読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

色色なケータイの思い出…

SNS 交友 携帯・スマートフォン 旅行 思い出 オフ会

特別お題「おもいでのケータイ」

 

いろいろなケータイ、買ってきましたね~

 

初めて買ったのは、藍色だったかな?

メタリックな。

スライド式で、常にボタンが出ているのは、良さそうで実は、ポケットに入れて自転車こぐと、ボタンが押されて電話をかけちゃう!?代物でした。

 

次のは赤いケータイ。

キャリアを変え、GPSが付きました♪

地図の道案内は、とんでもない小径を案内して、不安になったり!

でも、ちゃんと着くんですよね。

感動でした♪

 

その次は、オレンジ色のケータイ♪

赤みの橙よりも、もちっと赤めかな?

やたら目立ちます♪

 

でも、実はそれが狙いだったり♪

ケータイは小さいから、色的にはアクセントカラー。

一定の冒険が、許されるのです。

 

それに、目立つ色にしておくと、なくしにくいし発見しやすいしね♪

 

そう、ケータイの“色”は、僕にとっては最重要ポイント、なのですよ!

 

毎日、使うものです。

機能ばかり高くても、色が良くなくっちゃ~!ってわけです。

 

次のケータイが、ガラケー最後。

鮮やかな、黄緑でした。

“山手線”じゃなくて、“都営新宿線カラー!”なんて、言い張ってみたり♪

写真探したけど、ないですね。

よく考えたら、ケータイでケータイなんて、撮らないから…。

 

この頃から、位置情報SNS「ロケタッチ」に参加、少しずつ、交流が広がっていきます。

でも、ガラケーだと、近いところにいる人と「ハイタッチ」が出来なかった。

ついに、スマホデビューとなりました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170310224841j:plain

 

…やっぱり色で選んでるし。。。

 

美しい群青色ですが、裏面なので、あまり日の目を見なかったな…。

この頃はますます「ロケタッチ」に傾倒、オフ会なんかにも参加して、交流はさらに広がりました♪

職場、相棒、リワーク(うつからの職場復帰プログラム)に加わる、交流の第四軸です。

越谷のHさんは別格だから、第五軸かな。

 

「ロケタッチ」期間内だけで、全都道府県に全て“タッチ”したのも、いい思い出です。

 

これまで書いてきたとおり、白・黒のケータイは、ここまで一度も買ったことがありませんでした。

でもここで、初めて「白」を買いました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170310225908j:image

でも、ケースを色つきにしてね♪

 

せっかく色を使うんだから、色が常に手のひらに隠れちゃうんじゃ、もったいない。

これなら本体は白でも、色をまとうことに、なるでしょ♪

 

このケータイになって、交流はさらに広がる!

あちこち旅行したし、いろんな人にも会えた。

自分でオフ会を開催したことも!

 

「ロケタッチ」は終了してしまったけれど、仲間たちの交流は、今も続きます。

「財産」ですね。

 

そして、こちらが今のケータイです。

ゴールド!!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170310225914j:image

 

この色は、前々から欲しかったんです。

お気に入りの、ケータイです♪

 

最初のケータイに比べると、機能も使い勝手も、大いに向上しました。

カメラもデジカメ並みになったし、GPSや乗換案内の存在は、重たい地図や時刻表から解放してくれました。

ニュースも調べ物も、パソコンがなくても十分出来るようになりました。

 

これらは日々の生活に、大きな便利さを与えてくれました。

でも、それと同じくらい、僕に影響を与えたのは…、

 

「ケータイの先にいる人たち」

つまり、多くのフォロワーさんじゃないかって、思います。

 

SNSを通じて仲間になって、挨拶を交わし、コメントをやり合い、オフ会で盛り上がる。

時には行き違いもあるし、けんかもするし、別れることだってある。

 

その経験は大いに僕を鍛え、自信をつけてくれました。

 

それまで、人とのコミュニケーション能力など、全くないと思っていました。

それが今は、自らお楽しみを企画し、オフ会まで開催するまでになった。

 

そんなことが出来るようになったのは、多くのフォロワーさんとの交流があり、支えがあり、励ましがあったから。

感謝の念に、たえません。

 

ケータイは僕にとって、道具であり、辞書であり、地図であり、時刻表であり、…

「心を開く窓」

でもあるのですよ。

 

sponsored by KDDI