螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

僕がカレーを作ります♪…

先週は僕のイベントの山場だったので、1週遅れの父の日イベントです。

 

名付けて…

「僕がカレーを作ります♪」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624160239j:image

 

父の日には例年、何らかの贈り物をしてました。

でも、何かのきっかけで、僕がカレーを作ることに。

父はカレーが大好きなのです♪

もう数年、このパターンが続いています。

 

父の好きなのは、いわゆる家庭のカレー。

インド式のとか、ルウまで手作りとか、そういうんじゃないんです。

安定のカレースープに、大きめに切られた、肉や野菜がゴロゴロ。

そんなカレーが、好きなんです。

 

だから、普通に作ればいい。

父は鶏肉がダメなんで、チキンカレーは作れないけど…。

 

さらには、巨匠(母)のご指導ご鞭撻?も入る。

在庫の食材を、優先的に使わなけばなりません。

 

そんな中、如何に自分の“今年の色”を出せるかを、毎回テーマにしてるわけです。

 

前置きはこれくらいで。

調理開始!

目標は「手を切らぬこと」!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171610j:image

 

肉を炒めて
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171715j:image

 玉ねぎは多めに使います。

一部はこうやって炒め、一部は直接鍋に。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171734j:image

 

味の変化が、楽しめるかな~と。

もっとも、昔、フライパンの容量以上の玉ねぎを切っちゃって、処理に困って編み出したんですけどね。

 

いい感じになってきた♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171755j:image

 

煮込んで煮込んで…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171818j:image

 

ルウ投入!

いつもの、クイズにしました♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171845j:image

 

できあがり♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171912j:image

写真をよく見ると写ってるけど、きのこが好きなので、マッシュルームは必ず入れます。

それに今日は大きな「ヒラタケ」が売ってたので、入れてみました。

これが今年の「色」かな?

結構、合ってましたよ♪

 

巨匠と共に、サイドメニューを
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624171959j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624172012j:image

 

ウチの巨匠に感謝…

 

盛り付けました~!

いただきま~す♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624172045j:image

 

買ってきたヒレカツをね。

ベビーコーンを乗せるのも、定番になりました。

 

若干サラサラめだったけど、ご飯の炊き加減は、父好みの硬め!

美味しいと言ってもらいましたよ♪

 

僭越ながら?お替わりを…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624172102j:image

 

ごちそうさまでした~!

 

あっ、僕にはもう一つ、ミッションが!


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170624172318j:image

 

後片付けも、しっかりとね!

筋違御門・「黄金餅」の思い出・8…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

 御成街道が神田川、と言うか外堀でもあるんですが、これを渡るために、「筋違(すじかい)橋」が、架けられていました。

 

前に出した写真の先には、ビルじゃなくて…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602174353j:image

 

こんなだったらしい!

※ 昌平橋の袂にあった地図で、現在地の赤い印はそこです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602174649j:image

ざっくりですが、地図の右側からは、大手門からの日光御成道と、日本橋からの中山道がやってきて、筋違橋で交差、中山道は地図の下の方、湯島方面へ向かい、下谷御成街道はここから、ジグザグしながら左の方に、道が伸びています。

 

要は「交差」するから、“筋違橋”ってわけです。

 

とは言え、御成だぁ、五街道だぁと、これだけの重要な街道の交差点です。

橋には見附という見張り小屋があって、往来を監視していたそうですよ。

 

明治になって、鉄道が通ったため、岸は煉瓦造りに。

この辺かなぁ…。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602192115j:image

裏へ回ると、それらしき場所には立て札!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602190901j:image

 

御成道と筋違橋についての、記述がありました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602191246j:image

 

この外堀(神田川)を渡る橋。

筋違橋と昌平橋、そして今では万世橋と、3本の橋があったわけですが、まぁこれらの橋は架けたり流されたり、時にはわざわざ壊したり。
非常に紆余曲折あって、今は万世橋です。

昌平橋も残ります)
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602193046j:image

今の橋は昭和5年の架橋ですが、最初の架橋は明治6年。

筋違橋の場所に、取り壊された筋違見附の石材を使って、架けられました。

これを当時の東京府知事大久保忠寛が、「萬世橋(よろずよばし)」と命名。

いつしか音読みの「万世橋(まんせいばし)」となり、後世に伝わったようです。

 

橋はどれも、大抵は洪水で流された歴史を持ちます。

“この橋こそは、萬の世まで残って、架け橋となって欲しい”

そんな願いが、込められていたかもしれませんね。 

 

ところで…

覚えてます?

