読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

観戦績…

 

昨日書いたとおり、昨日の試合で、観戦100試合目でした。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928083643j:image

 

2軍戦、独立リーグを含みます。

アマチュア野球は、含んでいません。

 

基本、自分の入ったサイドの勝敗を記録しています。

ホークス戦は、この限りではありません。

 

勝率を計算すると…

 

61勝30敗9分 .670

まあ、いい思い、してますよね。

 

 

初観戦は小学生の頃。

川﨑球場のロッテ対西武戦でした。

確か中盤からロッテ側に入って、既に0-5。

そのまま点も動かず、ロッテが負けた試合でした。

 

それからこれまで、いろんな試合、見てきました。

 

大量15点を取られて完封負けした試合とか。

9回に小久保がソロホームランを打ったのに、その裏にカブレラの2ランを返されて、サヨナラ負けした試合とか。

貧打戦の中、最後にホームラン1本打たれて負けた、鷹の祭典とか。

 

負けた試合ばっかり、覚えてる…。

 

いい試合も、たくさん観ましたよ。

ヤフードーム観戦は、初観戦は小久保のサヨナラヒット、2009年は川崎のサヨナラヒットで、歓喜の渦!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928212551j:plain

横浜スタジアムでの花火合戦、なんて試合もありました。

 

この人の関東初お目見えは、すごかった!

2008年4月5月、千葉マリン。

当時の背番号17、大場翔太

 

まぁ斬るわ斬るわ、7連続を含む16奪三振の、めった斬り!!

いいコースへズバリ、ズバリと、面白いように決まる!!

あれほど、スカッとした試合はないですね。

 

でも、輝いたのはその時だけで…

 

2010年3月26日の、ヤフードーム開幕戦。

8回までに8点も取られて、敗色濃厚の9回に登場した、大場翔太

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928212219j:plain

今度はまぁ打たれるわ打たれるわ…。

あの時とは別人のよう。

 

結局、8回までに8点、9回に8点(!)

スコアボードも撮る気力はなく…。

あれほど「帰りたい…」って思った試合は、なかったのでありました…。

 

いろんな席にも、座りました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928213040j:plain

ハイテク満載の、シスコシート(ヤフオク!ドーム)

画面であらゆるデータをチェック可能!

ビュッフェ付きペアシートです。

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928214325j:plain

フィールドシート(コボスタ宮城)

フィールドにも近い、選手にも近い!

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928213511j:plain

コカコーラシート(ヤフオク!ドーム)

こちらもフィールドシート

特にヤフオク!ドームのは、ネットもなし!

 

こんなシーンが撮れたり!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928213720j:plain

迫力満点!怖さも満点!!

グラブとヘルメットは、必須です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928213800j:plain

 

でも、数を観ようとなると、内野自由が多いかな。

ビジターが多いので、三塁側。

お酒を飲みながら、ゆったり気分で観戦できます。

もちろん時には気合を入れて、レフトスタンドでの応援も!

 

写真が残っていないのが残念ですが、2003年の優勝決定の試合は、千葉マリンのレフトスタンドにいましたよ。

最終回、篠原がなかなか決めきれなくて、みんなで「篠原コール」を上げたり。

ようやく決まったときの歓喜は、忘れられません。

喜ぶホークスナイン・ファンを、じっと最後まで見つめていた、マリーンズのサポーターたち。

同じぐらい、印象に残りました。

 

最後に、これまでのベストショット、と言うか一番気に入った写真を1枚。

2014年9月14日、雁ノ巣球場の二軍戦、対オリックス

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928215323j:plain

「初めてフライを“撮った”日」

ズームも出来てませんが、ここまでタイミングが合ったのは、この1枚だけです。

偶然とは言え、うれしかったな。

これ以来、写真は守備や走塁を狙うことが、多くなりました。

大した写真は、撮れてないけど。

 

ちなみに、ボールを“捕った”のは、安田圭祐選手。

延岡出身の、育成の選手でした。

 

この試合ではこんなファインプレーも。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160928220019j:plain

 

でも、この2014年を最後に、契約を打ち切られたと聞きました。

 

今頃、どうしてるかな。

秘かに、動向が気になる元選手でも、あるのです。