螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

けん玉の思い出…

けん玉。

多分、子供の頃にも、あるにはあったと思います。

でも、あんまり興味を持てずに。

 

最近、巨匠(母)が買ってきましてね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210308004238j:image

 

「大空」って名前がついていて、「日本けん玉協会認定品」だそうですよ。

 

けん玉、というか、玉と棒を紐でつなぎ、片方を持ってもう片方を振って、皿に乗せたり合体させたりする玩具は、世界中にあったそうです。

そのどれかが、日本に伝わったんでしょうが、それが文献で確認できるとなると、江戸時代後期になるそう。

その後、戦前に何度か、大ブームになったそうです。

 

ちょろっと、遊んでみました。

小さい頃は、大皿にさえ、乗らなかったんですが…

 

ひょいっと!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210308004147j:image

 

刺さりましたよ~!!

 

玉の穴は、紐の真下に開いているはずですから、いかにボールを動かさずに持ち上げるのが、ポイントですね。

それに下から、剣を刺すわけです。

 

一見、難しそうですけど、コツをつかめば、意外と刺さりますよ♪

 

意外と楽しいので、手慰み程度に、やってみようかしら?

あやせの守像…

これ、通勤路にある像です。

「あやせの守」像。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307174921j:image

 

草加の像といえば、この人。

麦倉忠彦氏の作品です。

 

舟に乗った女の子を表した作品は、このすぐ近くを流れる、綾瀬川を指しているのでしょう。

舟の先にクワイが乗っているのも、草加らしいですね。

 

この像…

僕は、別の使い方をしています。

「旅行の、晴れ祈願!!」

 

「あやせ」は綾瀬川を指していますから、水を司る。

水といえば、旅行前にここにお詣りすれば、道中雨に降られない!

 

そんな、勝手な連想なんですけどね。

でも、ここにお詣りして旅行に行くと、不思議と雨に降られない!

雨予報が曇りになって、降られないで済んだりとか、降られたのは移動中だけで、行動中は天気が持った、とか。

鯖街道の旅行では、「懸案だった台風が、宿にいる間に通過して、翌日は台風一過!」なんてこともありましたよ♪

 

実は旅以外にも、オフ会とか、友達とお出かけの時とかも、ここにお詣りしています。

オフ会は待ち合わせもあるし、何人かを連ねて店に移動するので、出来たら雨には降って欲しくないんですよ。

 

でも、今はコロナ禍です。

この像の出番は、すっかりなくなってしまいました。

 

どっか、行きたいですね。

やっぱり、温泉がいいですね。

のんびりお湯に浸かって、美味しい料理を食べてね♪

(さすがに、湯船の写真はありませんが…)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307180704j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307180458j:plain
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307180332j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307180550j:plain


えっ、温泉なら、雨が降っても関係ない??

じゃあ…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307181059j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307180904j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307181225j:plain

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307180828j:plain

 

アニメの聖地巡礼には、雨は大敵なんですよ。

スマホで調べ、写真を撮る手に、傘が加わりますからね~

目…

今週のお題「花粉」

 

花粉症です。

でも、それ以前に「アレルギー性鼻炎」なんですよね。

なので、鼻水は年中の症状。

確かにこの時期は、鼻水やくしゃみはひどくなりますが、特段驚くべきことでも、ないんですよね。

 

なので、花粉症の薬なんて、飲もうと思いません。

わざわざ薬まで使って、押さえ込もうと思わないわけです。

症状がある状態に、慣れてますからね。

 

ただ…

目に関しては、この時期だけです。

常に、かゆくなりますね。

姉妹には、目ん玉を取り外して、洗いたいぐらい!!

メガネしていても、花粉にはあんまり、効きませんね。

 

今はコロナ禍で、目を擦ると感染する!?なんて言われていますが、そうも言ってられませんね。

目尻のところに、指が行くことが多くなります。

 

もはや、日本の風土病ですよね。

木材の需要が増えると踏んで、大量に植林したら売れず、花粉の害だけが残り、森も植物が限られる森になってしまったのは、営林行政の失敗なんでしょうが、木が育つのに100年単位の時間がかかることを考えれば、安易に責められないでしょうね。

「徹底的に」が、裏目に出た結果では、ありますね。

 

 

