読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

上野山下町・「黄金餅」の思い出・2…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

上野山下町。

山下とは「東叡山の下」の意味になります。

「東叡山」とは、寛永寺の山号。

場所としてはまさしく上野駅と、その駅前になります。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516214100j:image
 

あゝ上野駅…、って呟いたら、ホントにあるのね!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516214239j:image

不忍口付近に、歌碑があります。

“現代の唄歌い”が御前でライブ中で、上手く撮れなかったけど。

 

上野駅と言えば、集団就職の着地にして、大都会の入口・故郷への出口。

期待と不安を胸に抱いた、彼らの心情を、この唄はよく表していますね。

 

と言うわけで、上野駅にやってきました。

まずは、その山下口。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516214652j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516214502j:image
小さいけれど、こじゃれてますね。

 

大きな中央口は、いつも人でいっぱい!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516214748j:image

 

こちらは浅草口。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516215238j:image

昔は上野駅で、近間の客に長距離列車に乗る客も加わって、ずいぶん並んだもんです。

まずきっぷ買うために、並ばなきゃいけませんでしたしね。

そんなごった返す構内で、こんなアナウンスが流れたものです。

 

「比較的空いている『浅草口』へ、お回りください!」

 

西側の公園口は狭いけど、上野公園や文化施設に近いです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170517011458j:image

 

臨時口?パンダ対策??
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170517011535j:image

 

こちらも、パンダ!!

上がって入谷口の近く。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516220123j:image

巨大なジャイアントパンダ!!

ただ、メジャーな場所からは離れてるので、ここを待ち合わせ場所にすると、かえって迷う?!

 

定番の待ち合わせスポットは、こちら

中央改札前「翼の像」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170517010242j:image

このあとは、抱擁!?

こんな歓迎、されてみたい?

 

新幹線への通路には…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170517082048j:image

ガチャポン、勢揃い!!

集めたいけど、高いんだよな~

 

こんな飾りも、ありました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170517081823j:image

動物大集合!

公園口の、近くかな?

 

最後に、こんな句碑。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170516215020j:image

お国訛りを懐かしむ、石川啄木の歌です。

 

先も書いたように、東北上越常磐信州の人にとって、上野駅は故郷をつなぐ駅。

すでに戦前、明治から、故郷が感じられる駅だったのでしょう。

 

ほぼ通過駅となった、今でも…。

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「三枚橋から…」

 

振り返って「下谷の山崎町を出まして…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

かつての強さ、彷彿…

(敬称略)

今日はメットライフドームで、ホークス戦観戦♪

埼玉西武ライオンズ戦です。

 

今のパ・リーグ楽天が少し抜けてて、ロッテはやっと二桁勝った、って状況。

ホークス、ライオンズ、バファローズ、ファイターズは、多少バラツキはあるものの、ほぼ団子状態。

2位グループです。

 

今日は、試合から行きますか。

 

先発・寺原はアップアップの上、炭谷銀仁朗に危険球退場!

すでに4点取られており、今日はダメかな~と。

 

ところが!

6回、上林のヒットから、ヒット4本うち3本タイムリーで、5点取ってまさかの逆転!!

ビジター・一塁側、沸き立つ!

 

でも実はですね…

西武の野手陣の肩と、無駄のない守備で、2塁ランナーが帰ってこれない場面がありまして。

この辺が、西武は強いチームだな、と。

結果的に1点か2点、防がれているかもしれません。

 

しかもその裏、さぁ締まって行こう!って矢先に!

源田に右中間スリーベース
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170521174025j:image

 

すぐに同点にするあたり、やはり強いチームですね。

 

終盤で同点だと、一発で決まるのは、よくある話。

その一発は、西武に出ました。

炭谷銀仁朗

先ほどの危険球のお返しの一発!!

