読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

左富士…

今日も、東海道

昨日撮り逃がしたものを、ね。

 

江戸から東海道を京へ向かうと、北側にある富士山は、進行方向右側に見えるわけです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312154859j:image

(画面右から左に移動中です)

 

でもですね…

実は、進行方向の左側に、富士山が現れる場所があるんです。

たった、2ヶ所だけ。

 

今回はそれに加え、現代が生んだ「もうひとつの左富士」にもチャレンジ。

計3ヶ所に左富士に、挑戦しました。

 

天気は晴れながら、雲が多めの展開に少々気をもみながら、新幹線で最初の目的地・静岡へ。

いや、正確には目的地ではないな…。

静岡を発車して安倍川を渡ると、列車は大きく左へカーブ。

カメラ、スタンバイ!

 

…なにが起こるのか。

 

東海道新幹線だって、富士山は進行方向右側・山側のE席から見えるものです。

席も、2人掛けでもあるDE席から、埋まっていきます。

 

この区間は、位置的に富士山を通り過ぎています。

ここで大きな左カーブをした結果、列車はほぼ真南へ向かう形になり、通常見えないはずの、進行方向左側・海側のA席の窓後方に、富士山が現れるのです。

 

まさに、「現代が生んだ左富士」でしょ♪

 

でも、行きは上手く行きませんでした。

でも、肉眼では確認したので、行ける!と、すぐに次の掛川で折り返し。

 

今度は設定を調整して…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312220054j:plain

何とか入りました~♪

ごくごく、薄いけど…。

 

撮影した座席は、こちら。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312162516j:image

 

実は、左富士で最初に知ったのは、このスポット。

新幹線の車窓案内の本が、ありましてね。

でも、条件が良くないと、そもそもなかなか見えない。

晴れてもガスってたりね。

安倍川を渡ってからトンネルまで、実は数十秒は見えるチャンスがあるんですが、静岡駅通過の「のぞみ」では、タイミングが取りづらいかも。

一般のスポットと違って、止まっていられないしね(笑)

 

薄かったけど、撮れて嬉しかったですよ♪

 

さて、次に向かったのは、富士市の吉原。

紙の街ですね。

木材と水が豊富だったので、昔から紙すきが盛ん。

今でも富士市の主要産業で、特にトイレットペーパーは、全国の1/3を富士市で生産しているそうですよ。

 

こんな“らしい”お土産も♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312163909j:image

岳南鉄道吉原駅で、売ってました♪

 

今回の3スポットの中では、距離的に一番富士山に近い!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312185422j:image

畏敬の念を抱くの、わかる気がします。

 

で、途中で街道は大きく右カーブ!

右にあった富士山は…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312190649j:image


正面に回り…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312190702j:image

 

左へ!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312190726j:image

 

当時の旅人たちも、面白い!って、思ったことでしょう。

歌川広重が、浮世絵を描いています。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312191229j:image

松の木の間から、富士山。

その松も、残ってましてね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312191509j:image

 

実は神社もあります。

その名も「左富士神社」!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312191817j:image

バス停も「左富士」♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312191859j:image

 

やっぱり、当時の売れっ子絵師・広重に描いてもらったのは、住民はきっと嬉しかったんでしょうね。

街は静かだったけど、そんな思いが伝わってくるような、気がしましたよ♪

 

さて、さらに茅ヶ崎へ移動します。

当時の東海道である、国道1号線を西に。

でも地図を見ると、やや南へ下がっていて、ある地点から切り返すように、大きな右カーブで北西へ!

ここには「千の川」という小さな川が流れていて、「鳥井戸橋」という橋がかかっています。

 

ここが、
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312193511j:image

南湖の左富士。

川のずーっと向こうに、富士山が見えるはずだったんですが…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312210434j:image
残念ながら、空はどこまでも白く…

なので…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170312210607j:image

…これでご勘弁を。。。

 

いつの日か、再訪したいと思います。