読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

弓…

今週のお題「部活動」

 

中学、高校と、弓道部にいました。

この写真は、高校生の頃ですね。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170421233617j:plain

 

鹿児島は武道が盛んで。

弓道も、他県よりもレベルが高かったそうです。

 

でも、僕のレベルは低かった。

中学の時は、ついに10射中5本当てることも、一度もなく。

高校でも、皆中(10射全て当てること)を達成することは、一度もありませんでした。

それどころか、引き方や放し方が悪いと、弦が波打つような放れになって、しばしば弦が左腕に当たる!!

これが、ものすごく痛いんです…。

 

特に中学時代は、しょっちゅうコールドスプレーのお世話になりました…。

 

弓道って、もちろん狙う場所ってのがあるし、手首が曲がったらいけないとか、引き切ってからすぐに放してはいけないとか、色々あるんですが、一番の基本は、

「力を入れないこと」

余計な力が入っていると、どうしてもブレが大きくなるんです。

 

弦を引くときも、決して弦を握って、力任せに引いてはいけない。

全身を使って、骨を使って、大きく引かなければなりません。

 

弓道の教本の一番最初に書いてあるのは、たしか、

「弓を射ずして骨を射るこそ、最も肝要なり」

だったと思います。

 

弓道をやる者なら、大体感覚でわかるんですけど、なかなか実行できない、会得できない点でもあるのです。

 

弓道では、当たらない原因を、自らに求めます。

相手のいない競技なので、自分に求めるしかありません。

度が過ぎると、過度に自分を追い詰めることになります。

 

うつ病には、よくなかった?

 

ただ、今なら、また再開してもいいかな?なんて思います。

弓を引き絞っている数秒間に、独特の雰囲気があるのです。

多分、他では味わえないような、ちょっと説明のつかない、不思議な感覚です。

 

この感覚がよくないと、たいてい外れます。

感覚ばっかりよくても、当たるとは限らないですけどね。

 

精神のいろんな修養には、なると思います。