螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

松原団地・「我が街・草加」の思い出・8…

1962年に入居が開始された、マンモス団地です。

「東洋最大規模」なんて言われたそうです。

 

タレントの山口達也さんが、ここで暮らしたことでも知られます。

 

こんな感じの団地が、約6,000戸もありました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171015021400j:plain

 

今は、こんな!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171015014515j:plain

すっかり、建て替えが進みました。

もう、「団地」ってイメージではないですね。

 

今年の4月、駅名も変わりました。

松原団地駅から…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171015022749j:plain

 

獨協大学前駅

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171015022828j:plain

副題に〈草加松原〉と入ります。

「団地」を、外したかったのかも、知れません。

 

僕の最寄り駅も、ちょっとだけ…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171015022916j:plain

 

ところで、

近くを伝右川という川が流れます。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

春に咲く桜は川を覆わんばかりで、見事ですが…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171015023727j:plain

※ 少し離れた国道4号線付近

 

実は、洪水を生む川でもありまして。

伝右川は僕らの住む地域も流れる川ですから、子供の頃は、よく道が“川”になりました。

膝ぐらいまで水に浸かることも、あったと思う!

 

しかし、排水設備や、貯水槽なども整備された結果、最近は滅多に川にはならなくなりました。

治水事業は、確実に成果を上げていますね。 

 

松原団地はA~Dの地区に別れていて、D地区は歩くとかなり距離がありました。

バスが団地内を循環していますし、D地区にはちょっとして商店街もありましたが、今ではすっかり寂れてしまいましたね。

 

建て替えも、そのD地区を残すのみ。

新生・松原団地…今は「コンフォール松原」って名前になってますが、今様に合うような進化が、そろそろ形になりそうです。

飯倉六丁目・「黄金餅」の思い出・26…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

信号機は「いいくら」ですね。

「いいぐら」って言ったりもするようです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171108082419j:image
飯倉は非常に古い地名で、遙か昔、穀物を蓄える蔵があったので、この地名になったとの説があるそうです。

 

このうち、六丁目は上杉家、稲葉氏屋敷が並ぶ、武家地だったそうです。

上の写真の交差点、「飯倉交差点」から、「飯倉片町交差点」までの、外苑東通りの北側を指したようです。

 

ただ、この日はアメリカのトランプ大統領が、来日した日。

近くにアメリカ大使館があるため、界隈は警戒厳重。

とても写真なんか撮れる雰囲気ではなさそうなので、とっとと退散。

 

飯倉片町方面に背を向けると、見えるのは…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112004714j:image

東京タワー!

言わずと知れた、ランドマークです。

 

行程とは反対に、永井坂を下ると…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112014529j:image


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112014651j:image
ほぼ正面!

この街に勤める人々は、毎日眺めてるんでしょうね~

僕がスカイツリーを眺めるように!

 

ちょっと脱線して、訪れたのは
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112014826j:image

芝給水所公園です。

丘になっているところが、公園、トイレ、グラウンドになっています。

 

 ここらの眺めも、もちろん、東京タワー! 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112015120j:image

 

この公園には一つ、「掟」がありまして。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112015423j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171112112509j:image
「飲食禁止」

理由?

 

「給水所だから!!」

 

なるほど、納得です…

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「坂を上がって、飯倉片町…」

 

振り返って「西久保から…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

荒川の思い出…

荒川は、いつも渡る川です。

通勤に、行楽に。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

鉄路、響かせて。

 

河川敷は、なかなか気持ちいいです♪

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

荒川区を流れるのは、今は隅田川ですが… 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

かつては千住大橋が、荒川・隅田川の境だったそうです。

 

今の荒川は、こちら。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

ちょっと遡って…

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

隅田川を分岐する岩淵水門には、かつての“赤門”と、今の“青門”があって、水流を制御して洪水を防いでいます。

 

でも、ここは行ったことなかった!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119174425j:image

そう言えば、ちゃこりんさん、行ってらしたよね。

僕も、行ってみました♪

歩きだけど…。 

 

スタートは、こちら。

四尺玉を上げ…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119174828j:image

 

人形職人が精を出す街、鴻巣です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119174854j:image

実は、免許の更新に訪れたときに、そう言えば…と。

鴻巣市には、埼玉県の運転免許センターがあります)

更新が早く済んだので、駅まで戻り、 逆方向へGo!