 

このあと、松田に同点アーチ、そして栗山にサヨナラアーチが飛び出して、試合は西武勝利で幕を下ろすんですが、銀仁朗のホームランのダメージは、大きかった。

今日は負けたな、って思いました。

 

緊迫した場面で、中軸でなくても大きいのが打てる。

無敵の強さが、戻りつつありますね。

 

まぁ、抑えの増田に一発をかまして、“悔しい”勝ち星を与えた松田も、役者ですが。

 

栗山の当たりは、スタンド最前列。

ヤフオクならライトフライかも(今はホームランテラスか?)。

いや、負け惜しみじゃなくてですね…。

ただ振り回すことなく、球場に合った打撃ができるのも、ベテラン・栗山の力だと思います。

 

ホームでも、あるしね。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170521181402j:image

 

去年あたりは失礼ながら、黄金時代を見る影もなかった西武。

今年はスコアボードに、知らない名前が並ぶものの、さすが、実力をつけてポジションを勝ち取っていますね。

 

今年のパ・リーグ、面白くなってきましたよ!

 

 

 

でも…

負けるとやっぱり、クヤシ~イ!のでありました。。。

人形浄瑠璃…

人形浄瑠璃「淡路人形座」が、草加にやってきました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520165407j:image

国の重要無形民俗文化財です。

 

そもそも浄瑠璃は見たこと(聞いたこと)がなくて。

 

浄瑠璃は、琵琶とか三味線とかを伴奏に、太夫が詠々と語るもの。

戦国時代、「浄瑠璃物語」というお話に、当時成立した三味線を伴奏に、節を付けて語ったのが起源らしいです。

 

義太夫は、竹本義太夫が広めた、浄瑠璃の一派。

 

人形を使って劇仕立てにしたのが、人形浄瑠璃で、淡路人形座も人形浄瑠璃

淡路人形座は、創成期から演じられてる人形浄瑠璃で、500年以上の歴史があるそうです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520165445j:image

 

開演です。

まずは「式三番叟」

おめでたい舞ですね。

これを人形で行います。

 

なかなか、しなやかな動きをしますね。

 

ここで、人形浄瑠璃の学習コーナー。

 

人形浄瑠璃は、

 語るのは、太夫!

 演じるのは、人形!

 伴奏は、三味線!

という、シンプルな構成。

でも、太夫はすべての登場人物を、一人で語り分けなければならず、三味線もたった三線の三味線で、場の雰囲気を作ったり、合いの手を入れたり。

 

シンプルなだけに、大変難しい芸能です。

 

最も難しく、花形でもある人形遣いは、最大3人で演じますが、ちょっとした手の仕草だったり、首の傾げ方だったりで、本当に人形が生きているように見える!

 

実はまさかの体験コーナー開催!

選ばれた人は悪戦苦闘で、会場大爆笑!!

ちょっと気を抜くと、とたんに人形は、人間じゃない仕草になっちゃいます。

「足遣い」を2回こなした男の子、頑張っていましたよ~♪

 

 そして演目「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」

白狐が天竺で悪さして追われ、唐土で悪さして追われ、日本に。

 物語が始まります。

 

物思いに耽る姫の前に、突如現れた白狐!

矢のような速さで、姫の急所に噛みつく!!

まさにそれは動物の速さ。

人間ではとても出来ない、人形ならではの業ですね。

 

その後も、姫に化けた狐が、一瞬だけ本性を現したり、やられた狐が天高く飛んでったり。

人形を生かした迫真の演技に、僕も観客も大興奮です!

 

後半は白狐の七変化。

一瞬で人形を取り替え、人形遣いまでも衣装替える、何たる早業!

しかも、人形によって仕草を変え声色を変えて演じ分ける、太夫と三味線、そして人形遣いには脱帽です!

 

大変楽しく、興味深い芸能でしたよ♪

 

いやぁ~もっともっと、日本の伝統芸能を見なきゃいけませんね。

日本人が、見なきゃいけない。

理論まで行かなくったって、せめて感想ぐらいは言えるようにしないと、日本人としてもったいない、と思いました。

 

一座は遠方・淡路から。

こんなおみやげを♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520202029j:image

 

玉ねぎが特産なんだそうです。

玉ねぎをたっぷり使った、カレー!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170520202416j:image

(客席では食べられません)

 

玉ねぎがまろやかな、美味しいカレーでしたよ♪

ベビースター…

今週のお題「おやつ」

 

甘いものではないんですが…。

小腹が空いたときに、つい、パリパリポリポリ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170519185943j:image

ベビースターラーメン」!

