読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

Sneak…

今週のお題「お気に入りのスニーカー」

 

靴箱を引っかき回してみたんですが、スニーカーって持ってないんですよね。

 

定義は「ゴム底の運動靴」

それらしきものはあるんだけど、巨匠(母)に見せると、

 

「違うねぇ…」

 

違うんでしょう…。

多分…。

 

こう言うときは、変化球!!

スニーカーの語源、「Sneak」だったら、聞き覚えがあります。

アメリカンフットボールの戦術にあるんです。

「スニーク」って。

 

「スニーク」の意味は、「忍び寄る」

通常、セットされたボールを、「センター」と呼ばれる選手が、後ろのクォーターバックに渡し(スナップ)ます。

 

しかし、次のプレイであともう1ヤードが欲しいような場面、クォーターバックが直接ボールを持ち、そのまま前進することがあります。

クォーターバック・スニーク」とも言います。

 

守備側としては、通常は相手が一度下がってから突っ込んでくるところを、いきなり、しかもクォーターバックが突っ込んでくるので面食らい、ほとんどの場合、ヤードを許してしまうのです。

 

ボールを持つクォーターバックの体勢が低くなりがちで、また相手がいずれは感づくプレーなので、長いヤードを稼ぐプレイではありません。

もちろん、極めて危険なプレーです。

 

でも、本当にここぞと言うときに、司令塔のクォーターバックが身の危険を犯し、ホント飛び込むように、1ヤードを取りに行く。

 

「忍び寄る」語源とは裏腹に、とても激しい、ダイナミックなプレーなんですよ!