 

かなり交通量の多い、県道27号線(松山街道)を西へ進むと…

早速、看板が!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119174916j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119174935j:image

 

わっ!2キロ半もあるの!?

もう3時過ぎなので、渡って往復は無理だなぁ…

 

でも、300mなら歩ける!と、スマホの地図を見ながら…

 

前に橋が見えるけど…これ!?

 

これみたい!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119175325j:image

いきなりって感じで!

地図上では橋なんて全くなくて、普通の平地なんですよ。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119175557j:image
…でしょ!?
畑になってるし!

 

柱にはこんな但し書きが。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119175803j:image

あら、もうちょっと先なのね。

多分、その地点には橋がないのでしょう。

 

まぁ、この橋の部分も、近いぐらいの川幅があるのでしょうね。

 

それにしても、川幅の定義って、こうなのね。

計画高水位は、流域に降った雨が、各種治水施設(ダムや遊水池、貯水池など)で調整された後に流れてくる水量で、それに耐える堤防の位置、ってことになるのかな?

つまり、さっきの畑は洪水になると、水に沈んでしまう、ってことになります。

 

これも、堤防になるのかな?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119175902j:image

 

さて、時間的に、水面ぐらいまではいけるかな?と、歩行再開!

橋は真っ直ぐです。

アップダウンも、ほとんどなく。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119221626j:image

実りの秋ですね~♪

 

そして、10分も歩いたかな?

水面に到着。

細っ!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119175921j:image

自宅の地図上で測ったら、27m。

荒川放水路橋梁下の176mに、遠く及ばない…。

 

まぁ、幾多の川を集めて、また時には別れて、下流の川幅になるんでしょうね。

 

橋の先は、遠くて見えない。

真っ直ぐ先へ、伸びてるけど。

まぁ、渡りきるつもりはなかったんだけどね。

 

ここから先は、吉見町かな?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119175938j:image

…と思ったら、違うのね。。。

調べたら、この橋「御成橋」のさらに約300m先が、吉見町!

 

思い出がありましてね。

位置情報SNS「ロケタッチ」のシール取りの旅で、訪れました。

埼玉県のゆるキャラの街をめぐる、シリーズがありましてね。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119224327j:plain

そう、吉見町はいちごが特産なんですよ。

でも、行った当時はいちごのシーズンじゃなく…。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119232611j:plain

お蕎麦を食べていました。

結構、美味かったと思います。

 

駅のない吉見町。

アクセスは鴻巣駅から、バス!

 

その時、間違いなく、この橋を渡っているのです。

バスだから、写真は残ってないけど。

 

そして、後で調べたら、吉見町との境は、実は川の中間点付近。

さらに1km以上先に、対岸の堤防があるらしい!

鴻巣市側にあった、茶色いポールも、あるそうですよ。

 

歩いて行くなら、駅から往復9km以上!

撮影等込みで、3時間は見ないと、いけませんね。

 

「続・荒川の思い出…」書こうかな…!?

 

 

戻りましょうか。

振り返って…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119180520j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119180543j:image

いい天気でした~♪

後から調べた感じでは、橋ぐらいは、渡り切れたかも知れませんね。

次回は、狙って来ましょう。

 

お土産はこれと…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119181158j:image

巨匠に好評だった!

 

あと、コレ!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171119181225j:image

巨匠、料理してくれるかな?

僕が朝食を作ります♪…

今週のお題「得意料理」

 

僕の得意?料理と言えば、何度も書いてるのが… 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

でも、さすがにいい加減、出涸らしなので…

 

…そう言えば昔、失業してた頃、巨匠が車で父を送る間、僕が朝食を作ってたことがあったっけ。

久々に、腕を振るってみる!?

