読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

銀座線の思い出…

鉄道 思い出 交友 お出かけ 文化・歴史・芸術

渋谷から表参道、赤坂見附、新橋、銀座、日本橋、神田、上野を通って、浅草に至る路線です。

東京では、いや日本最古の地下鉄道ですが、東京では3号線。

路線記号は「G」です。

 

ラインカラーは「オレンジ」となっていますが、今の主流はほとんど黄色の、この車両!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161013200511j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161013200522j:image
上野-浅草間の開業当時の車両にちなんだ、レモンイエロー!

ベルリン鉄道の車両を、参考にしたそうですよ。

 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161013232930j:plain

葛西にある、地下鉄博物館にて。

当時は、こんな車両だったそうです。

1927年。昭和2年のことでした。

当時既に、自動改札だったのは、ちょっと驚き。

 

ちなみに、当時の東京地下鉄道の創業者は、早川徳次氏。

どっかで聞いたことあるでしょ?

 

そう、シャープの創業者・早川徳次氏と、同名なんです。

ただし、シャープは“とくじ”氏、地下鉄は“のりつぐ”氏。

どちらも、偉大な実業家です。

 

さて、話を戻して…。

車体を彩る鮮やかな黄色は、子供に大人気。

時々登場する、越谷のHさんの息子さんも、この電車が大好き!

かつては銀色の電車が大半でしたが、彼はこの黄色い電車が来るまで、テコでも動かなかったとか。

「なかなか先へ進めない…」のが、悩みの種だったそうです。

 

今や、この黄色い電車・1000系は、40本近い全編成のうち、30編成以上を占めるようになりました。

パパの悩みは、解消かな?

 

逆に銀色の01系は、下書きを書いている時点で、残り2編成。

 

僕はというと…、稀少となってしまった01系にも思い出が。

 

第34編成の2号車。

車番は“01234”。

「カウントアップ・ストレート」なんです。

 0始まりの。

 

ぜひ、乗っておきたくて…

でも、確率は1/38。

 

ひと駅乗って、違って、見送って…

またひと駅乗って、違って、見送って…

なんてことを繰り返したり。

 

バカバカしいでしょ。

所要時間は倍以上。

 

でもね、こういうことの方が、思い出に残るもんなんですよ。