読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

Sneak…

お題 趣味

今週のお題「お気に入りのスニーカー」

 

靴箱を引っかき回してみたんですが、スニーカーって持ってないんですよね。

 

定義は「ゴム底の運動靴」

それらしきものはあるんだけど、巨匠(母)に見せると、

 

「違うねぇ…」

 

違うんでしょう…。

多分…。

 

こう言うときは、変化球!!

スニーカーの語源、「Sneak」だったら、聞き覚えがあります。

アメリカンフットボールの戦術にあるんです。

「スニーク」って。

 

「スニーク」の意味は、「忍び寄る」

通常、セットされたボールを、「センター」と呼ばれる選手が、後ろのクォーターバックに渡し(スナップ)ます。

 

しかし、次のプレイであともう1ヤードが欲しいような場面、クォーターバックが直接ボールを持ち、そのまま前進することがあります。

クォーターバック・スニーク」とも言います。

 

守備側としては、通常は相手が一度下がってから突っ込んでくるところを、いきなり、しかもクォーターバックが突っ込んでくるので面食らい、ほとんどの場合、ヤードを許してしまうのです。

 

ボールを持つクォーターバックの体勢が低くなりがちで、また相手がいずれは感づくプレーなので、長いヤードを稼ぐプレイではありません。

もちろん、極めて危険なプレーです。

 

でも、本当にここぞと言うときに、司令塔のクォーターバックが身の危険を犯し、ホント飛び込むように、1ヤードを取りに行く。

 

「忍び寄る」語源とは裏腹に、とても激しい、ダイナミックなプレーなんですよ!

旧小石川区の思い出…

思い出 神社仏閣 趣味 季節

文京区に入ります。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

区名は公募で。

東京大学などの教育機関や、出版社などが多く、「文の京(みやこ)」からだそうです。

 

そのうち、西側が旧小石川区

小日向、水道などが含まれますが、結構隣の本郷区や豊島区と入り組んでて。

駅で言うと、丸ノ内線新大塚駅茗荷谷駅有楽町線護国寺駅江戸川橋駅三田線千石駅といったところが、旧小石川区に含まれるそうです。

 

「文京区の思い出」では、東京ドームと小石川植物園を扱っていますので、それ以外のところから。

 

随分前に訪れた、護国寺

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170205035918j:plain

徳川綱吉の母、桂昌院の願いから、建立されました。

近年では尾崎豊の会葬がここで行われ、ファンが殺到したそうです。

 

茗荷谷駅にも、降りてみました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170205040343j:image

実際に茗荷を、作っていたそうですよ。

車内に忘れ物の申告が多いかどうかは、知りません…。

 

少し進むと、こちら。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170205040735j:image
拓殖大学

箱根駅伝」では、有名な大学ですね。

 

たまたま取材日は、入試の日!

警備員が出て、ガードしてました。

 

さらに行った深光寺には、滝沢馬琴の墓があります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170205040747j:image

代表作はもちろん、「南総里見八犬伝

全98巻の大作だそうです。

犬の話かと思ったら、違うんですね。

安房里見家の姫と、関八州に生まれた、名前に「犬」の字を持つ若者たちが織りなす、長編伝奇小説だそうです。

 

茗荷谷と言えば、鉄道ファンにはお馴染みの施設。

東京メトロ丸ノ内線 小石川車両基地
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170205040811j:image

たまたま車両が、いてくれました♪

23区内に基地を造るに当たり、調査したところ、茗荷谷が適当だとされて、ここにできたそうです。

でも結局容量が足らなくなり、後楽園駅に引上線を造ったり、中野富士見町にも基地を造ったりするんですが。

 

 次は14・旧本郷区(文京)です

 

 

前の区は、こちら

12・旧京橋区(中央)

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

 

 

松本市と長野県の思い出・2…

思い出 名所迷所 自分 鉄道 お酒

入学した信州大学は、典型的なたこ足大学です。

県内各地の師範学校などが、合併して出来たからです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170314014336j:image

 

本部は長野市ではなく、松本市にあります。

教養部はここにあり、1年生の時は、全員松本で過ごします。

2年生からは、工学部と教育学部は長野(キャンパスは別々にあります)、繊維学部は上田、農学部は伊那(南箕輪村)に移ります。

なので、松本の学生向け物件は、入れ替わりが激しいのです。

 

有名なのは、松本の医学部、経済学部、上田の繊維学部かな?

