読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

「寿がきや」の思い出…

ラーメン 交通

先日行った、長野取材旅行。

最後に高速バスの松本-名古屋線を撮るために、わざわざ名古屋回り。

 

進行中の「令制国の思い出…」でも、特に取材予定はなく、そもそも高速バスなので、いつ着くかわからない。

なので、名古屋では夕食のみ。

バスの遅れを吸収しつつ、それでいて名古屋らしいもの、と考えると…、

あるじゃないですか~!

名古屋のソウルフード

 

寿がきや

 

今でこそ、東海地区限定の味になってしまいましたが、僕が小学生の頃は、関東でもチェーン展開してまして。

当時スイミングスクールの「ピープル」が入ってた、「ニチイ海老名店」に、テナントで入っていたんです。

水泳の帰りに、親と食べたりね。

小学校4年生ぐらいまでの、ことでした。

 

関東の醤油ラーメンとは別物ですから、親は美味しいとは言いませんでしたが、まだ小学生の僕の舌は、少しは柔軟だったのかな?

「悪くないな」という判定をしたのです。

僕の舌には、まだ「ラーメン=○○」という図式が、なかったですしね。

 

でもそれから、どうも食べる機会がなくて。

結構通ったし、旅行もしたのにね。

そのうち、寿がきやは関東から撤退してしまって…。

 

今回の名古屋回りは、またとないチャンス、だったのです。

 

当日。

あんまりバスが遅れると、食べられません。

ませんが…

 

なんと、まさかの9分早着!!

ありがとう松電バス♪

(現:アルピコ交通
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305200546j:image

 

早過ぎて、あんまりお腹空かない!?けど、少しなら…と、向かったのは、こちら。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170306001312j:image

「中華厨房寿がきや 名古屋エスカ店」

 

ここは新幹線に近いし、お酒が飲めます。

越谷のHさんばりの、ちょい呑みが出来るのです。

しかも今日は「スーちゃん祭り」とかで、一般店は半額キャンペーン!

フォロワーさん情報では“ベロ混み”とか!

でもこの店は対象外なので、空席がありました♪

僕にとっては、「待たずに食べられる」が、はるかに重要なのです。

 

運ばれてきた、寿がきやラーメン

ここはレンゲですね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305201820j:image

スープからすすって… 美味しい!

さすが、名古屋が愛した味です。

 

分野としては、和風とんこつ。

ほのかにだしも、香る味。

でも、奇をてらわない、ちょうどいい味♪

多治見のSさんが仰る通り、ハマる味だと思います♪

 

そして、もう一つのテイスティングの結果は…、 

「こんな味だった…、かもしれない!」

 すなわち、僕にとって、

「かすかに記憶にある」味です♪

 

すするごとに、幼い頃の味の記憶が、少しずつ、少しずつ、つながっていく。

そう、そうだった、この味だった♪

こんな体験、初めて!

 

満足して、完食しました。

ごちそうさまでした~♪

 

そう、今回の旅のテーマは、

「過去の自分の振り返り」。

テーマに相応しい、夕食になりました。

 

もし、昔よく食べた味に、再びふれる機会があったら、是非トライすることをお勧めします。

 

時が経てば店も変わるし、食べる自分も変わる。

 

それでも、食べたら答えは一緒だった♪ってこともあるから、食の道は面白いのです♪