読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

車番ポーカー…

鉄道 自分 趣味 仕事 SNS
  •   

説明が必要なのが、2つありますね。

  

ポーカーは皆さんご存知ですよね。

トランプのゲームです。

5枚のカードを手に、通常1回だけ、任意の枚数のカードを取り替えて、役を作ります。

 

車番とは、電車の各車両や、バスに振られている、固有の番号のことです。

バスなんかでは“社番”って書いたりします。

各社、それぞれ独自のルールで、番号を振っています。

それをトランプにみたてて、役を作るのが、「車番ポーカー」ってわけです。

 

駅で待ってるとき、どんなのがくるかな~ってね!?

でも、結構楽しかったり♪

 

役はツーペアから。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825191843j:image

同じ数字の組が、2つ!

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825191957j:image

同じ数字が3つで、スリーカード!

これ、新幹線ですよ~!

 

このへんまでは、割とよく出ます。

 

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825205025j:plain

これ、ストレート!

数字が続いていますね。

 

“本家”ポーカーでは、Aが間に入るストレートは認められませんが、そこはお遊び。

「サイクリック・ストレート」なんて勝手に名前を付けて、役にしちゃってます。

こんな感じで。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825194409j:image

よく見ると、1ずつ順番に増えてるので、

「サイクリック・カウントアップ・ストレート」

です!

 

1ずつ減れば、「カウントダウン・ストレート」

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825205201j:plain

 

これもなかなか出ません。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825194829j:image

ワンペア+スリーカードで、フルハウス

多分、この界隈では一桁の両数しかありません。

5桁のみの役です。

 

さらに珍しいのが、
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825195151j:image

フォアカード!

東急8888号車です。

フォアカードも数両しかいませんが、4桁でのフォアカードは、大変珍しい!

他には京王に7777号車がいるぐらい。

末広がりで、縁起いいでしょ。

前は新京成にも8888号車がいましたが、廃車になったときは、惜しまれましたね~

 

あっ、フラッシュは絶対に成立しません。

何故か?ググってね~♪

 

番外編。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825220336j:image

第一編成に思い入れがあるのは、昔書いたとおり。

 

 

偶数で揃えた「偶数セット」

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160825221908j:plain

素数セット」はつくばエクスプレスにいますが、「奇数セット」には、会ったことがありません…。

 

JRなどは6桁以上あり、通常の役はできませんが、「スリーペア!?」「スリーカードのペア??」なんて、ならではの役が成立したりします…。

 

通常のポーカーと違って、カードを交換することは出来ませんが、役が来た!って思ったら、乗る車両を移動することは出来ます。

付番方法を覚えておけば、最初の1両が来た段階で、役の有無を察知することが出来る場合があるのです。

混雑の朝ラッシュ時は、他の列への移動は難しいので、役が来そうな乗車位置に張って、待つ!

役車??が来たら、ハッピーです♪

 

でも、もし自分の沿線がJRだったら、この遊びは思いつかなかったでしょうね…。

JRは桁数が多く、カタカナやハイフンまであるので、SNSに載っけるのが、大変で…。

 

一方、現在通勤している「新田-北千住-曳舟-押上-錦糸町」間は、東武の他、東京メトロ日比谷線半蔵門線)、東急と、多彩な車両がやってきます。

都合のいいことに、車番はすべて数字のみで、4~5桁。

しかも車番の付番上、上位役の車両が結構いるんです。

今回の写真も、ほとんど同区間で撮ったものですよ。 

 

ここまで書いて、う~ん…

 

くだらない、かも知れません。

でも、一日の始まりである朝、役の車両が来ると、何となくうれしい。

この“うれしい”って感情が、一日の仕事に、遊びに、スムーズに入っていけてるような、気がするんです。

 

なかなかどうして、僕にとってはとっても大きい“運試し”なんですよ♪