信大の医学部はレベルが高く、早くから生体肝移植を成功させていることで知られます。

学生も、医学部生は別格だったな。

サークルも、医学部生は独自にやっていることが多かったようです。

 

経済学部はAO入試の走りだったり、ノートパソコンの使用が早かったり。

繊維学部は現在、信大だけ。

養蚕学校の上田蚕糸専門学校が母体ですが、近年は樹脂などの素材研究に力を入れています。

 

農学部は伊那ですが、試験は松本で受けることがあり、よく利用された快速「みすず」号を、試験列車なんて言ったりしたそうです。

 

工学部は呑兵衛が多かったとの噂。

同じ長野でも、女子が多い教育学部とは、好対照だったとか。

 

人文学部と理学部は、あまり特徴がないみたい。

でも、理学部は宇宙線の研究に力を入れていて、研究所を各地に持っています。

 

今、ページを見たら、実験系を見てくれた、当時のM講師とK助手が、教授と准教授になられているようで。

お元気なんですね♪

 

ここで4年間(実は5年間)学ぶことになるんですが…

最初の一年で、「物理は向いてないな…」って悟っちゃったような…。

むしろ、一人暮らしの自由さを、謳歌することになるのです。

(だから卒業に5年かかるわけですが…)

 

次の思い出は、執筆中!

 

前の思い出は、こちら
kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

躁鬱のリズム…

交友 自分 人生 仕事

今週は気分が、沈みがち。

仕事は回せてるのに、スッキリしない。

自分や周囲に、苛立ったり。

 

鬱の症状かも知れません。

 

躁鬱病なので、ちょっと前までが、軽躁なのでしょう。

長時間残業を繰り返したり、プライベートでも取材と称して、あっちこっち出掛けたり。

 

医者やリワークのスタッフは、

「軽躁を捉えて、ブレーキを」と言いますが、僕はそれは難しいと考えています。

 

躁ほどではないにせよ、ある程度好調な時って、自分が見えにくいことが多い。

調子が悪いと原因を求めますが、調子がいいのに原因は求めないわけです。

それに、軽躁に来た時点で抑えてしまうと、人生に楽しみがなくなってしまいます。

軽躁自体は無害。

むしろ、公私とも充実した時期なのです。

 

なので、軽躁から他へ移る、躁か鬱になるタイミングを、しっかり捉えればいいわけです。

もちろん、軽躁の頃から、自分自身を把握しとかなきゃいけませんがね。

 

軽躁でない躁になると、自信過剰、無謀な買い物、高圧的な態度から、生活や交友関係が破綻してしまいます。

 

双極性障害2型からは、あまりないパターンで、僕もなったことはありませんが、仮になったとしても、自分から気づいて是正するのは、難しいかも。

自分は偉いと信じてますからね。

 

周りの人の方が、変化に気づきやすいのです。

なので本人は、周りの意見に耳を傾ける習慣が、大事なような気がします。

 

一方、鬱になる方向は、自分でもわかります。

調子が悪くなるから。

 

人によって様々だと思いますが、僕の場合は、

「他人や物事、そして自分に対して、“寛容さ”がなくなったとき」

軽躁から鬱に向かっているなと判断しています。

 

ちょっとのことで気に入らなかったり、相手が思うように動いてくれなかったり。

自分自身に対して、イラダチが募ったり。

 

要は、今まで“まいっか…”で済ませられたことが、済ませられなくなったとき。

 

ちょっと考えようか?と思うわけです。

予定を緩めようとか、休養しようとか。

 

ただ、鬱になるのを決定的に避けようとは、あんまり思わないです。

 

軟着陸できればいい。

ドスンと急降下すると、危ないわけです。

 

そしてしばらくして、心身が整ったら、また緩やかに上昇していければ。

 

そんなリズムを描いて、人生を過ごしていければと思っています。

ビリジアンの思い出…

思い出 自分 名品珍品

色が好きな割には、絵心はない僕です。

図工の時間も、実際に絵を描くよりは、カラフルな絵の具や色鉛筆に喜んだり、絵の具を混ぜて楽しんだり?するのが好きでした。

 

