読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

フルハウスな人生…

あっ、フルハウスは番組じゃなくてね。

昨日に引き続き、ポーカーの役のことです。

ワンペア+スリーカードで、フルハウスです。

 

一方、カードの数字が順番に並ぶ役が、ストレートです。

3・4・5・6・7とか。

決まるとカッコいいですが、実はなかなか成立しない。

しかも、狙いにいって失敗すると、よくてワンペアにしかならない。

失敗=負け、なんです。

 

一方フルハウスは、ワンペア→ツーペア(スリーカード)→フルハウスと発展させていく役です。

なので、たとえフルハウスは取れなくても、スリーカードまでは行くかもしれない、ツーペアにはなるかもしれない、って役なんです。

 

何が言いたいか。

 

20代、30代の頃の、僕の人生の考え方は、“ストレート狙い”だったんです。

今思えば。

 

つまり、失敗したらすべて終わり。

無意味に水泡に帰す。

だから、失敗できない。

そんな風に、考えていました。

 

この考え方は、無駄なプレッシャーを生みます。

結局、自ら生んだプレッシャーに負けて、本当に失敗したり、そもそも失敗を恐れて、やらなかったり。

 

失敗=無だと思うと、人は自分を責めます。

気分はますます悪くなり、また失敗を繰り返して、萎縮して…

結局、ノーペアの人生… って思っていました。

 

でも今、実際に人生を振り返ってみると、あの時苦しかった、失敗したと思った、あんなことこんなことが、実は今の人生に、大きく活きているのです。

 

引きこもり中に組んでたプログラムが、ExcelVBAという形で、今のメシの種になっている。

 

辛くて半年で辞めた、PCインストラクターのバイトが、PCを教える技術を与えてくれた。

 

クビの原因にさえなった、拙い電話応対も、今では主要業務の一つ。

 

これって、むしろ“フルハウスな”人生じゃね?って、ふと思ったわけです。

失敗しても、直接、間接的に、その先の人生に活きた。

失敗=無でも負けでもなかった。

失敗しても、何も残らないわけでは、ないんです。

 

だったら、失敗したって、この先何かに生きればいいや、ぐらいに考えてたほうが、次のチャレンジもしやすいし、結果的に楽な人生を送れるんじゃないかな?、って思ったわけです。

 

成功しても失敗しても、チャレンジは自分の引き出しを、増やしてくれる。

自分の幅を、広げてくれる。

 

そんな考え方で、どんどんチャレンジしていく人生を歩めたらいいな、って思います。