読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

ガツンと…

お題 イベント プロ野球 人生 仕事 自分 言葉

今週のお題「卒業」

 

思い出すのは、高校の卒業式。

印象的な言葉を、いただきました。

 

その方は、体育教師にして、野球部の顧問。

一応「進学校」でしたので、学校全体が、勉強へ追い込む雰囲気ではありましたが、体育教師の部署は異色で、他の先生方さえ近づきにくいような、独特な雰囲気がありました。

 

中でもこのM先生は、特に恐ろしいオーラを、醸していました。

直接習ったことはないんですが、体育祭の練習などでは、陸上部のS先生と共に、独壇場!

S先生は喋る(説教!)方でしたが、M先生は口数が少ない分、余計に怖かった…。

 

失礼ながら、あまりいいイメージは、もっていなかったのです。

 

卒業式。

各先生が、贈る言葉を述べました。

進学校だけに、勉強に関することが多かったと記憶していますが、M先生が仰ったのは、一言、

 

「結果にこだわれ」

 

正直、ガツンと来ました。

 

そう、学校では頑張ったことそのものを評価する、努力点のようなものが、あったと思います。

成長の過程で、それは必要なんですが、実社会では、結果がすべて。

どんなに頑張っても、どんなに残業しても、結果を出さないと、評価はされないのです。

 

もちろん、結果はお金や地位、受注など、直接的なものだけではないと思う。

大きな目標のための、小さな努力は、ちゃんと意味があると思います。

 

でも、努力は何かを得ようとするための行為。

闇雲な努力は、無駄でしかない。

 

そんなことを、教えてくれたと思います。

 

努力は、結果を見据えたものでなければならない。

 

野球の世界はプロもアマも、結果で全てが決まる世界。

野球部顧問らしい言葉ですが、いただいた数々のお言葉の中で、唯一、人生に響いた言葉、だったんです。