読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

沖永良部空港の思い出…

交通 思い出 旅行 空港 航空 自然
沖永良部ってどこ?って方のためにご説明すると、奄美群島に属する島です。
鹿児島県の島ですが、距離的には沖縄の方が近いです。
 
お隣の与論島が観光に力を入れて、知名度を上げる一方、沖永良部島は農業が盛んで、サトウキビやテッポウユリは特産。
観光客が来なくても、十分やっていけるそうです。
 

この空港には中学生の頃、家族旅行で訪れました。

 
まずは那覇に行ったものの、開発されたビーチは何となく期待はずれで、安宿の料理もあまり良くなく、船で沖永良部島に上陸。
 
沖永良部島にはきれいな、自然な海岸、砂浜が残っていて、ほっとしたのを覚えています。
 
波乗りして、遊んだりね♪
 
帰りに沖永良部空港から、鹿児島へ帰りました。
当時の東亜国内航空YS-11でした。
赤緑?の。
確か天気も良く、安定したフライトだったと記憶しています。
 
その後は縁がありませんでしたが、実は先ほどの沖永良部-鹿児島便が、民間YS-11の、ラストフライトになったんですよね。
 
当時は失業中だったので、時間的には行こうと思えば、行けました。
YS-11は思い入れがある飛行機ですので、惜しいことをしたかな~って、今になって思います。