読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

決断力…

鬱っぽいです。

 

先週か、もう一週前からか?

何もかも億劫で、意欲がわきません。

本当は寝てたいけど、そうもいかないので。

公私とも、騙し騙しです。

頓服、使いながら…。

 

大きなきっかけは、ありません。

悪く言えば、原因不明!

 

まぁ、2月3月の公私の疲れもあるだろうし、最近ふってわいたような、ストレスの溜まる仕事も、影響があるでしょう。

 

朝悪くて、夕方は幾分回復するのも、鬱の特徴です。

時々、夜になっても回復しない点も、そうですが…。

 

もう一つ、特徴が。

「決断力」が、なくなります。

 

自分に、自信がなくなるから。

 

今日は外食なのに、店一つ決められず。

ちょっとでも混んでると、「自分が入ると、迷惑?」なんて、思ってしまいます。

逆に客がいないと「僕が入ったら、仕事増やす?」なんてね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414192402j:image

こちらでも、結局メニューを決められず、入れませんでした。

店が出したいメニューと合わなかったら!?

なんて考えるのは、まあ鬱の骨頂?ですね。

仕方ないです。

しばらくして、やり過ごすまでは。

 

でも、こんな時は無理に決めない方が、いいんですよ。

夕食ぐらいだったらいいけど、もっと大きなことは、特に。

離婚や離職、退学、転居、…

 

こんなことを、すぐに決めなければならない!となると、どうしても悲観的な考え方で、無理やり決めてしまいます。

決して、正しいとは言えない決断を。

 

でも、鬱だろうが何だろうが、決めれば「決定」です。

 

鬱だって治療すれば好転するし、そもそもずっと落ち込み続けてる方が、稀です。

落ち込むにも、体力が要るから。

 

鬱が和らいでくると、鬱の時に決めてしまった決断を「あの時、何で…?」って思うことは、よくあるのです。

 

あの時…

僕も会社を、辞めました。

状況的に、間違いとは思わないにしても、その後延べ7年以上浪人することになるわけで、後悔がなかったとは、言い切れません。

 

でもほとんどの場合、「あの時の決断」は、取り消せないのです。

 

だから…

 

特に周りの方は、気をつけてあげてほしい。

なだめてすかして、決めないように。

 

「先送り」が、最良の選択であることも、時にはあるんですよ。

 

僕も今は、そうありたいと思う。

“経験者”として。

 

ちなみに…

メニューを決められずに帰宅したら…

こんな料理が待ち構えていました~♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414205604j:image

 

決めなくて、よかったかも知れません♪