 1959年からの、ロンクゼラーです。

チキンラーメン」発売開始が、1958年。

ホント、古くからのお菓子ですよね♪

 

「ラーメン」なんで、“ラーメン”って付けたけど、間違ってお湯などかけないよう、

「そのままたべてくださいね」って、書いてあったっけな。

 

「株式会社おやつカンパニー

当時は「松田食品株式会社」でした。

(創業時は有限会社)

ベビースターも当時の主力、乾麺の即席麺から出たくず麺を味付けして、社員のおやつにしたのがきっかけとか。

 

くず麺に味を付けた方!

それを売ろうと思った方!

 

会社は200億円近くを売り上げる、立派な会社になりましたよ!

 

 

そういえば、チャイナ服の坊や、いつの間にいなくなりましたよね。

 

実は、2代目「ベイちゃん」は、昨年ももって引退。

今は3代目「ホシオくん」だそうです。

 

記念してか?初代が復刻されてますね。

「ベビーちゃん」となっていますが、当初は名前はなかったそうです。

 

こんな、バリエーションも。

オリジナルのベビーちゃんに…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170519201610j:image

80年代バブリーOL風(左)に、現代カリスマモデル風(右)!

ベビーちゃんも時代とともに、成長を… … !!

 

「ベビーちゃんって、“女の子”だったのね…」

 

失礼しました…。

下谷山崎町・「黄金餅」の思い出・1…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

…とは言え、最初の山崎町ぐらい、ある程度はそれらしいところを。

当時の山崎町は、現在の東上野4丁目、台東区役所の裏辺りだそうです。

 

台東区役所

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514203709j:plain

上野に浅草を抱える台東区

ビルは立派ですね。

 

近くにはこんな施設も。

東京メトロ上野検車区

ちょうどカンカン鳴ってて、銀座線の電車が渡り終えたところでした。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514204843j:image

 

銀座線の電車には、パンタグラフがありません。

代わりに、第三軌条という低い位置のレールを使って、直流600Vを給電します。

地下はそれでいいんですが、地上に出てくる場所では、人や車が触ったりすると大変!!


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514205011j:image

このように、検車区及び反対の線路を封鎖して、人などが入れないようにします。

 

既に引退した01系を中央に、通常車とレトロ車が揃いましたね。 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514205021j:image

 

下谷ですから、下谷神社にも触れておきましょうか。

ビルに食い込まんばかりの、大きな鳥居です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514205751j:image

 

下谷(したや)は、台地だった上野に対していう言葉で、寛永寺の東側一帯を指した言葉だそうです。

下谷神社は、都内最古の稲荷神社だそうですよ。

 

本殿も立派です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514205113j:image

こちらは摂社「隆栄稲荷神社」への鳥居。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170514211210j:image

隆栄なんて、縁起のいい名前ですね♪

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「あれから上野の山下町へ出て…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

振り返って…

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

旧荏原区の思い出…

品川区に入ります。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

現在も存在する品川区ですが、70年前の1947年、合併して現在の区域になりました。

その時編入されたのが、旧荏原区です。

現・品川区の、西側ですね。

 

“荏原”と聞いてピンと来ないのは、多分JRの駅が、ないからでしょう。

でも、東急の駅はたくさんありまして。

 

目黒線(旧目黒蒲田電鉄目蒲線)の武蔵小山、西小山

大井町線(旧目黒蒲田電鉄大井町線)の下神明から旗の台

池上線(旧池上電気鉄道本線)の戸越銀座から旗の台

 ※ 駅名は現在のものです。

 

後に開通した、都営地下鉄浅草線戸越駅を加えると、10駅。

戦前でも、9つの駅が存在したことになります。

 

実は戦前から、結構栄えた街だったんだそうです。

第二京浜が通ることもあって、工業も盛んで。

そんなこともあってか、空襲では重点的に狙われ、焼け野原に。

隣の品川区と、合併することになりました。

 

新幹線で品川を出ると、この駅と交差しますね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414021152j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414021133j:image

下神明駅

狭いので、撮るのはなかなか大変!

