螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

「クイズ」・しりとりの思い出・52…

埼玉のKさんが、Twitterで僕を評して、

草加の人、クイズを出している」

 

う…ん、指摘はしなかったけど、僕の出しているのは、クイズかどうかは微妙で。

「問題を出して、答えさせる」だと、範疇に入りますが、

「知識を問う」だと、ちょっと違う。

基本的に確率なので、知識は一切、必要ないんです。

 

まぁ、たまに知識が役立つ場合も、ありますけどね。

 

クイズと言えば、前は随分番組がありましたよね。

視聴者が直接参加する番組も、多数ありました。

 

例えば「アップダウンクイズ」は、お手つきは今までの正解がパーになる、残酷なもの。

クイズグランプリ」は、ジャンルを選んでの、早押しでした。

「天国と地獄」は、ひたすら二択でしたね。

 

陣取りゲームの要素があった「三枝の国盗りゲーム

「人生ゲームハイアンドロー」は、かなり賭けの要素がありました。

クイズ100人に聞きました」は、トレンドに乗れる人が、有利かな?

タイムショック」は、1問に(問題含めて)5秒しかなく、本当に即答力が求められました。

 

「大陸横断ウルトラクイズ」のように、何周にも渡って放送されたクイズもありました。

 

僕の問題は、中では「クイズダービー」が近いかな?

ゲストは正答しそうな解答者を予想して、賭け点を賭け、高得点を狙います。

三択とかありますし、イベントでは本当に、賭けさせたこともあります。

 

今でも、正統派クイズ番組を守っているのが、「パネルクイズアタック25」ですね。

即答力、早押し力、パネルを取る戦略など、様々な能力が試されます。

 

実は、これをExcelVBAで再現したプログラムがあるんですよ。

解答はランダムですが、ルールに則って、パネルを取っていきます。

 

最初は、13番が指定席。

問題に使う時は、この画面で投票を募ります。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210724010855j:plain

 

パネルが埋まってきましたね。

アタックチャンスもあります!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210724010936j:plain

 

物にしたのは青で、まずは6番から斜めに走りました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210724011010j:plain

 

アタックチャンスの狙い目は…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210724011048j:plain

 

アタックチャンスの狙い目は、25番。

右側を固められますね。

 

奏効したのか、そのまま青の方が勝利!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20210724011133j:plain

 

ちなみに、同点になった場合は、ランダムで勝者を決めます。

 

この「アタック25」、現代では良質な番組で、あまり騒がしくもないし、落ち着いてみていられる番組なんですよね。

でも、この秋までで、打ち切りが決まってしまいました。

残念ですね。

 

これで、視聴者参加のクイズ番組は、なくなってしまいます。

この点に置いても、残念です。

 

まぁ、場を賑やかすには、プロの芸人さんなんでしょうけどね。

でも逆に、素人ならでは雰囲気も、あると思うんですよ。

 

 

次は「ず」です

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

前は「ろ」です

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com