螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

乙女文楽…

女性だけで演じる文楽「乙女文楽」を見てきました。

押上文庫のご常連・Kさんのお誘いで。

いつもありがとうございます。

 

外の案内板には張ってなかったので、自前で。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180923220438j:image

演目は「二人三番叟」と、「奥州安達原」です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180923220457j:image

 

まずは、「二人三番叟」

最後に人形を撮らせてくれたので、それを参考に。

 

三番叟は有名な、めでたい舞です。

こちらは、二枚目。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180923220527j:image

 

こちらは、三枚目!?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180923220534j:image

三枚目が寝ちゃって!?二枚目がたたき起こす場面もありました。

 

乙女文楽は、人形、三味線、太夫とも、全て女性が演じます。

人形は、通常の文楽と違い、全て一人で操作。

腕は人形の袖に、演者自らの腕を通します。

脚の部分には金具があり、演者の足の動きの通りに、人形の足も動きます。

表情や首は、三味線の糸を使って、頭の動きで表情を表現。

これを一人で演じるのは大変ですが、人形には演者と一体感が生まれ、より人間らしい、女性らしい動きが生まれます。

 

このあとの「奥州安達原」では、老婆、年増?、幼女の、三人の女性が登場しますが、ちょっとした所作や、特に泣き崩れる場面などは、やっぱり女性ならではと思いました。

三味線を弾く場面もあって、本当の三味線と、息はぴったりでしたね♪

 

女性陣の人形は人気で撮れなかったので、当主の人形を。

貫禄ありますね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180923220518j:image

人形遣いは喋らないので、これらを全て太夫が演じるわけですが、そう言えば女性なんだよね、ってくらい、演じ分けが素晴らしかったですね。

女性の高い声も、男性のドスがきいた声も、見事に演じ分けられていたと思います。

聞きやすかったですね♪

 

音楽と言えば三味線なんですが、三味線の調子で、場面の緊迫度が伝わりますよね。

 

「奥州安達原」は、奥州阿部氏と源義家の対立を描いた作品で、これに女性たちも巻き込まれていきます。

勘当された娘・袖萩と、その娘、許したいけど許せない父母の葛藤が描かれ、悲しみを誘います。

 

人形も多数登場し、最後は盛り上がりましたね。

楽しく、観劇できましたよ。

 

ありがとうございました♪

 

秋の小道…

毎朝、自転車を飛ばす道です。

歩道は小学生で、ごった返します。

 

今日はお休みで、ひっそり。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922214757j:image

歩道に入って、ゆっくりと。

どこからともなく、金木犀の香りが漂ってきます。

 

まだ、花は咲いてないようですが、淡い香りが、辺りを優しく包みます。

木々が切れると…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922214914j:image

 

彼岸花の群生でした。

透き通る赤ですね。

 

明日は、お彼岸です。

定番と、初顔と…

今日はこちらの店へ。

相棒と、オフ会とで使いましたが、一人で来るのは、久しぶりです。

(本当は押上のJさんを呼びたかったんだけど…)


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021709j:image

「アジアン居酒屋 スプルナ」

「押上文庫」に次ぐ、僕の馴染みの店です。

 

いつもの女性が、迎えてくれました。

お酒は日本風のもあります。

 

カンパーイ!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021728j:image

 

ここでは、すでに美味しいものを随分開拓していますが、ここはアジアン居酒屋。

メニューはたくさんあります♪

 

これは大根を中心とした、漬物の盛り合わせ。

カレーがかかってるのが、なんとも言えずいい!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021800j:image

多分、今後の定番になりそうな、味ですよ♪

 

こちらは、すでに定番になっているメニュー「サモサ」

カレー味の、コロッケですが、これがまた、美味い!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021819j:image

 

ビールはあっという間に消化!

これ、何に見えます?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021837j:image

実は、ウォッカです。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

ウォッカは、強さ的にはそれほど怖がる酒ではありません。

並ぶのはウイスキー、ジン、テキーラ、…

…怖がった方が、いいかもしれません。。。

 

これは、オニオンの天ぷら。

とは言え、フリッターに近いかな?

揚げ物としては、さっぱりしていて、美味しく食べやすい!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021853j:image

 

これも初めて?(じゃないかも)

えびせんに野菜を乗せて食べます。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021909j:image

えびせんが独特なのと、やっぱり野菜とよく合ってますね。

味付けがいいです♪

 

きましたよ~タンドリー全部乗せ!

これはやっぱり、頼んどくべきですね♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021920j:image

 

お酒は、ラムに発展。

ネパールラムです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922021954j:image

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

お店にはあと、インドラムを置いてます。

違いを楽しむのもいいですね♪

 

さて、前々回はチーズナンに行ってしまい、前回のオフ会はカレーまで行かなかったので、今日はなんとしてもカレーを、って思ってました。

 

海老が4本も入った、ブラウンカレーを、ホットで!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922022008j:image
結構、辛いです。

かなり汗と鼻水が出ますけど、それでも美味しい!

あと、いつもながら、ナンが圧倒的に美味い!

さすが、どちらも専門店ですね♪

 

酒は最後に、ジンを。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922022030j:image

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

もうお腹いっぱい、満足です♪

今日も美味しかった!

定番も、初顔も!

 

また今回にも、サービスをいただきました。

アイスチャイです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922022046j:image

香草が入ってるのかな?

独特の風味がありますね。

最後に、美味しくいただきました♪

 

ありがとうございました!

