読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

秩父夜祭…

今年は御柱葵祭、大曲の花火と、父を随分お祭り、イベントに連れ出しました。

 

そもそも、父はこのテのお祭りや花火が大好きなところに、今年は数え7年に1回の御柱の年。

その他お祭りも曜日配列が良く、多くが週末にきました♪

しかも、父ももう74歳。

このテのイベントは体力も使うし、トイレなども考えたら、今年ぐらいが限界かな、と。

なので、積極的に手配を行いました。

 

その締めくくりが、「秩父夜祭」なわけです。

 

このテのイベントは僕も慣れてないので、全部ツアー!

自由はないけど、手配等はすべて面倒をみてくれます。

 

今日の出発は、上野。

中央交通717号車。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161203223756j:image

添乗員さんは、明るそうな女性です。

何でも、ものすごい晴れ女!らしい。

力強い、味方です♪

 

バスは順調に秩父へ。

多少渋滞はしたけど、17時ぐらいには駐車場へ到着しました。

 

ここからはあるいて、専用の桟敷席に向かいます。

が…

 

突然、添乗員さんの目印・旗指物が消えた!?

間違えた??

 

でも、こんな時のための、桟敷席までの地図の出番!

曲がる角はまだ先だとわかったので、あとは地図と、係員さんの力を借りて、無事桟敷席に到着♪

 

ところが…

 

なぁんと、一番乗り!!

いつの間に、追い越した!?

 

実は、間違ったのは添乗員さんの方でした…。

御一行が到着したのは、20分ぐらい後かな?

おかげで、いい席が取れましたよ♪

 

 

ちょっと待たされて、最初の傘鉾がやってきました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161203225659j:image

写真には写りませんが、大勢の氏子たちが、「ワッショイ!ワッショイ!!」のかけ声とともに、目の前を通り過ぎます。

みんな、楽しそう!!

誇らしげでも、あります。

そう、ユネスコ無形文化遺産に、なったんですから!

 

秩父夜祭のもう一つの呼び物、花火!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161203230042j:image

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161203230100j:image

ちょっと障害物があったけど、

傘鉾とともに♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161203230210j:image

大いに、盛り上げます!

 

そして、今回の企画の最大のウリ、ぎり廻し!

てこの原理で傘鉾を持ち上げ、一気に廻します!

ぎり廻し てこで浮かせて気合いで回転 廻す重さは20トン! 下郷傘鉾 秩父夜祭 12/3撮影

 

これが撮れたんで、今回は満足かな♪

迫力あるシーンに、惜しみない拍手喝采が、送られていましたよ。

 

お祭りはまだまだ続きます。

夜通しいたいところですが、バスの時間があるので、20:40に移動開始。

帰りは国道140号に出れれば、あとは歩くだけ、なんですが、最短経路は大混雑で、規制中。

なので、西武秩父駅方面に迂回して、国道を目指しました。

ここでも、地図が役に立ちましたよ。

大曲花火の経験から、懐中電灯をもっていったのも、正解でした。

 

駐車場到着後、トイレを済ませて、バスに戻ったのは出発3分前!

移動は満点!と言えるでしょう♪

 

こういうときは、アナログの地図の方が、遥かに役に立ちます。

桟敷席の場所も駐車場の場所も、ナビでは目的地を設定出来ないから。

また、地図上の“どこにいるのか”を特定できれば、地図を読めたも同然です。

僕の場合は鹿児島にいた頃、車での旅行でナビゲーターを務めた経験が、活きてますね。

当時はカーナビなんて、ありませんから。

 

バスは今、渋滞を抜けて秩父を西へ。

 

宿泊の「八ヶ岳ロイヤルホテル」は、山梨県

山梨県は僕にとって、47都道府県で、最後に泊まる県に、なるのですよ♪