読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

眼力…

お題 SNS 趣味 鉄道 航空 自分 言葉 空港 仕事 人生

子供の頃は、運転系の職業に憧れていました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160721230312j:plain
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160721230228j:plain


男の子だから…、って、今は書けないです。
各社に優秀な女性運転士さんが、いらっしゃいますもんね。


小学生の頃は、夢は電車の運転士、だったかな?
おもちゃの模型を持っていましたし、実際にいろんな電車に乗る機会がありましたしね。
自分で運転したい!って思うのは、自然なことだったように、思います。

中学生になって、鹿児島に移り住むと、飛行機が身近な乗り物になりました。
乗る機会も何回かありましたが、鹿児島空港が比較的、近かったんです。

初フライトの興奮と感動は、今も忘れられません。

鹿児島空港には大型機の他に、中型機やYS-11もいましたし、セスナの宣伝飛行も、よく飛んできました。

なので、大型機でなくても良かったし、空中で止まってられる、ヘリコプターなんかも魅力的だなぁ~なんて、夢を膨らませてた中学時代でした。

高校生になり、大学選びではいろいろ悩みましたが、航空大学校防衛大学校も、候補に入っていましたよ。

この頃から、各職業を具体的に調べるようになりました。
鉄道運転士や飛行機パイロットも、もちろん!

ナニナニ…、

厳しい訓練が必要!
 →受けましょう!

何度も試験を受けなければ、資格を維持できない?
 →受けましょう何度でも!

盲目飛行ってなに!?
 →(チョットコワイケド)やりましょう…

酒とかの節制が必須!
 →酒なんか飲まない!(当時は…)

英語ができないと!
 →頑張る…


でも、次に来たのは…

視力一定以上!

制限値はあまりよく覚えていません。
でも、次の条件は忘れもしない!!

「裸眼で」!!

実はこの時、裸眼視力は両目とも、既に0.01!
視力検査表の一番上も輪っかに見えて、係の方に「一歩前へ!」って言われてしまうほどの、近眼だったのです。

ゲームのやりすぎを悔いても!慌ててビタミンAを摂っても!
こればっかりはどうしようもない。

運転系は諦めざるを、得ませんでした。

“眼力”が、足らなかったのです…。


その後、乗り物は完全な“趣味”に戻りました。

見たり乗ったり、撮ったり買ったり(グッズ類)…。
乗り物で旅行をすると有利な?位置情報SNS、ロケタッチやswarmでは、日本全国に友達ができて、視野も広がりました。
それはそれで、十分楽しさを感じてます。

後にフライトシミュレーターや、電車の運転ゲームもやったけど、たとえ眼が良かったとしても、僕には難しいことがわかったし。
それでも、曲がりなりにも職を目指したことで、交通機関に対する見方が変わり、多面的になったかな、とも思っていたり。


“乗り物”というファクターが、人生をより楽しく、豊かなものにしてくれているのです。


好きなものを仕事にすると、うまくいく。
実は今の僕もそうです。

でも、本当に好きなものは、趣味として取っておくべきだ…。


この意味での“眼力”は、間違ってなかったかも、しれませんね。





Netflix火花お題「夢と挫折」



Sponsored by Netflix