裏はちょっと、変化球で。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

AVERAGE・関数の思い出・33…

データを集計する時、平均値を求める場面は、多いですね。

平均値を求める時は、各要素の数を合計して、要素数で割る必要があります。

これを、意識なく行ってくれるのが、「AVERAGE」関数です。

 

通常、セル範囲を指定して、関数を打ち込むと、平均を出してくれます。

この時、セル範囲に空白があった場合は、無視されます。

また、文字があった場合も、「AVERAGE」関数は、無視しますね。

計算上、なかったものと見なされます。

 

この時、「AVERAGEA」関数を使うと、文字をゼロと見なして、計算することが出来ます。

具体的には、「0」が入力されていると見なすので、分母が1増えることになります。

例えば、データに「計算不能」という文字が含まれている場合、それをゼロと見なすルールがあるのなら、「AVERAGEA」を使えばいいことになりますね。

 

ただし、エラー値は無視しないで、そのままエラーになるので、しっかりディテクとする必要があります。

 

 

次は「」です

 

 

前は「TAN」です

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

草加市の思い出・40…

草加市在住時の思い出を、書いております)

 

仕事を辞めたのが、2009年10月。

それから半年以上、自分なりのワークを続けました。

散歩、演習、読書、就職対策、…

それはそれなりに、軌道に乗っていました。

 

でも、正直、限界を感じていました。

 

この、在宅ワークの最大の欠点は、

「コミュニケーション能力が、つかない」

人と会いませんから、当たり前です。

 

考えた結果、主治医に相談してみることに、したんです。

そうしたら、紹介してくれました。

「リワークデイケア

うつ病で休職した人が、職場復帰のための力と同時に、うつを再発しないような、知識と経験を付けて、再び職場に送り出す、プログラムです。

 

正確に言うと、僕はうつ病ではなく、双極性障害ですし、しかも休職でもなく、再就職希望。

どちらも、ちょっと外れるんですが、それでも受け入れてくれるというので、行ってみることにしたんです。

 

その時知ったんですが、実は僕、一期生。

受け入れ側も、受講生側も、手探りでの活動が、始まることになりました。

 

 

次の思い出は、こちら

 

 

前の思い出は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

「馬」・しりとりの思い出・44…

もちろん、生物の馬もいますが…

将棋でも、馬がいます。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307024108j:image

 

赤い方ですね。

「角行(かくぎょう:角)」という、斜めならどこまででも進める駒が、敵陣に入って成る(駒を裏返す)と、赤い「龍馬」になります。

龍馬は角の性能に加え、前後左右にも一歩ずつ進める、強力な駒になります。

これを、「馬」と略します。

 

これも、馬がつきますが、「桂」と略しますね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210307024120j:image

 

桂馬は、相手(味方)を飛び越えることが出来る、唯一の駒で、2つ前方の斜め右か左の、どちらかに進むことが出来ます。

成ると、金将の性能(前後左右に斜め前左右)になりますが、最初は敢えて成らずに、桂馬の性能を生かすこともありますね。

 

実際の戦でも、馬は重要な役割を果たしますが、それは将棋の上でも、同じです。

 

 

次は「ま」です

 

 

前は「ら」です

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

BCG・略語の思い出・28…

子供の頃の話です。

ツベルクリンという注射をして、その跡が腫れなかった場合、BCGという判子のような注射を、肩の辺りに押されます。

 

これ、結核の予防接種のことです。

BCGは、このワクチンの開発元、バスツール研究所の、研究者の名前を冠した菌(Bacille Calmette-Guerin:カルメットとゲランの菌)の頭文字だそうです。

 

たしか、小学校では、既に抗体を持ってた子は、半分ぐらいだったかな?

人によって、押されたり押されなかったりで、「○ちゃん、押されなくてズルい!」とか、「僕も押したかったのに」とか、いろいろあったような気がします。

 

今の子って、あんまり予防接種を受けてないそうですね。

僕の頃は、ツベルクリンの他、日本脳炎、百日咳、インフルエンザは2回と、年に何回も、予防接種を受けてたような気がします。

 

でも、今は任意なんだそうで。

副作用とか、ありましたからね。

 

でも、それがコロナワクチンの開発で、後手を踏む一因になろうとは、何がどう災いするか、わからないですね。

 

 

次の略語は、こちら

 

 

前の略語は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com