ただ、どちらも高頻度運転なので、「クロス!」の場面は結構多いと思います。

 

近くにある施設 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414022707j:image 

「荏原第五地域センター」に、荏原の名が残ります。

 

駅名も、ありますね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414022738j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414022910j:image

「荏原」とは、「荏胡麻(えごま)の茂る原」からだそうです。

 

旗の台で乗り換えて、戸越銀座駅
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074350j:image

ここの商店街は、有名です。

活気がありますね♪

 

端から端まで歩きましたが、かなり長い!!


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074442j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074459j:image

 

マスコットは、猫全盛!?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074603j:image


店の種類も食品、雑貨、ディスカウント、飲食店、何でもあります。

近年はチェーンやコンビニも、商店街の一員に。

これだけあれば、用が足りますね♪

 

択一問題を、ここで出して…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074631j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074645j:image
 

ここで出して…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074717j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170414074800j:image

出だしが遅かったんですが、なかなか楽しい商店街めぐり、でしたよ♪

 

 

次の中野区、練馬区、杉並区は、35区から現在まで、そのまま存在します。 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

次は22・旧大森区(大田)です

 

 

前の区は、こちら

20・旧淀橋区(新宿) 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

下野国の思い出…

上野国から、東へ進みます。

下野(しもつけ)国。

現在の栃木県です。

 

両国を結ぶ線として、両毛線もありますが、北関東自動車道という、立派な道路が結びます。

高規格で、走りやすい道ですね♪

 

上野国は上州ですが、下野国は「下州」とすると、何かよくないので、「野州(やしゅう)」と呼ばれます。

 

観光地が多い国ですね。

歴史に、温泉に。

距離的に、首都圏から気軽に訪れられるのも、大きいですね。

 

まずは日光。

この時は「日光詣」塗色が来ました♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401022352j:plain

実は、東武特急は鬼怒川へ行く「きぬ」の方が多く、この東武日光行きの「けごん」号は、あまり設定がないんですよ。

 

東照宮の一角。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401021906j:plain

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401021954j:plain

標高はスカイツリーと同じ、634mだそうです。

結構、高いんですね。

 

眠り猫

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401022539j:plain

猫全盛です。

 

神橋

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401022751j:plain

朱塗りは目立ちますね。

 

さらに奥へ入って…

ぐつぐつ煮立つ、湯元温泉の源泉

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401022845j:plain

下野国も、温泉には事欠きません。

 

塩原温泉

こちらは県内初の足湯、七ツ岩の足湯。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401024731j:plain

 

川治温泉

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401023915j:plain

写真は部屋からですが、この風景が湯船からも見える贅沢!

 

近くの龍王峡

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401024037j:plain

 

こんな、生命の営みにも出会いました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401024523j:plain

モリアオガエルの産卵です。

愛好家の方に、教えて頂きました。

 

こちらは、湯西川

写真は残ってないですが、ここの某旅館は鍵もかからない部屋だったけど、湯量は豊富でジャブジャブ!

捨てるほどお湯があるのが自慢とか!

 

ダムに、鉄橋。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401023125j:plain

この後、列車がやってきました。

道の駅では、ダムカレーを。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401023038j:plain

 

実は、蕎麦もなかなか美味しい!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401023435j:plain

 

そう言えば、栃木の味と言えば、これも。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401022958j:plain

レモン牛乳」なる、不思議な飲み物が、県内各地で売られています。

無果汁、なんですけどね。

 

ここのライトアップも、なかなかよかった!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401025336j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170401025357j:plain

 

あしかがフラワーパークです。

花のないシーズンでしたが、こうやってイベントを打てば、お客さんがたくさん来ます。

 

でも、やっぱりここは花を愛でるところ。

多分GWの頃はは、ここの最大の見せ場、藤のシーズンですね♪

 

次は13・○○国です

 

前の国は、こちら

11・常陸国

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com