読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

螺旋の思い出…

PC版のブログのデザインを、変えてみました。

黒地はちょっと、暗いかな?と。

「色」を扱ってる割には、ちょっとね…。

 

タイトルに使っている、この写真は、残しました。

『螺旋』ですから! 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160229221252j:plain

実在する、本物です。

 

場所は静岡県賀茂郡河津町、「河津七滝ループ橋」と言います。

1978年に地震があり、当時のつづら折りの道が崩れてしまい、再建のために造られました。

あっ、“ななだる”と読みますよ。

この辺りでは、滝のことを“たる”と呼び、大小様々な滝が点在する場所でもあります。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160508004230j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160508004308j:plain

 

一度、行ったことがありましてね。

この時は僕も運転していたので、確か外側の車線を、一生懸命ハンドルを押さえながら、慎重に走ったのを覚えています。

 

螺旋と言えば、首都高中央環状線が、東名高速道路(首都高3号渋谷線)とぶつかる大橋JCTは、かなりキツい螺旋ですね。

ここも一度だけ、通ったことがありますが、難所との印象があります。

車線は色分けしてあって、わかりやすいですけどね。

 

で、ブログの新たな背景が、こちら。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160708015446j:plain

確か、肥薩線の人吉ー吉松間のどこか。

日本三大車窓』の一つです。

あとは長野の姨捨と、北海道の狩勝峠だったかな?

 

熊本の人吉と、鹿児島の吉松とを結ぶルートは急峻で、道も鉄道も大変な登坂を強いられました。

道路には加久藤峠という難所がありまして、大きなループ橋がありました。

鉄道にも有名な「大畑(おこば)ループ」が、加久藤峠のやや北に位置します。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160508005431j:plain

ここも何度か通りましたが、確かにループして駆け上がると、眼下に通過してきた駅が見えます。

大きな高低差を、少ない土地で、安全に、効率よく解消する手段として、螺旋を描くループ線は、非常に有効なのです。

 

実世界にも、いますよね。

考え方の違う人たちの意見を吸収して、しまいにはくっつけちゃう人。

 

そんな人になれたらいいな、なんて思っています。