 

じゃーん!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210954j:image

父と巨匠が1時間ちょっと、散歩に出るというので、その間の時間で、“久々に”3人分の朝食を作ってみることにしました。

 

朝食なんで、材料はあるもので。

その上、巨匠に「これ使って」ってものが、3品も。

 

薩摩揚げ

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210729j:image

魚焼き器で、3分超焼けばOK。

 

ポテトサラダ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210805j:image

「父に出して」、とのことでした。

 

蒟蒻はレンジにかけてね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210746j:image

 

どれも調理は簡単。

でも、帰ってくる頃を見計らって、やらなければなりません。

早く作ったって、冷めてしまいますから。

時間を、逆算してね。

 

まずは、スープを。

シイタケも、入れてみました♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210709j:image

 

これは、全部投入したところだけど、キャベツの芯を一番先に投入して、十分火にかけてあります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210850j:image

 

その間に、卵を溶く。

実は父が、「玉子焼き」が好きで♪

当時、白身を切るように混ぜるといいって、聞きました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118210910j:image

 フライパンを温めて、流し込む。

フライパンでしますけど、フライパンは小さい方がいいそうですね。

少し、かき回してあげます。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211031j:image

 

横をせき止めて…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211053j:image

 

畳んでから、フライ返しでクルッと!

大成功!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211122j:image

ただ、砂糖の位置がわからなかったので、甘くできなかったのが残念。

 

サラダは、適当に!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211207j:image

味付けは、ちょっと塩が多かった…

レタスを足しちゃって、切り抜ける!

 

ピザ風トーストも作りました。

ピザソースなんかないので、トマトケチャップ。

ピーマンもなかったので、使いっかけだった、パプリカで代用!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211228j:image

これでも、十分美味しいです。

甘みが出て、かえって良かったかも!?

 

そろそろ帰ってくるって時に、焼き物、レンジものを一気に仕上げて、

出来ました~!

 

「休日の朝食」です♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211304j:image

 

甘くない玉子焼きはちょっと残念だったけど、それでも、「美味しい!」って言ってもらえました~♪

 

朝食を作ってた頃は、失業中、もう10年も前のことですが、覚えてるもんですね~!

経験もありますし、多くは巨匠に、仕込まれましてね。

残り物の活用とか、時間の配分とか、この時の経験によるものが、多いんですよ。

 

皆さんはきっと、たくさんのレパートリーをお持ちで、そのうち幾つか、「得意料理」っていう特別な料理があるんでしょうけど、レパートリーが少ない(ない!?)僕としては、

「出来る料理=得意料理♪」

ってなことで、ご勘弁いただきたいと思います。

 

 

皿はみんな、空になりましたよ♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211332j:image

ごちそうさまでした~♪

 

もちろん…


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171118211356j:image

 

後片付けまで済ませて、ようやく料理の完成ですよね!

西久保・「黄金餅」の思い出・25…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

西久保(にしくぼ・にしのくぼ)は、現在の港区虎ノ門の2~5丁目辺りを指す、古い地名です。

前々回上った愛宕山の、西側の裾野に当たる地域が中心で、さらにその北も高台ですから、窪地の地形になっています。

詳しい領域はわかりませんが、結構広いようですね。

 

ただ、「西久保」は地名にも駅名にも、残っておらず…


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171106084904j:image

最寄り駅は「神谷町」です。

かつては「西久保田町」でしたが、元禄年間に町屋敷になる際、“○○田町”は他にもあって紛らわしい、ってことで、有力者の出身地の名前から取ったそうです。

 

前回道草した「江戸見坂」も、
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171106205329j:image

実は天徳寺そのものも、
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171106205406j:image


どうやら西久保か、その隣接だったようで。

 

坂を下りて、虎ノ門三丁目交差点へ出てきました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171107082525j:image

地下鉄工事!?