そんな中、ちょっと不思議なことが。

 

絵の具のセットには白も黒もあるし、赤、青、黄色、青、紫と揃っていました。

でもなぜか、「みどり」がない。

 

代わりに入っていたのが、「きみどり」と、この色でした。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109180359j:image

「ビリジアン」

やや青みのかった、緑です。

1859年、フランスで発見された、水酸化クロムを主原料とする顔料に由来します。

 

ビリジアンはラテン語で、意味は「緑の成長」。

そう、よく画題になる植物を描くには、普通の緑よりも、黄緑とビリジアンの組み合わせの方が都合がよいので、絵の具にはこちらがセットされる、と聞いたことがあります。

 

画材会社のHPを見ると、絵の具のセットには今でも、ビリジアンが入っていますね。

www.pentel.co.jp

 

ヨドバシカメラには、ボールペンもあった!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170114111607j:image

今の世、何でもありますね♪

誇れるスポット…

お出かけ お酒 グルメ ラーメン 地元 名所迷所 名品珍品 地域 神社仏閣 自分 自然 自転車 草加 越谷 趣味 仕事

今日予定していた出勤は、昨日のうちに片付けたので、今日はゆっくり。

自転車でポタリングに出かけました。

 

行き先は北へ。

越谷!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000646j:image

 

日光街道を行きます。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000718j:image

雪柳がきれいな季節になりましたね~

好きな花です。

 

不動橋ではカヌーをやってる人が!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000739j:image
 水も、緩んだかな?

 

で、着いたのはこちら。

大相模不動尊 大聖寺
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000758j:image

ここで、約1年半お世話になった、御朱印帳の最後の頁に、御朱印を頂きました。

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000822j:image
びんずるさまをなでるのは、決まっています。

痛む膝と、酷使する眼と、「トン」の腹!

 

で、ここに来たら寄るべき処!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000902j:image 

虹だんご。

ここの団子、特に生醤油が美味しい!

醤油のいい香りが、食欲をそそります。

 

でもね、生地自体がむちゃくちゃ美味いんですよね~♪

きめが細かくて、上等です。

 

でも残念、この子たちには会えなかった!

以前撮った写真です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170320230505j:plain

 

確か、近所の飼い猫だったかな?

でも「お客さんがみんな可愛がるから(店主の方)」、よく遊びに来ます。

 

枕にされたり♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170320230611j:plain

 

かわいいもんです♪

 

さらに自転車を進めて、こちら。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321000941j:image
久伊豆神社

越谷にあり、八方除けの御利益がある神社です。

僕も家族も、お祓いを受けたことがあります。

 

ちなみに、当地には同じ名前の神社がいくつかあります。

「久伊豆=クイズ」から、「クイズの神様」として有名になったのは、岩槻の久伊豆神社だそうで。

多分、ここにもお詣りに来るでしょうけどね。

 

神社の一角には、神霊水が汲み出されている場所があります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001007j:image
やや温かみのある水で、汲みに来る人が後を絶ちません。

 

ここで、3冊目の御朱印帳を入手しました。

これで、越谷での目的は達成。

南下して、草加に戻ります。

途中でナビを無視して、こんなスポットに。

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001022j:image

ミラクルキターーーーーーー!!

珍名交差点です。

 

実は近くに「越谷市科学技術体験センター」という施設がありまして。

愛称が「ミラクル」

その北だから、「ミラクル北交差点」ですが…、

ウケ狙って、付けたでしょ!?

 

ちなみに最近は、あえて赤信号で撮影することにしています。

ミラクルを止めて、僕がしっかり受け止められるようにね!

 

そして、着いた先は…

(過去の写真です)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170320233552j:plain

草加健康センター

通称「草津の湯」

湯畑から液体のまま持ってくるらしい!草津の湯が味わえるほか、薬湯や炭酸風呂も人気です。

さすがに風呂を撮るわけにはいかないので、リンクから…

www.yunoizumi.com

 

温泉って、癒やされますよね。

服から解放された体を湯船に浸けると、肉も皮膚も血管も弛緩して、気分もゆったり♪

その解放感が、いいんです。

 

ここ数ヶ月、忙しくて終電が続いたり、人が減ってハードな仕事が回ってきたりで、かなり疲れがたまってきています。

でも、ゆっくりお風呂に浸かると、気も体もリフレッシュ!