 

万世橋の下にある、謎の船着き場と…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602214534j:image

階段と秘密の?小部屋…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170602214639j:image

 

一体、何なのか?

調べたら、なんと三説も!

 

「地下鉄建設施設説」(Wikipediaなど)

確かに現:中央通りの地下には、地下鉄銀座線、当時の東京地下鉄道が通っています。

架橋した時期に、一緒に工事したとしたら…

 

「トイレ説」(ブラタモリなど)

確かに南側には、今も公衆便所があります。

実は、下が元々のトイレだった??

 

「川の駅説」(Jタウンネット東京都)

元々江戸・東京では水運が発達しており、架橋の際に“自然に”水運の設備が設けられたのでは?

 

う~んどれももっともらしい…

 

ただ、その後の戦争や時代の変遷などで、資料は失われてしまったらしい。

あとは、想像の世界に、耽るだけですね…

 

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「大通りへ出まして…」

 

 

振り返って「その頃、掘様と鳥居様という御屋敷の前を真っ直ぐに…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

魅力…

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

その道のプロ、達人の業は、見ててほれぼれします。

 

プロ野球の機敏な守備!

ドンピシャのタイミングのダイビングキャッチ!

どこまでも飛んでいくホームラン!

 

アメリカンフットボールのスーパーキャッチ!!

どこまでも速いランナー!

迫力ある大相撲の一番!!

 

 音速で突き抜けるF1レーサー!!!

バイクと共に舞うモトクロス!!!

空中を切り裂くエアレース!!!

 

 

どこまでも済んだ楽曲の音色♪

華麗なるピアノの調べ♪

惚れ惚れするバレエの舞♪

 

独特の間を持つ能楽の世界!

人形浄瑠璃の疾風の軽業!

ハラハラドキドキの伝統芸能撞舞

 

安全とサービスを両立する、駅員さん!

4分間隔の新幹線を制御する司令室!

三次元の頭を持つ、航空管制官

 

いや、別に達人でなくても、身近にもたくさんいます。

 

どんな人とでも仲良くなっちゃう人

電話応対でバッチリ、ヒアリングができる人

苦情を言われつつも、しっかり情報を取れちゃう人

 

計算を一度として外さない人

この処理ならこの人、社内情報を全部知ってる人

柔らかな物腰で、目上の人にもズバズバ言える人

 

いじられながら、実はみんなのことを観察してる人

常に落ち着いて、何が起きても動じない人

いつも適切な判断が下せる人

 

仕事に家庭に両立している人

75になっても、まだ請われて勤める人

料理の腕と人をせかす能力なら、誰にも負けない人

 

僕から見たら、みんな「魔法がかかっている」ようです。

 

“じゃあ、魔法をかけて、このうちの誰かになりたい?”

このうちの誰かには、なりたいと思いません。

 

僕は、自分自身に魔法をかけたい。

この人たちと、上手く付き合っていけるように。

いい関係を持てるように。

いい関係を保っていられれば、別に自分がその人たちと同じになる必要は、ないのです。

 

彼らにお願いすることは、彼らの能力を活かすこと。

彼らが喜んでやってくれるような、そんなお膳立てができる人間になりたい。

ステータス値は、「三国志」では「魅力」に相当かな?

 

もちろん、日々の生活や仕事、人との付き合いなんかが、この値に影響するとは思います。

でも、人事を尽くして天命を待つ、ここぞ!というような時に、この値を引き上げる魔法があるといいかな~、なんて思いました。

 

尾張国の思い出…

三河国から、さらに西へ。

愛知県の西半分、尾州尾張国へ到達します。

 

名古屋は旅行などの中継点になりがちながら、ピンポイントに訪れたことも、何度かあります。

 

「リニア・鉄道館」

リニアはもちろん、新幹線の車両が多数あります。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222052j:plain

 

“猫目”なんて言われたけど、100系は選んで乗るぐらい、好きだったんですよ♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506221720j:plain

 

食堂車はついに、利用することが出来ませんでした…。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222307j:plain

 

これは2階建ての100系のもの。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506221907j:plain

こんな感じだったんですね。

 

他にも、在来線の車両も多数展示。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222024j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222216j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222442j:plain

 

見逃せないラインナップでしたよ♪

 

こちらも見応えのある施設!

