読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

大学“5回生”の思い出…

思い出 自分 交友 趣味 自転車 仕事 人生

大学生活は、もう20年も前の話ですが…、

 

留年、しましてね。

タイトルの通り。

つまらないことで、必須単位取れなくて。

苦手な英語が、朝の1コマ目にあったのです。

なかなか、起きられなくて。

3年生になって、だらけきっていましたね。

一人暮らしなので、なおさらかも。

 

そりゃぁ~ショックでしたよ。

寝坊なんて下らないことで、自らの価値を下げた。

親にも、たしなめられました。

 

そして何より大きかったのが、研究や就職を目前にして、同学年の仲間と別れなければならなかったこと。

 

その当時、それほど社交性はありませんでしたし、サークル活動もやめちゃってたので、一人でいる時間が長かったんですが、いざ、研究や就職活動をするとなると、一人ではできないことが多い。

そんな時に頼りになる、わずかな友達を、ごっそり失ったわけです。

※ ケンカしたわけではありません。お互いの課題が、変わってしまったから…。

 

4回生では心して単位を取りましたが、5回生の卒業研究では、案の定、1学年下の学生たちと馴染めず。

就職活動も、氷河期の入口付近。

一度失敗すると、不安と絶望から立ち直ることもできず、途中で止めてしまって。

 

そんなこんなで、半年ぐらい引きこもってました。

バイトは、してましたけど、それ以外の時間は大学へ行くことなく、自分の好きなこと、してましたね。

パソコンしたり、自転車乗ったり。

自転車では急坂を登り切ることに挑戦したり、川沿いを走って隣町まで行ってみたり。

 

大学行くのが怖かったし、忘れたかった。

現実逃避の日々が、続きました。

 

でもある日、ふと、「このままでいいのか?」って思いが、強くなりまして。

このままいけば、来年も同じことの繰り返し。

その上、学費は同じだけ、余計にかかる。

それはマズいと我に返ったのが、10月中旬だったかな?

 

その後は、とにかく大学へ通いました。

人の目は怖かったけど、気にしている余裕はありませんでした。

パートナーには謝りましたよ。

迷惑かけましたから。

 

何とか論文を完成させたのが、もう2月に入ってからでした。

何とか卒業は出来たけど、いろいろあって、辛かった。

卒業式は、出ませんでした。

 

引きこもり、と言っても、日々の心理は様々で、危機感を感じる日もあれば、厭世気分のこともありました。

大学のことを全く忘れて、遊んでたこともありました。

でも、あの日は異様に、大学行かなきゃって、危機感が高まった日だった。

それを捉えられたから、復帰の高い壁を越えられたんだと思う。

その後の辛い日々にも、耐えられたんだと思う。

 

人生、タイミングって、結構大事です。

成功している時って、後から振り返ると、大抵は何らかの後押しがある。

他人の力のこともあれば、周りの状況や、自分のモチベーションのこともあります。

そのうちの一部でも捉えられれば、道は開けるかなって、今は思います。

 

 

ちなみに…、

引きこもっていたとき、パソコンでやっていたのは、プログラムを組むことでした。

昔っからやってた、BASICで。

ゲームを作っては、改造して、遊んでいました。

直して直して、最後は自分の意図通りに動くのが、うれしくてね。

 

20年経った今、そのBASICを基礎にした言語、ExcelVBAで、メシを食っています…。

 

人生、何が幸いするか、わからないものです。