温泉の力は、偉大だと思いますよ。

 

そして、ここは料理も自慢の一つ。

昔からの看板メニュー・本まぐろが売り切れだったのは残念ですが、代わりに春野菜の天ぷらを。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001144j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001135j:image 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001202j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001219j:image

こごみに、ふきのとう、そしてタラの芽♪

タラの芽の天ぷらは、昔、松本の厳しい冬に終わりを告げるメニュー。

懐かしい味です♪


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001242j:image
ラーメンのレベルも、かなり高い!

塩ラーメンは沖縄の粟国の塩を使用!

まろやかスープに非の打ち所なし!

 

飲み物はこんなオリジナルメニューも

「健康サワー」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001318j:image

栄養ドリンクの酎ハイだそうです。

 

こんなエピソードも、載せときましょうか。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

ごちそうさまでした~♪

 

最近こちらはリニューアルしましてね。

全体的に、モダンさと清潔感が増しましたね。

あと、休憩所のリクライニングソファーには、一人1台のテレビ付きに!

居心地よくなりましたね~♪

 

酔いも覚めたところで、2回目の風呂。

時間は7時過ぎで、炭酸風呂に長時間(15分ぐらい)浸かり、薬湯も浸かると、もう8時前。

係員さんが、おもむろにポンプ室に出入りすると…

これも、写真には撮れないのが残念ですが…

 

草津の露天風呂の給水口から、何やら黄色い液体が!

故障じゃないんですよ!

 

実はこれ、草津の原液。

日に何回か、直接湯船に注入されるんです。

しかも、うち5回は液量増量!

1分ぐらいは出続けてましたね。

 

まだ黄色い湯船に、もう一度入ってみました。

やっぱり香りが増しますね♪

温泉はこうでなくっちゃ!ってわけです。

 

そろそろ、帰ろうかな?

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170321001550j:image

 

いい社寺、いい湯、いい食事で、心身ともすっかりリフレッシュできました。

行ったのは草加と越谷だけだけど、この3スポットは両市が誇る名スポット、と言っても過言ではないと思いますよ!

時間効率…

お出かけ 仕事

実は今日も、取材を予定してたんですが…

 

一時間、寝過ごし。

夕べ、3時まで起きてちゃ、いけないよね…。

 

まぁ、あらかじめきっぷ買ってあったわけじゃなし、そのまま布団へ逆戻り。

 

今年入ってから、仕事で毎日終電の時期があったり、プライベートでもあちこち出かけてたり。

疲れ、たまってるのかも。

 

たまには、こういう日があって、いいよね。

まったり♪

高校野球なんぞ見ながら。

 

それでも、午後には出掛けようと思ってたんですが、何をどう誤ったか、家族の留守番をすることに。

 

「すぐ帰るから…」なんて言ってた割には、帰ってきたのは4時前!

 

もうどこにも行けないじゃん…

 

いや、1ヶ所だけあった!

行くべきところが!!

 

「会社」

 

実は、休み明けの始業直後に会議があるのに、支店長が忙しくって、土曜日でないと資料が揃わない、と。

金曜日に印刷出来なかったので、選択としては、休み明けに早出か、休出の2つ。

 

休出は(寝坊の?)リスクが高いので、休出を選択、明日出勤を予定してました。

 でも…、

 

「これ、今日行っちゃえばよくね?」

 どーせ他には行けないんだし!

 というわけで、善は急げ!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170319204827j:image

本当はちょちょいと印刷して、20分で帰るつもりだったのに、プログラムに不具合があった!

結局、修復に2時間…。 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170319205542j:image

 

でも、いいんです。

今日は他に予定、ないから…。

 

もし、当日早出を選択していたら、とても時間が足らなかったはず。

明日行ったとしても、予定が大きく狂うところでした。

 

結果的には、最良の選択だったかな?

効率よい時間の使い方でね♪

 

大いに、焦ったけど。

 

予定は一つ消えたし、明日は草加の温泉で 、ゆっくりしようかな♪