明治村

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222703j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222642j:plain

 

こんなエレガントな?機械も。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222831j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506222818j:plain

 

最後は閉館時刻との、競争でした。

 

 

尾張名古屋は、城で持つ♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506223952j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506224033j:plain

金のしゃちほこが、光りますね。

 

 

名古屋のグルメと言えば、きしめん

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506224139j:plain

名古屋城内で。

僕は、母校・信大の食堂が初めてです。

信大は、名古屋圏なのです…。

 

これも、挙げておきましょう。

寿がきやラーメン」♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506224319j:plain

実は小学生の頃、在住地に近いニチイ海老名店(→マイカル→イオン)の、テナントに入ってて、何回か食べました。

個性は感じたけど、名古屋の味とはとんと知らなくて!

最近、久しぶりに食べましたが、少しずつ、味を思い出しましたよ♪

 

その他、モーニング(小倉サンドなど)、海老フライ、味噌煮込みうどんや味噌かつなど、微妙な変化球のグルメが多いですね。

奇をてらわない分、ナイスコントロール!とも言えるかも。

 

世界の山ちゃん(手羽先)」は、実際に行きました♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506224915j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506225012j:plain

これは、なかなかの美味でしたよ!

クセになって、たくさん飲み食いしました♪

 

小牧はかつて名古屋空港の時代、帰省への中継として利用しましたが、航空ショーで行ったことも。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506223054j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506223012j:plain

 

まぁ、基地の存在は地元にとっては、微妙ではあるようですがね…。

そんな中、ブルーインパルスも、初めて飛んだところを見られましたよ♪

6度目の正直!?

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506223209j:plain

…よく見ると、3番機の番号がないでしょ!?

実は、3番機は故障で、代役登場!!

「お前のジンクスが壊した!?」

口の悪い?フォロワーさんに、随分言われました…。

 

天気が今ひとつで、派手なアクロバットは控えられたみたい。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506223640j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170506223720j:plain

 

この次は晴天の下、華麗な演技を見たいものです。

 

 

次は17・○○国です

 

 

前の国は、こち

15・羽後国

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

「我が街・草加」の思い出…

自分の書いた「お題」の記事を眺めていたら… !!

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

こんなの、書いたっけ!?

 

でも、やれ令制国だ、やれ黄金餅だ、って書いてるけど、やっぱり自分の街を書かないでどうする!って思いも、あるわけです。

 

草加市は鉄道で言うと、この辺り!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170620204335j:image

駅はたった4駅だけど、それなりにスポットがあります。

何より、これを機に、もっと我が街・草加を発掘しよう、って狙いもあります。

 

小ネタあり大ネタあり(あるか?)、どこまで続くか不定期で、書きたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

松本市と長野県の思い出・6…

松本は山の街です。

 

昔は新宿から急行アルプス、大阪から急行ちくまが、4時前後の早朝に到着していました。

山男、山ガール(当時いたかな?)のための、列車だったのです。

 

でも、松本市内に住んでれば、いつでも美しい山々を、眺めることができました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170503091957j:image

常念岳

左側、三角錐の美しい雪山が、常念岳

誰でも、それとわかります。

冬から春が、特に美しいですね。

 

穂高へ行くと、こんな感じ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170503092844j:image

感動的な、美しさです。

 

標高は2,857m。

かなり高い山です。

 

記録に残る初登頂は、宣教師のウォルター・ウエストン。

エストンは布教の傍ら、日本の高山を次々に制覇。

美しい山々を「日本アルプス」として、内外に紹介した人物です。

 

その名を冠した「ウエストンホテル」が、松本・浅間温泉にありましてね。

和風旅館ながら、フランス料理がいただけるそうですよ。

 

 

松本の人は、「常念岳に抱かれて」って言い方を、よくします。

高く、どんと構える常念に比べたら、人のやることなんて、小さい小さい。

 

松本市民にとって、常念は心の支えでも、あるのですよ。

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170503094403j:image

ダブルヘッダーオフ会・昼の部…

夜の部は、こち

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

昨日に引き続いて、昼の部の開催です。

場所は「押上猫庫」!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618230547j:image
昨日と同じ店ですが、昼は「猫のいない猫カフェ」なんですよ♪

 

実はこの日の募集は、難航しまして。

まず、最初にきっかけをくれた、横須賀のKさんが、仕事が入って来れなくなってしまった!

