読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

人形浄瑠璃…

人形浄瑠璃「淡路人形座」が、草加にやってきました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520165407j:image

国の重要無形民俗文化財です。

 

そもそも浄瑠璃は見たこと(聞いたこと)がなくて。

 

浄瑠璃は、琵琶とか三味線とかを伴奏に、太夫が詠々と語るもの。

戦国時代、「浄瑠璃物語」というお話に、当時成立した三味線を伴奏に、節を付けて語ったのが起源らしいです。

 

義太夫は、竹本義太夫が広めた、浄瑠璃の一派。

 

人形を使って劇仕立てにしたのが、人形浄瑠璃で、淡路人形座も人形浄瑠璃

淡路人形座は、創成期から演じられてる人形浄瑠璃で、500年以上の歴史があるそうです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520165445j:image

 

開演です。

まずは「式三番叟」

おめでたい舞ですね。

これを人形で行います。

 

なかなか、しなやかな動きをしますね。

 

ここで、人形浄瑠璃の学習コーナー。

 

人形浄瑠璃は、

 語るのは、太夫!

 演じるのは、人形!

 伴奏は、三味線!

という、シンプルな構成。

でも、太夫はすべての登場人物を、一人で語り分けなければならず、三味線もたった三線の三味線で、場の雰囲気を作ったり、合いの手を入れたり。

 

シンプルなだけに、大変難しい芸能です。

 

最も難しく、花形でもある人形遣いは、最大3人で演じますが、ちょっとした手の仕草だったり、首の傾げ方だったりで、本当に人形が生きているように見える!

 

実はまさかの体験コーナー開催!

選ばれた人は悪戦苦闘で、会場大爆笑!!

ちょっと気を抜くと、とたんに人形は、人間じゃない仕草になっちゃいます。

「足遣い」を2回こなした男の子、頑張っていましたよ~♪

 

 そして演目「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」

白狐が天竺で悪さして追われ、唐土で悪さして追われ、日本に。

 物語が始まります。

 

物思いに耽る姫の前に、突如現れた白狐!

矢のような速さで、姫の急所に噛みつく!!

まさにそれは動物の速さ。

人間ではとても出来ない、人形ならではの業ですね。

 

その後も、姫に化けた狐が、一瞬だけ本性を現したり、やられた狐が天高く飛んでったり。

人形を生かした迫真の演技に、僕も観客も大興奮です!

 

後半は白狐の七変化。

一瞬で人形を取り替え、人形遣いまでも衣装替える、何たる早業!

しかも、人形によって仕草を変え声色を変えて演じ分ける、太夫と三味線、そして人形遣いには脱帽です!

 

大変楽しく、興味深い芸能でしたよ♪

 

いやぁ~もっともっと、日本の伝統芸能を見なきゃいけませんね。

日本人が、見なきゃいけない。

理論まで行かなくったって、せめて感想ぐらいは言えるようにしないと、日本人としてもったいない、と思いました。

 

一座は遠方・淡路から。

こんなおみやげを♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520202029j:image

 

玉ねぎが特産なんだそうです。

玉ねぎをたっぷり使った、カレー!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520202416j:image

(客席では食べられません)

 

玉ねぎがまろやかな、美味しいカレーでしたよ♪