読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

安曇野…

グルメ 交通 名所迷所 名品珍品 地域 旅行 文化・歴史・芸術 神社仏閣 自然 鉄道

昨日は長野・小布施・松本を回りました。

今日は、安曇野です。

 

松本には在住しましたが、車を持っていなかったので、大学1年生の時に、1回だけ先輩に連れてってもらったきり。

 

穂高駅も、初めて降りました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305132001j:image

お社風、なんですね!

 

穂高神社にお詣りして…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305132149j:image

 

街には…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305132229j:image

そう、安曇野は山葵の里でもあります。

行ってきましたよ!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305132358j:image

大王わさび農場

安曇野の清流が生んだ、わさびの里です。

この水が、山葵を育てるんですね!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305145252j:image

美味しい水ですよ♪

柔らかくて。

 

もちろん、これを外すわけにはまいりません!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305132708j:image

わさびソフト!

辛くはないんですよ!

なかなかの風味です♪

 

さて、まだ早春の安曇野は、実はオフシーズン。

バスの運行もありません。

 

…歩きましたよ!!

往復2時間弱。

 

でもね、

結果的には歩いて、よかったんです。

バスではこんな風景は、撮れません♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305133401j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305133337j:image

 

川の水が、きれいでねぇー!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305145957j:image

何年か前の朝ドラ「おひさま」は、ここで撮ったんだそうですよ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305133430j:image

 

歩いていると、車やバスでは通り過ぎてしまう、いろんなものが目に入ります。

 

これも、その一つ
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305150456j:image

 

道祖神

全国にある民間信仰で、厄除けだったり、交通の安全だったり。

でも、長野県、特にこの安曇野地方は顕著で、あちらこちらにあります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305151037j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305151057j:image


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305154754j:image

 

先ほどの「大王わさび農場」にもありました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305151219j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305151254j:image

 

ここの道祖神には、ある特徴がありまして。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305154932j:image

「男女の神が手を取り合ってる」でしょ。

 

穂高神社に、立派な像がありましたよ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305153317j:image

 

きっと、子孫繁栄の願いも、込められているんでしょう。

 

この手の神様では、鹿児島・宮崎地方で見かける「田の神さぁ」を思い出します。

道祖神というよりも、豊作祈願の神様なんでしょうけど、村や里にあって、住民を見守る神様であることには、変わりありません。

 

きっと子供たちは、道祖神や田の神さぁを引き合いに出されて、叱られたりするんでしょうね。

 

住民にとって、最も身近な、共にある神様です。

 

さて、松本に着いて、駅そば食べて…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305153516j:image

 

帰ります。

高速バス「名古屋行き」!?
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170305153555j:image

 

撮りたい場所が、ありましてね。

いずれ明かそうと、思います。