読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

阪神タイガースの思い出…

(敬称略)

阪神タイガースに関心を持ったのは、大学生の頃。

それまでは、CMに出てた、掛布ぐらい。

「蚊に効くものは、なんでしょう~♪」

 

前回書いたように、当時、“自分で”ファンチームを探そうと、いろいろ考えた結果、セ・リーグで選んだチームが、阪神タイガースでした。

 

前回の「読売巨人軍の思い出…」では、「プロ野球ニュース」の影響を受けた、って書きましたが、実はもう一つ影響を受けた、ある番組の名物コーナーが。

 

日本テレビ「ズームイン!朝」の「プロ野球入れコミ情報」

各地のプロ野球担当アナが、自分の球団を思いっきり肩入れして語るんです。

この時の阪神担当が、読売テレビの森武史アナウンサー。

他地区の担当にケチョンケチョンにされながらも、歯を食いしばって阪神を応援する。

そんな姿に、惹かれていったのでした。

 

当時、亀山や新庄といった選手が出てきてた頃。

優勝は出来なかったけど、応援しがいのあるチームでしたね。

 

もう一人、当時住んでた松本近く(塩尻市)出身の投手がいて。

 

御子柴進投手。

 “みこしば”と読みます。

信州ではよく見かける姓です。

 

サイドハンドで、キレとコントロールで勝負するタイプのピッチャーでした。

時には先発の機会があったりなんかして、テレビの前で、手に汗にぎりながら応援しましたね~

 

巨人ファンをやめて以来、自分で決めたファンチームは4チームあり、パ・リーグはホークスと千葉ロッテセ・リーグ阪神と横浜。

次第に、ホークスとタイガースに収れんされました。

 

そして2003年、この2チームが日本シリーズで激突!

贅沢な悩みではありましたけど、どっちを応援するか、大いに迷いました。

結局、その時のホームチームを応援しよう!って決めてたんですが…。

 

蓋を開けてみると、全試合、ホークスびいきで、観戦していました…。

 

シリーズはホークス勝利。

これ以降、関心はパ・リーグに、大きく傾いていきました。

 

ちなみに、甲子園には2回行ったことがあります。

シートが随分と小さくてねぇ…。

でも2回とも、阪神勝利の記録が残っています。 

 

このままパ・リーグびいきが続けば…

阪神戦の観戦成績は、永遠に“10割”と言う記録が、残るのですよ。

 

 

次は

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

前は

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com