螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

伝右川…

“でんうがわ”。
地元を流れる川です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505210909j:image

 江戸時代、伊奈氏家臣の井手伝右衛門さんが、新田開発を目的に開削した、人工河川です。
 
豪雨の度に氾濫を繰り返してきた川ですが、今はだいぶ、整備が進みました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505210743j:image
 
今日は、自宅に近い吉長橋から、川沿いを下ってみることにしました。
橋名になった「中山吉長」さんは、伝右川改修に功のあった人物だそうです。
 
時節柄、鯉のぼり!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505211752j:image
 
「挨拶通り」を抜けると、こんな朱塗りの橋が!(峯分橋)
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505211820j:image
 
4号線との合流点は、葉桜。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505211958j:image

1ヶ月早ければ…(2011年撮影)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505220254j:plain

流れがほとんどないのが幸いして?落ちた花びらが水面を覆います。

曲がりくねりながら、東武線をくぐり…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505212401j:image
 
猫ちゃんにも会いました♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505212220j:image
 
ここの神明排水機場で、綾瀬川とつながります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505212606j:image
さぁゴール!と思いきや、川は右奥方向へ、まだまだ続きます。
 
まっすぐ南下していく、伝右川。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505213215j:image
 
最下流の堰の跡。
農業用水だったことを伺わせます。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505220622j:image
 
もう一匹、猫ちゃん♪♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505213152j:image
触らせてくれましたよ♪


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505213432j:image
街の川の例に漏れず、決してきれいとは言えない伝右川ですが、こんな施設が。
バクテリアの力を借りて、水を浄化するそうですよ。
 
…と、ここで一旦、両岸の道が途絶え、迂回してここへ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505213945j:image
少し進むと、住所は足立区になっていました。
 
そして…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505214105j:image
管理上の境界。
ここが、伝右川の終点です。
 
その先には、

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505214601j:image

伝右川排水機場。
ここで、綾瀬川と合流します。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505214904j:image
回り込んでみました。
 
左手前から伝右川、そして右手前からは別の川・毛長川が、ここで綾瀬川となります。
 
吉長橋から、この大きな水門まで、約8km。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160505214846j:image
 
お疲れ様でした~!
 
今度は吉長橋より北、水源地方面に行ってみようかな?なんて思ってます。
 
その続編は、こちら