読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

ラーメン「極楽鳥」の思い出…

ラーメン 思い出 グルメ

湯河原にいた頃のラーメン屋さんです。

残念ながら閉店してるようですが、僕にとっては、決して忘れられないお店なんです。
 
 
元々は街の中心部にあったと記憶していますが、しばらくして、街からちょっと外れた中央1丁目??に移転、ガラリと味を変えました。
 
写真がないのが残念ですが、澄んだあっさりスープの、ごく普通の醤油ラーメン。
見た目では、もの足りないだろうと想像したと思います。
 
しかし、一口すすって… !!
ものすごく美味い!
 
上品なダシは、塩加減ダシ加減とも絶妙!
その上、ダシだけ浮くことなく、スープにも麺にもベストマッチ。
細い麺がツルツル進む!!
 
決め手は、「アゴ」。
飛び魚のダシでした。
 
九州にも住んでましたし、実家は長崎にもありました。
アゴの存在と旨さは、多少なりとも知っていたんです。
なのに、これほどまでとは!!
 
もう、あっという間に完食したのを、覚えています。
その後、何度も通い、何度も完食しましたよ。
 
思えば、鹿児島でとんこつラーメンを覚え、新横浜で全国のラーメンに出会い、みそ、しお、とんこつ、とんこつ醤油と、守備範囲を広げてきました。
 
どれも、美味しい。
特徴があって。
 
でも、一見普通のラーメンでも、こんなに美味しいラーメンがある。
基本の醤油ラーメンを、疎かにしてこなかったか?
 
カルチャーショック、でした。
店を選ぶ基準が、ラーメン屋さんに求めるものが、ガラリと変わったから。
 
「普通に美味しいラーメン」
これほど美味いラーメンは、ありません。
 言い換えれば、「飽きの来ないラーメン」
最強だと思います。
 
 
ただ…、
 
今まで食べてきた、特徴的なラーメンを、否定する気はないんです。
 
味噌だってとんこつだって、今でも食べますよ♪
 
あるラーメンがどんなに美味しかったからといって、今まで食べてきたラーメンが、まずくなるわけじゃない。
 
食べたあの時、とっても美味しかった♪
それがすべて。
 
 
ラーメンには、様々な答がある。
一つじゃない。
 
それまでの美味しいラーメンと、ここのとびきりのラーメンが、そのことを教えてくれました。
 
ラーメン「極楽鳥」。
僕にとって、ラーメン人生で三本の指に入る、大きな影響を受けたラーメン、なんですよ!