読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

駆け抜けて…

今日は昨日の「東京旧35区の思い出…」の取材で、日本橋へ。

第一のターゲットは…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103232705j:image

日銀!

正面は工事中のようですが、東門はこんな感じで。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103233120j:image
 

いずれ、「旧日本橋区の思い出…」にてアップします。

 

そうやって日銀を撮影していたら、不意に歓声が上がる。

ちょっと遠いけど、大学の応援歌かな?

 

この時期に応援歌と言えば、箱根駅伝!!

そう、近くにある常盤橋付近が、コースになっているんです。

しかも、最終カーブを曲がった、ラストスパート!

 

行ってみると、沿道は人でぎっしり!

交通規制も敷かれていて、車が止められていました。

 

ちょうど小路の交差点で人が切れ、しかもデジカメならそこから見通せる場所を発見。

しばらく待ってると… 来ました!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103233357j:image
 

トップはやっぱり、青山学院大学

颯爽と、駆けていきました。

10区は安藤悠哉選手。

ただ、彼には大変申し訳ないですが、1人目はまだ、カメラのズームとかタイミングとかが、全然合わなくて。

本当は、こんな写真でした。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103233333j:image

トリミング、しましてね。

僕の腕なんて、こんなものです。

 

ここで間隔が開いたらしく、一斉に車を流す。

記録を見たら、7分も開いてたらしい。

青学、強かったんだな~

 

以下も切れるとみるや、サッと車を流して、少しでも渋滞を防いでましたね。

 

順位が下るにつれて、こちらもだんだんタイミングがつかめるようになって…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103234301j:image

10位の東海大学

ここまでがシード権獲得。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103234628j:image

約3分半及ばなかった、帝京大学

来年は予選会です。

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103234953j:image
この選手、東京国際大学の照井明人選手。

「関東学生連合」の選手です。

出場は逃しながらも、予選会で好タイムを出した選手で構成されますが、あくまでオープン参加。

記録はすべて、参考記録扱いです。

 

実は、10区を最も速く走ったのは、この選手なのです。

しかし、オープン参加のため、区間賞としては認められません。

学校として出場して、なんぼ。

厳しいのです…。

 

彼は4年生なんで、後輩に託して、ということになります。

 

最後の選手。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170103235639j:image
山梨学院大学の熊代拓也選手が通過。

直後に「規制解除車」なる車が通り、当地の箱根駅伝は、めでたく終了と相成ったわけでした~!

ただ、混乱を避けるために、しばらくは警察の誘導が続きましたね。

「赤」で固定されてた信号が、再び動き出すと、街は静かな休日に、戻っていきました。