しかもよく考えたら、今日は「父の日」!

皆さん予定があったようで、なかなかメンバーが集まりませんでした。

それでも、住所は日本!のTさんと、北戸田のMさん、そして昨日、夜だけの予定だった相模原のSさん(猫好き)をスカウトして、何とか4名を確保しました。

 

コーヒーだから、カンパーイってわけにはいかず。

個々にオーダーして、写真を撮りあって♪

 

相模原のSさんオーダーの、カフェニャテ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618230728j:image

ソイミルクで作ったふわふわの猫ちゃんに、猫庫さんが絵を描いてくれます。

ここの、看板メニュー♪

 

実はカップにもヒミツが…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618230940j:image

後から猫庫さんが、明かしてくれました。

みんな猫の部分を惜しがるので、こんな仕掛けをしたそうですよ。

 

他の人も頼んでたのに、僕ったら写真撮ってないし!

 

ちなみに僕のは、こちら。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618231008j:image

 「Thank you」

僕も、Thanks!!

 

実はカレーなんかも食べてみたり。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618231026j:image

猫庫の昼食メニューは、この根菜カレーと、ジャージャー飯…が、変わってる!

僕がコースを頼んだ時に締めだった、トマトソースの稲庭うどんが、レギュラーメニューに「昇格」してた!

コースで出したメニューで好評なものは、こういうことがあるそうですよ。

 

※ 僕が4月に頼んだコースメニューのものです

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618231940j:plain

うどんにトマトソースの出会いが、なかなかいけるんですよ!

 

4人のこぢんまりしたオフ会ですが、話は意外と盛り上がりまして♪

北戸田のMさんは、そう言えばビールに関しては、一家言も二家言もある方。

よく考えたら、文庫さん(押上文庫店主)は、もちろんお酒のプロ。

文庫さんにも話に入ってもらい、場は大いに盛り上がりました! 

なかなか他では、聞けない話でしたよ♪

 

しかも北戸田のMさんは、ビールの器にもこだわりが。

そう、押上文庫は「酒と器を愉しむサロン」です。

この分野でも、なかなか高度なお話が聞けました。

 

ちなみに僕も、ここでこんな体験を。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

相模原のSさんも、負けてはいません。

押上猫庫は、猫の店ですからね~

猫の話でも、話が弾みました♪

 

ちなみに彼、今回のカップ戦で3位に入ったのに、賞品はなし。

2位と4位はあるのに…

 

なので、お店から「猫賞:猫マンガ」をいただきました。

(あら、これも写真撮ってないや…)

 

こちらは、店主猫庫さんの愛猫・ぬんすけくんをイメージした、ブレンドコーヒー♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618231047j:image

愛猫のニャーが、浮かんだり♪

 

サービスまでして頂きました。

チーズケーキ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618231100j:image

 

ありがとうございました。

2日間にわたって!大変楽しく過ごすことができました。

お店の方には、数々のご厚意、ご協力に感謝です!

また、企画させて下さいね♪

 

 

実はこの後、二次会を。

スカイツリータウンにて、ちびまる子ちゃんの「にゃんカフェ」♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618235533j:image

 

日本!のTさんの、食欲!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618235603j:image

 

ズバリ、丸尾君でしょう!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170618235615j:image

オフ会ではいつも、日本!のTさんにはお世話になってます。

直前にもかかわらず、メンバーを集めてもらったことも。

今回も大阪から(!)、駆けつけてくれました。
場でも話題力豊富で、彼を入れておくと、オフ会進行上、とても助かるのです♪ 

いつもありがとうございます。

 

帰宅して、カップ戦の賞品発送準備を済ませて…、

僕にとって大きなイベント3つが、終わってしまいますね~

お集まりの皆さん、お店の皆さんのおかげで、どのイベントも大変、盛り上がりました。

ほっとしてもいますが、やっぱり、感謝の思いが大きいですね。

皆さん、本当にありがとうございました!

 

この達成感と充実感、そして一抹の寂しさが、また次のイベントやオフ会を、企画する力になるんですよ。