螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

大黒坂・「黄金餅」の思い出・31…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

前回の「きみちゃん広場」から、西へ進みます。

 

徳正寺というお寺の反対側に、「七面坂」が下ります。 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171117012925j:image

本善寺という別の寺(現在は移転)に安置された、「七面大明神」に因んだ坂。

坂の名の由来には、このようなパターンが多いです。

 

この大黒坂も、大黒天を祀る寺からの命名です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171117012747j:image

 

坂を上って左にカーブ。

ここに鎮座するのが、大法寺。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171117012719j:image
結構な坂でしょ!

ここに、大黒天が祀られています。

お詣りもしたし、本堂も覗いたし、御朱印もいただいたけど、どれが大黒様なのかは、よくわかりませんでしたけどね。

調べたら、通常は公開されない、秘仏だそうです。

 

坂を登り切ったところに、別の坂があります。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171117013340j:image

暗闇坂

草木が生い茂り、昼でも暗いからと、この名前だそうです。

確かに歩道の先の方は、かなり暗いですね。

 

この坂を下りていくと、オーストリア大使館があります。
さらに下ると大通りで、その正面は鳥居坂の下り口。

東京は、坂だらけですね。

 

諏訪氏の邸宅があれば、「諏訪坂」

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118230900j:plain

 

鳥居家の邸宅があれば、「鳥居坂

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119192916j:plain

 

眞成院の「潮干観音」様から、「観音坂」

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118232203j:plain

四谷の坂なんですけど、昔はここも海が近かったらしく、観音様は常に足元が濡れていたんだそうです。

潮によって踏んでるように見えたことから「潮踏観音」とも言われていたらしいです。

 

寄席があったという、「寄席坂」

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118232109j:plain

坂の曲がり鼻に、「福井亭」って寄席があったそうです。

 

紀之国坂は、「赤坂」の由来でもあります。

(赤信号にしてみました…)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118233234j:plain

茜草の生える赤根山へ登るから、だそうです。

「赤坂」の由来は他にもあって、一帯が赤土だったからとも、染物屋が赤い布を干していていたからとも、言われているそうです。

 

面白い坂?なら、こちら。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118231212j:plain

「転坂」

当時、道が悪く、しばしば人が転んだんだそうです。

今もうねってて、通りやすいとは言えないですよね。

 

そして、他地区にもよくある、この坂名。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118231444j:plain

この坂の近くには寺などがあって、転ぶと「その坂の土を舐めないと、三年以内に死ぬ」なんて迷信があったそうです。

標識にはありませんが、そう言われているそうです。

 

標識にそんなことを書くと、イメージダウンもさることながら、今の世の中、自らを厭んで、わざと転ぶ人が現れかねない!?

難しい世の中に、なったもんです。
 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「一本松…」

 

振り返って「十番へ出て…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

乗務…

久々の、何も予定のない週末。

 

大寝坊して、起きてきたら…。

幾つかミッションを、課せられた。

 ・鹿児島の弟一家に贈り物をするために、巨匠と松原団地の郵便局まで、車で行く

 ・ボーナス分から貯金を専用口座に振り分ける

  かつ、新年会のお釣り(5千円札)を作るために(両替は平日に巨匠に頼む)、

  その分の現金を確保する

 

車かぁ…。

めんどくさいなぁ…。

僕は車の運転は、嫌いなんです。

 

でも、たまにやっとかないとね。

巨匠に「練習!!」なんて言われると、ちょっと抵抗あるんだけど…。

巨匠の「ご指導ご鞭撻の元」出発。

 

ちなみに、巨匠は父を朝送っていく、駅までのルートしか、運転しません…。

 

さて、ATM関係は、銀行近くのスーパーに車を止め、巨匠がそこで買い物をしている間に、僕が銀行で用を済ませる作戦。

2人いると、生活は何かと便利だとは思います。

まぁ、1人が、気楽だけどね…。

 

ここまでの運転は、特に問題なし。

問題は、次の郵便局!

駐車場は狭い上に、この時期はいつものように、大混雑!

場内は大型の郵便車が止まってたりなんかして、複雑怪奇!!

当てないように、慎重に駐車…。

 

ウチは基本的に、ゆうパックは切手で払います。

でも巨匠ったら、切手の必要枚数はおろか、料金さえも計算してない!