また来ますね♪

「の」の思い出…

大阪版の「の」は、

 

「野良の節句働き」です。

 

意味としては、

「普段怠けているものが、お祭りなどの時に一人働くこと」で、非常に悪いという捉え方をしていたようです。

昔はお祭りなど、みんなが楽しむ時に、働くことは罪悪だったそうです。

 

今は、違いますよね。

交代勤務は当たり前です。

お祭りでも、運営の人、露天の人、交通整理の人、交通機関の人が働いてくれているから、みんな楽しめるんですよね。

 

感謝こそされ、罪悪なんてとんでもないと思います。

 

湯河原町と神奈川県の思い出・18…

新年度。

1997年度ですね。

僕も2年目になりました。

 

状況は大きく変わり…

怖かった先輩主任が一人、転勤でいなくなりました。

先輩には悪いですが、僕としてはかなり、気分的に楽になりました。

 

ただ、そうも言ってられません。

後輩が、2人も入ってきました。

 

「えっ?喜ぶべきことでは??」

実は2人とも、優秀なんです。

僕なんかより、遙かに。

 

一人は、地域区分局の平塚郵便局での、バイト経験が長い人。

湯河原とは比べものにならに物量を扱ってたわけで、実務ではとてもかないませんでした。

もう一人はおとなしい人でしたが、実はその後、幹部候補試験を合格するぐらいの人。

これまた、後塵を拝する頃に。

 

優秀な後輩に、立場だけの先輩。

やっぱりのびのびと仕事をできる環境ではなかったですね。

それでも、1年目よりは遙かにマシだったのは、威圧感は受けないで済むことと、やっぱり自分自身も、少しは慣れたんだと思います。

 

 

次の思い出は、こちら

 

 

前の思い出は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

「ゐ」の思い出…

大阪版の「ゐ」は、

 

「炒豆に花が咲く」です。

 

炒ってしまった豆に、普通は花など咲きません。

それが、咲いてしまった!!

「あり得ないことが、起きてしまった」ことを指します。

節分の豆に炒り前を使うのは、こんな言葉にあやかってるんだそうですよ。

 

同じく、

「衰えていたものに、再び勢いが宿る」って意味も、あるそうです。

 

僕の中で、「炒り豆に花が咲いた」ものと言えば、

 

Twitter

 

それまで、リンクの受け皿でしかなく、ツイート数はあってもほとんど交流なんか、してなかった。

ほぼ、死んだも同然でした。

 

ところが!

最近登場する、埼玉のCさんをフォローしたのをきっかけに!

Twitterのやりとりが、息を吹き返した!

Cさんとのやりとりは、それは楽しくて!

ブログを書く時間が、なくなるぐらい。

 

次第に、他にも何人か、お話ができる人に巡り会い、今はリプ返が生活の一部になるぐらい、Twitterは大切なツールになりました。

Twitter歴は10年あるけど、こんなホットになったのは、初めてです。

まさに、「炒り豆に花が咲いた」。

劣勢だったのが、再び勢いを取り戻したんです♪

 

一方、埼玉のCさんとも、順調に交流を重ね。

リアルで会って、出歩いて、この前は軽井沢まで出張って!!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180918194416j:imagef:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180918194609j:imagef:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180918194635j:image

46歳の僕と、まだずっと若いCさん。

普通なら全く接点がない2人が、出会い、ここまで仲良くなれた。

普通ならあり得ないと思えることが、実現できた!

 

「炒り豆に花が咲いた」と、言えるんじゃないでしょうか?

もちろん、いい意味でね!

 

Cさん、皆さん、ありがとう!

これからも、よろしくお願いしますね♪

武蔵野線・色な場所の思い出・橙3…

7/11。

この日は夏休み最終日で。

お出かけすることにしました。

 

事前情報として、「武蔵野線開業45周年」で、記念グッズがあるとかで!

 

まだ昼前なのに、南越谷と東川口では完売!

えらい人気です!!

 

でも、この日は終点府中本町から、さらに先に行く予定で。

東所沢で、ゲット成功!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180718081911j:image

 

改札内KIOSKだったので、改札を出ないで済みました♪

裏面!

当時は南武線の府中本町から、常磐線の新松戸までだったんですね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180718081935j:image

結構いろんな車両が、武蔵野線を行き来してたんですね~♪

101系は知らないけど、103系には乗ったことがありますね。

201系って、いたっけ?

 

205系には丸顔、通称「メルヘン顔」なんてのもいましたね。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180719025755j:plain

今は一部、移籍したんだっけ?

 

205系は電動車がインバーターになって、主力ですね。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180719025735j:plain

 

さらに、209系やE231系も来て、今に至ります。

これは、209系ですね。

GTOインバーターを降ろしちゃったのが、残念だけど…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180719025819j:plain

 

そう…
ぜ~んぶ、オレンジ色ですね♪

 

でもね…

 

武蔵野線の本来の主役は、この方々なんですよ。

オレンジ色に輝く、貨物列車!!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180719025659j:plain

 

人間の乗客は、路線の交点で乗り換えてくれますけど、貨物はそうはいきません。

それまでは、貨物列車も都心まで入って、別の路線に入り直す必要がありました。

 

そのため、郊外に放射状の各線をつなぐ、環状線を敷設。

都心に乗り入れることなく、貨物列車が別の路線を換えられるように、武蔵野線は造られたんですよ。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180719025708j:plain

 

事実、開業当時は、旅客列車はたった3往復!だったそうです。

新三郷に大きな操車場があったこともあって、本当に貨物列車のための、路線だったんですよ。

 

今はもちろん、8両編成の電車が行き来しますが、それでも思ったほどダイヤが過密にならないのは、武蔵野線が貨物線としての役割を、失ってないからなんですよ。

 

 

次の場所は、こちら

 

 

前の場所は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com