読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

文京区の思い出…

 

「文京区」なんていうと、なんとなくピンときませんが、駅名だと湯島、御茶ノ水、水道橋、後楽園、本郷三丁目飯田橋など。

ただし、区内にあるのは地下鉄の駅のみで、JRの同名駅はすべて区外という、ちょっと変わった区です。

 

歴史的に有名なのは、小石川後楽園ですね。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705005057j:plain

水戸家ゆかりの庭園です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705005322j:plain

訪問は彼岸花が咲く頃、だったようです。

 

ただ、「僕的に」、文京区の施設で一番思い出があるのは…、

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705001518j:plain

東京ドーム!

巨人戦!ではなく、日本ハム戦に、よく行きました。

もちろん、カードはホークス戦。三塁側です。

 

初めて行ったのは、湯河原在住時だから、15年ぐらい前かな?

当時は「東京ドーム=巨人戦=満員!」ってイメージが染みついてたので、そもそも入れる場所じゃない、って思ってました。

でも、たまたま日本ハム戦を覗いたら、あっさり入れてしまった!

「そうか、ここに来れば、ホークスの試合が見れる!!」

味を占めるには、十分だったわけです。

 

そんなにコアなファンじゃないんで、内野席でお酒を飲みながら見るんですが、こんな僕にぴったりな、お気に入りの席が。

「乾杯シート」って券が、あるんです。

料金は当時1,800円と格安!

さらに、ビール1杯とおつまみまでついてくる!という、何ともおトクなチケットなのですよ♪

ビールは800円しますから、席代は1,000円以下。

破格でした。

 

席は外野に近い内野席で、決して見やすいとは言えませんでしたが、野球場の“生”の雰囲気を味わうには十分!

“生”ビールも、ついてくるしね。

 

その日本ハムは北海道へ行ってしまいましたが、実は今でも、日本ハムが東京で試合を開催する際、販売されます。

2,200円と値上げにはなりましたが、それでも安いです♪

 

近年はさらなるお楽しみが。

この前書いた『鷹の祭典』!

年に一度、ホークスのホームゲームが見られる日です♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705002657j:plainf:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705002752j:plainf:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705002846j:plainf:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705003025j:plain

 毎年、色が違うんですよ。

 

その色のユニフォームが全員(ビジター席除く)に配られ、一色に染め上げて盛り上がります!

おかげで、鷹の祭典後のホークスの応援席は、いろんな色の満艦飾、統一性のない色になる…ってのはおいといて!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160705010834j:image

最後はショータイム!

こんな楽しいイベントは、ありません♪

 

来年もきっと、また違う色のユニフォームをまとって、ここに来ることになるでしょう。