なので、大体のサイズを見積もって、素早く料金を計算。

この時、料金を80で割ります。

80円切手の枚数と、残りの端数を出すわけです。

50とか130で割れば、50円切手も使えます。

 

この辺は、昔、郵便窓口で小包を扱っていた経験が、活きますね。

国内もそうですが、特に海外へ荷物を出す時、切手を貼って出したがる人が、少なからずいるのです。

今はわかりませんが、当時の日本切手は国宝とか仏像とか、価値の高い文化財がふんだんに使われていて、海外でとても喜ばれる絵柄が多かったんですよ。

そういうお客さんが知りたい情報が、

「記念切手の80円切手(50円切手)が何枚使えて、あといくら払えばいいか」

なわけです。

 

値上げで端数がついてから、ちょっとやりにくくなりましたね…。

 

無事、荷物も出して、貯金関係の用事も済ませ、帰途。

この時期の「トイザらス渋滞」も突破して、無事に自宅に帰ってきました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171216150842j:image

 

乗務完了です。

腹心の友…

越谷のHさんと、飲みでした♪

この前主催した忘年会には、仕事で来れなかったので、開き直し、ですね。

 

世は忘年会シーズン。

多分、どこも混んでるだろうと言うことで、舞台は越谷。

飲めるチェーン店が、数多くあるのです。

 

でも、その前に、幾つか彼の行きつけを回ってみたら… 空いてた!

 

安くて美味い「串処ぼうず」で、カンパーイ!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233553j:image

ここは串処といいながら、実は刺身類の仕入れが抜群!

赤貝、アイナメ、カンパチ、あと一品を肴に♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233615j:image

比較的早く来る刺身をつまんで、串が焼き上がるのを待つのが定番なんです。

 

新メニュー!?「ぼうずサワー」

グレープフルーツの焼酎割!ソーダなし!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233631j:image

 

串も来ました。

もちろん、串も美味いんですよ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233658j:image

 

これ、たった150円のマカロニサラダ!

あんまりマヨネーズっぽくないけど、アンチマヨラーの僕には、その方が♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233714j:image

 

唐揚げは胸肉!

隣のお客さんが頼んだのが美味しそうで。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233749j:image

 

豪快に「大雪渓」で、締めました♪

信州まで買いに行ったそうですよ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233730j:image

 

話題はお互いのこと、家族のこと。

ちょっとブログには書けないほど、個人的なことです。

彼と出会って、もう3年近くになりますけど、杯を重ねるごとに、そういう関係になりました。

時たま登場する「相棒」もそうですが、彼も「腹心の友」と言っていいんじゃないかな?

 

あっ、またまた僕が主催する、新年会への出席を取り付けるのも、忘れませんでしたよ。

 

さて、彼と飲む時は、1軒目を抑え気味にして、ハシゴするのが流儀。

2軒目は最近越谷駅前に出来た「餃子の王将

僕は、デビュー戦です♪

 

改めて、サワーで乾杯!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233806j:image

 

餃子の店ですからね~♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233822j:image

 

麻婆豆腐は山椒が香って、美味しかった!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233857j:image

 

お互いの夢を語ったりね。

彼には彼の生活があるし、僕は独り身だから、出来ることもあれば、出来ないこともあります。

お互いの「もし…だったら」を補完する関係に、もしかしたらなってるのかな?

 

さて、締めましょうか。

王将のラーメンは、とんこつ醤油でした~♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171215233915j:image

 

ありがとうございました。

また次回も、また来年も、よろしくお願いしますね。

Next Time…

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

 

愛用の時計です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171214235211j:image

至ってシンプル。

数字さえもないデザインですが…


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171214233344j:image

ホログラムが入ってるんですね~♪

小田急ロマンスカーの引退記念で売り出されたものを、買ったものです。

 

1999年だから、もう18年!

一見シンプルながら、実は趣味の要素がちゃんと入ってるって言う、一種の奥ゆかしさ?が気に入って、長らく愛用してきましたが、さすがに最近、ちょくちょく止まっちゃうようになって。

 

この後継の時計を、年内に手に入れたいな、って思ってるんです。

 

でも、気に入るの、あるかなぁ~!?

