読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

言い切れますか…

お題 仕事 言葉 自分

今週のお題「私のタラレバ」

 

うつ病で死にかけて、何年か療養して、勉強も積んで、やっとつかんだ再就職のチャンス。

 

プロジェクトマネージャーのような仕事で、熱心に勧誘してもらいました。

 

一方、通ってたITスクールからは、別の職を斡旋されました。

こちらはネットワーク機器の保守の、コールセンターのような仕事。

 

環境は前者の方が、よさそうだった。

逆に電話は苦手ですし、ヒアリングだって得意じゃないけど、せっかく勧められたからと、後者を選択しました。

 

結果は…、

 

半年でクビ。

思った以上に電話の比率が高く、仕事をこなせませんでした。

 

思えば、岐路でしたね。

 

あの時、自分の意志を貫いていれば…

なんてことが頭をよぎったことも、正直、あります。

もっといい人生になったんじゃないか…と。

 

でも今は…

あまり、気にしなくなりました。

 

きっかけは、ある映画。

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」

https://www.tora-san.jp/movie/17/

 

老画家に扮する宇野重吉が、過去の大恋愛の後悔を語る。

その重吉に向かって、岡田嘉子が言い放つ。

 

「もう一つの道を選んだところで、その道を後悔しなかったと、言い切れますか?」

 

そう。

もう一つの道だって、選べば後悔したかもしれない。

 

実は入ってみたら、大違い?!

しかも、浅い経験で、プロマネ

潰れるかも知れない。

 

でも、選んだらどうなったかなんて、本当はわからない。

選んでないんだから。

わかるわけがないことにクヨクヨしたって、意味がないのです。

 

一方、選んだ方の道だって、

「全く後悔しかない選択だったと、言い切れますか?」

 

言い切れませんね~

今の生活、考えたら。

 

選んだ道です。

いくらでも後悔はあります。

でも、それは時間が経てば薄れるかも知れない。

修正が効くものかも知れない。

後悔転じて福となす??かも知れない。

 

選ばなかった道はどうしようもないけれど、選んだ道は振り返ることも出来るし、直すことも変えることも出来る。

後悔だって、その一つだと思う。

 

そう考えると、自分の選んだ道を、大切にしていこうと思う。

守るだけでもなく、振り返るだけでもなく。

前を向いて、視野を広げて、進んでいこう。

 

そんなことを、このテーマをいただいて、考えました。