読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

綾瀬市の思い出・1…

草加から移り住む先は、神奈川県の綾瀬市でした。

草加市新田駅から東武線に乗って、北千住で乗り換えたのは、この電車でした。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160615231731j:plain

営団地下鉄千代田線。

当時は“M”ではなく、“S”マークでしたね。

まだ新しい路線で、当時としては珍しい、駅の自動放送設備がありまして。

駅に着くたびに「○番線の電車は、代々木上原行きです」という放送が、何か耳新しくて。

 

その代々木上原で乗り換えて、向かったのは、小田急線の海老名駅

綾瀬市には今も駅はなく、場所によって小田急、相鉄の各駅が玄関でありました。

次の居住地・綾瀬市の綾西は、海老名駅が最寄り駅。

ここからバスが頻発しており、住民の足となっておりました。

 

この環境が、僕をますます乗り物好きにしたわけです。

 

海老名駅は、小田急線の電車基地がある駅。

その上、相鉄線の始発駅でもあり、いろんな電車を見ることができました。

小田急は既に、クリーム色に青帯のいでたちでしたが、唸る旧型車は、まだいたんじゃないかな?

それになんと言っても、ロマンスカー

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160625185354j:image

海老名駅ロマンスカーは止まりませんでしたが(今は停車)、駅は直線で、近くに坂があったので、上下ともかなりのスピードで通過。迫力がありました。

連接構造のロマンスカーは、台車配置が特殊でしたから、駅では独特な音を立てて、通過していきましたね~

ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、ダダン、…。

今の海老名駅はロングレールになってしまい、この音が聞けないのが残念です…。

 

ちなみに、新宿方面は町田駅、小田原方面は本厚木駅まで行けば、ロマンスカーに乗ることができました。

「走る喫茶室」宜しく、ジュースを飲ませてもらったり。

子供心に、うれしかったですね~♪

 

一方、相鉄は有料特急もなく、ちょっとくすんだ緑色の電車と、ステンレスに所々朱色が塗られた電車で、少々地味。

でも、横浜直結の便利さがあり、よく利用しました。

海老名駅のホームは後ろ側、横浜駅は前側が、それぞれ改札に近いので、海老名で乗った人は車内を歩いて、なるべく前へ行く“大移動”が起こるのが常でしたね。

これが随分不思議でねぇ…。

 

横浜へ出たときは、大抵は湘南電車で、都心へ向かいます。

今は引退しましたが、当時の湘南電車はムチャクチャうるさくて。

やっぱり私鉄はスマートだなぁ~なんて、印象を持ったり。

でもこの湘南電車には、後々再びお世話になることになるのです。

 

 

次の思い出は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

前の思い出は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com