読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

「結果がすべて」…

言葉 仕事 自分 人生

この前の歓送迎会で、上司に言われた言葉です。

人生、結果こそすべてだと。

 

実は同じようなことを、ある先生が諭したことがあります。

高校の卒業式で。

「結果にこだわれ!」と。

 

その先生は体育の先生。

野球部の顧問でした。

直接習ったことはないけれど、その威圧感は校内に知れ渡っていました。

あまり喋らないのが、より威厳を高めていましたね。

 

「結果にこだわれ!」

もちろん、ただ結果だけを追いかけるようなことを、求めたのではない。

 

ご存知の通り、野球界、スポーツ界は、プロにせよアマチュアにせよ、常に結果を求められる世界。

結果が出なければ、どんなに頑張っても退場を余儀なくされる、厳しい世界です。

 

今、サラリーマンの世界でも、常に効率化が求められ、貢献度が低ければ解雇もあり得る世界になってきています。

 

そんな世界を渡り歩くには、意味のある努力、結果を見据えた努力が、欠かせない。

 

もちろん、必ずいい結果が出るとは限らない。

結果が良くなかったときは、その結果を見据え、分析して、次に活かす。

これだって、結果にこだわることだと思う。

結果を最大限に活かすことだと思う。

 

少しでも、成功に近づくために。

 

進学校だったので、ほとんどの生徒が大学へ行きましたが、いずれはみんな働くことになります。

働く現場では、闇雲な努力は通用しない。

その時を見越した、はなむけの言葉だったのだと、今は思います。