読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

ラーメン○○○○の思い出…

あえて、屋号を伏せたのは…

 
きっかけは、同僚のお見舞いの帰り。
バスまで時間があったので、たまたま近くにあった、この店に入ったんですが…。
 
すぐ、愕然としました…。
 
店が汚い!
ガラクタでごちゃごちゃ!
 
この時点で、既に入ったのを後悔しましたが、仕方なく、500円のラーメンを注文。
 
さほど待たせはしなかったと思いますが…、
 出てきたラーメンは…、
 
スープに味がない!!
ただ黒いだけ!!
 
これでは、麺も美味しくはいただけません。
麺は完食したものの、スープは飲む気にならず。
 
そう、ここが、僕が生涯で食べた、最もマズいラーメン屋さん、なのでした…
 
林家木久蔵師匠(当時)の「ここのラーメン、和風味!」なんて色紙も、空しい…。
昔はそれなりの味だったのかな?
でも確かに、美味しいとは書いてないんだよな…。
 
 後日、別の同僚に話したら、
「よりによって、そこに入ったの!?」って言われちゃいました…。
ある意味、有名な店だったようです…。
 
でもね…、
ここの味を経験したことで、ある意味自信が付きました。
大抵のラーメンは美味しく食べられる、とね。
 
最高のものを経験するのも大事ですが、最低のものを経験すると、ある意味強くなる。
 
美味しいものばかり食べていては、いつしかそれは当たり前になってしまう。
時にはそうでない味も経験することは、実は感じる味のバリエーションを、広げることになる。
後になって、そう思ったり。
 
そういう意味では、ちょっとだけ、今はこの店に感謝してるんですよ。
 
ちなみに、この店は既にありません。
場所も記しませんので、そっとしておいてあげて下さい…。