読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

躁鬱のリズム…

今週は気分が、沈みがち。

仕事は回せてるのに、スッキリしない。

自分や周囲に、苛立ったり。

 

鬱の症状かも知れません。

 

躁鬱病なので、ちょっと前までが、軽躁なのでしょう。

長時間残業を繰り返したり、プライベートでも取材と称して、あっちこっち出掛けたり。

 

医者やリワークのスタッフは、

「軽躁を捉えて、ブレーキを」と言いますが、僕はそれは難しいと考えています。

 

躁ほどではないにせよ、ある程度好調な時って、自分が見えにくいことが多い。

調子が悪いと原因を求めますが、調子がいいのに原因は求めないわけです。

それに、軽躁に来た時点で抑えてしまうと、人生に楽しみがなくなってしまいます。

軽躁自体は無害。

むしろ、公私とも充実した時期なのです。

 

なので、軽躁から他へ移る、躁か鬱になるタイミングを、しっかり捉えればいいわけです。

もちろん、軽躁の頃から、自分自身を把握しとかなきゃいけませんがね。

 

軽躁でない躁になると、自信過剰、無謀な買い物、高圧的な態度から、生活や交友関係が破綻してしまいます。

 

双極性障害2型からは、あまりないパターンで、僕もなったことはありませんが、仮になったとしても、自分から気づいて是正するのは、難しいかも。

自分は偉いと信じてますからね。

 

周りの人の方が、変化に気づきやすいのです。

なので本人は、周りの意見に耳を傾ける習慣が、大事なような気がします。

 

一方、鬱になる方向は、自分でもわかります。

調子が悪くなるから。

 

人によって様々だと思いますが、僕の場合は、

「他人や物事、そして自分に対して、“寛容さ”がなくなったとき」

軽躁から鬱に向かっているなと判断しています。

 

ちょっとのことで気に入らなかったり、相手が思うように動いてくれなかったり。

自分自身に対して、イラダチが募ったり。

 

要は、今まで“まいっか…”で済ませられたことが、済ませられなくなったとき。

 

ちょっと考えようか?と思うわけです。

予定を緩めようとか、休養しようとか。

 

ただ、鬱になるのを決定的に避けようとは、あんまり思わないです。

 

軟着陸できればいい。

ドスンと急降下すると、危ないわけです。

 

そしてしばらくして、心身が整ったら、また緩やかに上昇していければ。

 

そんなリズムを描いて、人生を過ごしていければと思っています。