?
僕自身もその時、美味しいとまでは思わなかった気がします。
 
しばらく父は、醤油ラーメンを求めて、店を探したそうです。
父の中で、ラーメンは醤油以外にあり得なかったんです。
 
でも僕は中高生。
友達とラーメンを食べる機会は、いくらでもありました。
もちろん、とんこつラーメン!
次第に順応していき、美味しさもわかるように、なっていきました。
 
子供でしたし、適応出来たんでしょうね。
 
 
今ではとんこつも、普通に食べますよ。
多少臭いがあっても、平気です。
鹿児島と博多では、臭いも多少違いますね。
 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160422002309j:plain
今では「くろいわ」ラーメンも、お気に入り♪
「こむらさき」と並ぶ、鹿児島ラーメンの名店です。
 
ラーメンは醤油だけじゃない。
この体験が、僕のラーメンの守備範囲を、大きく広げるきっかけとなったのでした。