読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

落ち込む限度…

今でこそ、それなりの生活が送れてる僕ですが、20代、30代は常に自分を呪い、貶め、何かにつけおびえてるような、ネガティブまっしぐらな人生でした。

 

自信がなくて、思い悩んでばかりいた。

失敗には過剰に反応した。

完璧でないと成功と見なさず、あとは全部失敗扱い。

知らず知らずに、自分で自分を、押しつぶしていた。

 

何かにつけ、ダメなヤツだ、死ぬべきだ。

“ヤツ”と呼んだのは、人間の資格がないと思ってたから。

自殺を試みたことも、ありました。

不戦敗、だったけど。

 

でも、その頃が、落ち込みのピークだったかな。

 

落ち込んでる時って、際限もなく落ち込み続けるようなイメージがあるけど、実は落ち込むのにも限度がある。

失敗続きだと、次第に挑戦そのものをしなくなるので、結果的に失敗しなくなる。

会社とかに行けないのだって、最初の頃は行こうと思って行けないからダメージが大きいけど、そのうち最初から行こうと思わなくなるので、ダメージは小さくなる。

つまり、落ち込むネタが尽きて、これ以上落ち込めなくなるんです。

 

その時って、意外と心がニュートラルになる。

立ち直るきっかけをつかみやすくなったり、アドバイスを受け入れやすくなったり。

 

僕の場合は、こんなきっかけがありました。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

 

もしかしたら、落ち込むときはとことん落ち込んだ方が、いいのかもしれない。

悲しいときに思いっきり泣いて、心をクシャクシャにした方が、立ち直りが早いように。

犯罪や自殺はダメだけど、多くの場合、そんなエネルギーは残ってない。

落ち込むことは、心に大きな負担をかけるから。

 

落ち込み尽くしたときに、見えてくるものがある。

僕の場合は、あったような気がしています。