実は、桜田通りの下を走る、東京メトロ日比谷線に、新駅が開業するらしい。

仮称は西久保…ではなくて、「虎ノ門」だそう。

 

ここから、飯倉方面に歩きます。

さっきの神谷町駅を過ぎ…


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171108080640j:image

八幡さま!

地図によっては「西久保八幡神社」とありますね。

この辺り一帯を、氏子に持つようです。

 

こんな立て札が。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171108081421j:image

 

貝塚がある!?

当神社の斜面にあるそうです。

でも境内からは行けそうもなく、帰りに回り込めそうな道を見つけるも、通行止め!立入厳禁!!

なので、遠巻きに。

この辺りかなぁ…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171108081835j:image

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171108222625j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171108222635j:image

猫ちゃんがいたから、いっか!

 

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「飯倉六丁目に出て…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

振り返って「天徳寺を抜けまして…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

ワインレッドの思い出…

ワインレッド。

標準ではこの色だそうです…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116223651j:plain

イメージよりは、赤身というか、紫目な色ですね。

フランスはブルゴーニュ産のワインをイメージした色だそうです。

バーガンディとも、言うそうです。

 

一方、もう一つの産地ボルドーは、もうすこし茶色っぽい感じ。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116224224j:plain

 

どちらも、深い味わいを感じさせる、色ですね。

 

ところで、なんで今日、ワインレッドなのかは、おわかりですね♪

 
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116225244j:image

ボージョレー・ヌーボー」解禁!

 日付変更線の関係で、日本が一番早い、解禁です♪

 

最近はハーフボトルも、充実してきましたね。

平日に1本飲み切るのは、大変。

週は、もう1日ありますからね~

 

なので今回は、ハーフボトルを各店で買い集めて、三択にしました♪

 

うさぎの絵がかわいいこちらは、「北野エース」で手に入れました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116230329j:image

 

最近は、白もハーフであるんですね~
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116230353j:image

東武ストア」に赤白であったのから、白を入手!

 

そしてこちらは、「ローソン」で入手しました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116230407j:image

 

一応、答は伏せて…

(白でないのはわかっちゃうけど…)
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171116230422j:image

黒々としたボディながら、ガラスと接する辺りに、きれいなワインレッドが出てますね♪

 

カンパーイ!♪

 

ヌーボーはあっさり目と言いますけど、なかなかしっかりとした味わいでしたよ。

良いワインですね♪

 

残り2本を飲むのも、楽しみです♪

天徳寺・「黄金餅」の思い出・24…

※ この記事は落語「黄金餅」からインスピレーションを得て作成しておりますが、内容は素人の散歩であり、地理、歴史及び落語の研究には主眼を置いておりませんので、ご了承願います。

 

愛宕山NHK放送博物館から、直接降りる階段がありまして。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171106004941j:image
 

降りたすぐそこにある、お寺さんです。

見事な柳のそば!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171105173821j:image


天徳寺です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171105173930j:image

 

こちらが、本堂かな?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171105174006j:image

 

鎌倉時代から室町時代に作られた、石の卒塔婆「弥陀種子板碑」があったらしいのですが、限られた時間では見つからず。

後で調べてみると、近くまでは行っていたようですね。

 

さて、道中づけでは「天徳寺を抜ける」んですが、今は抜けられません。

かっての天徳寺はもっと境内が広く、桜田通り(国道1号線)まで面していたそうです。

 

きっと、抜けられたんでしょう。

こんな感じに、ね!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171105175546j:image

 

さて、いつもの脱線癖ですが、桜田通りを渡ると、反対側は高台になっています。

こんな坂が、ありまして。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171105175942j:image

江戸見坂。

かなりの坂です。

 

昔はこの坂を上がると、江戸市中を見渡せたそうです。

 

今は…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171105180845j:image

時流れ 埋もれるかな ビルの森

 

 

そろそろ次へまいりましょうか。

 

次は「西久保から…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

振り返って「愛宕下へ出まして…」

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com