読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

連絡…

先週の土曜日、SNSの新年会を主催したと、書きました。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

欠員が出たので、穴を埋めるべく、追加で何人も声をかけました。

土曜日なんで、予定の入っている人がほとんど。

みんな割と早く、連絡をくれました。

仕事だったり、ご家族の都合だったり、そもそも飲めなかったり。

丁重にお礼を言って、次へ次へと、声をかけます。

 

こうなると、どうしてもあまり付き合いの濃くない人にも、声をかけることになります。

中には無視してくる人も、います。

そんなことも想定して、募集文では必ず、時間を区切ります。

でないと、他の方を誘うチャンスを、逃してしまうからです。

今回は残り枠は、たった一人。

一人ずつしか誘えないから、尚更なんです。

 

結局、顔の広い賃貸のTさんをもってしても、埋まらず。

それでも、みんなで盛り上がって、楽しい会になりました。

 

そして今日になって、あるメッセージが。

返事の来なかった方でした。

 

「今メッセージに気づきました。申し訳ありません」

 

正直、うれしかったですね。

涙が出るほど、うれしかった。

間に合わなかったとは言え、気づいてくれたんですから。

 

実は、この手の飲み会に誘うには、swarmやPathのメッセージ機能を使います。

ある程度親しければ、Twitterのダイレクトメッセージ、もっと親しければ、LINEを交換してる方もいますけど、そうでない方は、SNS標準のメッセージ機能が頼り。

でもこれ、通知機能は遥かに弱く、そもそも機能自体を知らない方もいるんです。

なので、気づいてもらえないことは、ある程度想定して誘ってるんです。

 

逆にその方だって、そのことを知っていれば、そのまま無視を続けてもよかった。

なのに、わざわざメッセージをくれた。

これが、うれしかったんです。

 

こう返しました。

「こっちも急だったし、気にしないで下さい。

 次回、また誘ってもいいですか?」

 

「是非誘って下さい!」って返事が、返ってきましたよ。

お誘いしましょう!

是非、お会いしたいですね。

きっと、いい方だと思いますよ!