仕事にもしていきますから、やっぱりデザインはシンプルなのがいいですね。

デジタルでもいいけど、アナログの方が、いいかな?

それでいて、何か小憎らしい?演出のあるものがあれば。

 

…似たようなものを、求めてるって噂も。。。

 

でも、なんとか年内に、いい品に巡り会えるといいですね♪

淡路国の思い出…

陸路だと、播磨国から南下ですね。

淡州、淡路国は、淡路島全域です。

 

淡路国と言えば、最近、草加でも縁があって♪ 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171207015554j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209213913j:plain

淡路人形座

 淡路島に古くから伝わる、人形浄瑠璃です。

これがなかなか、見事で!

 

まるで人間が演じるような、時には人間さえも超えるような!、スリリングで迫力ある演技に、魅せられましたね~♪

白狐のすばしっこい、動物的な動きは、人ではと手も表現できない、人形ならではのものでしたよ。

 

この公演に、何故かカレー屋さんが来ていて。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171207015523j:plain

 

実はお店があったんですね♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171207015702j:image

 

淡路島カレーの店「コルミール」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171207015820j:image

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171207015736j:image

玉ねぎは淡路島特産!

カレーはそれを最も活かせるメニューですね♪

カレーにももちろん使って、甘みを出し、揚げた玉ねぎがアクセントになります。

 

 

さて、実際に淡路島に行く機会があったのは、2017年の12月。

それまでも徳島に行った時に、バスで淡路島を通過しています。

船で橋をくぐったりも、してますが…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171213234208j:plain

 

それまで、降り立ってはいなくて。

やっぱり、降りてみないとね~ってわけです。

 

通常、淡路島への足と言えば、圧倒的に「高速バス」なんですが、今年、久々に航路が復活しまして♪

 

「淡路関空ライン」 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209214720j:image

関空と洲本地区限定になりますが、所要は1時間ちょっとと、バスの半分です。

 

「まりーんふらわぁ2」号艇でした~!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209214746j:image

 

さて、淡路は「花の島」です。

花の季節でもなく、海水浴にも適さない冬季は、オフシーズンになります。

 

でも、洲本城なら季節関係ないや♪なんて、甘い考えしていたら… !! 

 

アレに、登るんですかぁ~!?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209214858j:image

 

行軍開始したものの、ひたすら、上り坂!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209214827j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209214926j:image

えっちらおっちら、1時間弱…

ようやく城の下までたどり着いた時には、クタクタ…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209215003j:image

ここまでの標高、約133m!!

ビルなら、40階以上…

 

でも、眺めは抜群でしたよ!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209215047j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209215129j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209215548j:image

 

紅葉が、残っていました♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209215829j:image

鳥たちも、目の前を飛びます。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209215936j:image

さて、目的の天守は…
「模擬天守」!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220057j:image

でも、芝右衛門という、愛嬌ある狸の伝説に…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209225051j:image

お登勢という女性の物語が、残っていました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209224646j:image

お登勢は家老の稲田家へ、奉公に上がりますが、当時阿波領だった淡路島の独立を目論む騒動に巻き込まれ、北海道に追われながらも、波乱に満ちた人生を送る物語です。

ジェームス三木が2回脚本を書き、ドラマ化されているそうです。
 

さて、次の目的地へ行きましょう。

今度は船ではなく、バスで。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220151j:image

 紅葉の中を走ります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220318j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220246j:image

 

橋が見えてきました。

明石海峡大橋です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220357j:image

巨大な支柱!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220424j:image

 

太いケーブル!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220500j:image

ケーブルがまた上がっていくと… 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220618j:image

 

対岸に着きました。

播磨国・高速舞子。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220645j:image

神姫バス5636号車でした~!

 

播磨国に渡ってから、振り返って。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209220728j:image

 

この橋は、この地域の経済状況を、大きく変えたのですよ。

 

 

お土産!

玉ねぎ2件!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171210033816j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171210033825j:image

期待に違わぬ、玉ねぎの味がします。

 

カレーもね♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171209221013j:image

まだ食べてないけど、いずれ「問題にしてから」、いただくとしましょう♪

「激辛!」に挑戦してみたい!?

