読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

ビリジアンの思い出…

色が好きな割には、絵心はない僕です。

図工の時間も、実際に絵を描くよりは、カラフルな絵の具や色鉛筆に喜んだり、絵の具を混ぜて楽しんだり?するのが好きでした。

 

そんな中、ちょっと不思議なことが。

 

絵の具のセットには白も黒もあるし、赤、青、黄色、青、紫と揃っていました。

でもなぜか、「みどり」がない。

 

代わりに入っていたのが、「きみどり」と、この色でした。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109180359j:image

「ビリジアン」

やや青みのかった、緑です。

1859年、フランスで発見された、水酸化クロムを主原料とする顔料に由来します。

 

ビリジアンはラテン語で、意味は「緑の成長」。

そう、よく画題になる植物を描くには、普通の緑よりも、黄緑とビリジアンの組み合わせの方が都合がよいので、絵の具にはこちらがセットされる、と聞いたことがあります。

 

画材会社のHPを見ると、絵の具のセットには今でも、ビリジアンが入っていますね。

www.pentel.co.jp

 

ヨドバシカメラには、ボールペンもあった!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170114111607j:image

今の世、何でもありますね♪