 

 

次は40・○○国です。

 

 

前の国は、こちら

38・播磨国

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

弟になれるひととき…

今日は仕事が早く上がれたので、地元の床屋さんに。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171212225956j:image

※ 店を出た時の写真なので、電気は消えてますね。

 

家族経営の、床屋さんです。

僕は小学校1年生までと、郵便局を退職してからの2回、草加に在住していますが、ここのご家族とはいろいろと縁がありまして。

子供の頃は、すぐ近所に住んでたんです。

1歳上のお姉ちゃんがいて。

よく遊んでもらいました。

幼稚園の愚痴も、聞いたけどね。

 

その後、僕らはあちこちを転々。

その間、このお店は都内に店を構え、社長らを客にするほどの繁盛ぶりだったそうです。

だから、腕は立ちますよ!

 

僕の両親が草加に帰った頃には、お店も草加に戻ってて。

以来、僕も父もお世話になっています。

 

お店にはご主人、息子さん、そして職人さんの3人がいます。

順番によって、誰に当たるかが決まりますが、暗黙の了解で、選んだり選ばれたりすることもあります。

 

職人さんは若くて、向上心溢れる方ですね。

それまでの職人さんがバリカンを使ってたところを、ハサミ一本で刈ってくれます。

 

ご主人もまだまだ現役。

ご主人に当たると、世間話になることが多いですね。

 

そして、息子さんに当たると、趣味の話になります。

鉄道や航空にも詳しいし、普通の人よりも、遥かに話に深みがある。

話し応え、聞き応えがあります。

最近はお酒の話も。

ワインにも詳しいですし、今日は日本酒の話なんかも。

今日は半分は、お酒の話でした。

 

この方、さっきのお姉ちゃんより、さらに4歳年上のお兄ちゃん。

僕とは5歳も離れていますから、当時はかなり大きな印象で。

1年生のガキにとって、6年生のお兄ちゃんは大きくて、遠い存在でした。

 

それが今、客と職人の立場でありながら、他の方と話す時とは、ちょっと感覚が違う。

話は基本的にお兄さん主導。

刃物を扱うので、話しかけるのがマズい場面もありますからね。

いろんな話を振ってくれますが、どことなく、優しさを感じます。

時には僕の、ちょっとやんちゃな受け答えも、受け止めてくれる。

そう、まるで弟になったみたい。

安心感が、あるんです。

 

僕は2人兄弟の長男ですから、弟の立場になることは、あまりない。

でもここでの時間は、「弟になれる」貴重なひとときなんですよ♪

 

いつもありがとう!

お兄ちゃん!!

 

麻布十番・「黄金餅」の思い出・30…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

麻布十番

永坂を降りたところを流れる川、古川の、十番目の改修工区が麻布十番だったんだそうです。

 

十番稲荷も、鎮座します。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116005920j:plain

 

昔からある、一の橋JCT
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116003834j:image
都心環状線から、2号目黒線を分岐しますが、直接ここから車が出入りするわけではないので。

ランドマークでは、ありますけどね。

 
むしろ、この辺りの交通事情を一変させたのは、こちらの麻布十番駅でした。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116003907j:image

それまでは、「都心にある陸の孤島」なんて、呼ばれていたそうですよ。

 

実はここ、前回の「旧麻布区の思い出…」でも訪れてて。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

ここでも問題を出しました。

僕が最初に食べたのは…?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116011425j:image

「豆源」
豆・豆菓子では、老舗中の老舗です。

 

正解は、こちら。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116011408j:image

実は、甘くないのですよ。

出世の路は、厳しい!!

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

これも、前回訪れたスポット。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116004316j:image

不自然な広場の一角に、女の子の像が建っています。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116004350j:image

 

そう、「赤い靴はいた女の子」きみちゃんです。

歌では異人さんと、外国へ行ってしまうことになっていますが、実は異国へは行けなかった。

結核で、当地にて9歳の幼さで、亡くなったそうです。

そのことを、母も作者(野口雨情)も知ることはなく。

悲しい物語が、残されていました。


前回同様、お供えをして、冥福を祈りつつ、ここを立ち去りました。

 

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「大黒坂から…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

振り返って「麻布の永坂を下りまして…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com