螺旋を描いて…

螺旋 のごとく続く毎日を綴ります

自分

谷間の休日…

昨日は医者のみ。 昼には、帰りました。 このイベントは、やったけど… kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 今日も、予定はなし。 なので、馴染みの床屋へ。 今週はオフ会4本!抱えてますからね~!ここはホント昔から付き合いがある、床屋さんです。 ご主…

予定外…

昨日は小倉の宿を出て、宇佐神宮まで往復、門司港に帰って、関門トンネルを通過、下関に入って、高速バスで空港、てな予定でした。 ところが前日になって、どうしても組み込みたい場所がでてきて。 「九州鉄道記念館」 ちょうど、門司港にある施設です。 実…

ワンアームレングス…

今週のお題「お部屋自慢」 ゴルフのドロップなんかでは、「ワンクラブレングス」なんていいますが、僕の部屋(正確にはリビングの一角)の自慢を書け、と言われれば… ワンアームレングス!? そう、腕の範囲内で、必要なものがそろいます。 道具類も、コンパ…

Too Late…

今週のお題「あの人へラブレター」 湯河原郵便局時代。 事務の補助として、貴方は突然やってきましたね。 アルバイトとしてだけど、聡明で、しっかりしてて。 聞くべきことは、ちゃんと聞ける人でした。 だから、僕にもたくさん、質問してきましたね。 実は…

「男」・一年生の思い出・5…

そう!これが付いているのが、男の子ですが… 僕も男の子?ですから、一応、さすっておきました。 さすった場所に、御利益があるらしいんです…。 ちなみに、僕の「一人称」は、書いたとおり「僕」です。 こんな理由が、ありまして。 SNSでやりとりしていると…

草加と越谷の飲食店事情…

先週土曜日、越谷のHさんと。 「鳥平」 「陣太鼓」 ※ 外観は臨時休業写真しか、撮ってなかった… 僕は、草加。 彼は、越谷。 でも彼は、越谷から草加を経由して、八潮(草加の隣)の職場なので、草加市内で飲食店を利用する機会があります。 草加市にもいろん…

「た」の思い出…

大阪版の「た」は、 「大食上戸の餅食らい」です。 これは、ストレートにとってよろしい。 「大食し、大酒も飲んで、その上さらに、餅まで食べる!!」てな大食らいを言います。 どっかに1人、いますよね!? 飲む! 呑む!! 酒呑みのつまみ… …と思いきや!…

「校」・一年生の思い出・4…

1年だけ通った、母校。 埼玉県草加市立清門小学校。 1年生のみ、ここに通いました。 ちょうどこの辺りの人口が増えてくる頃で、僕らが一期生だったようですよ。 こちらが、正門。 体育館なんか、たぶんそのまんま。 当時の面影が蘇りますね。 入れないので、…

「女」・一年生の思い出・2…

次は「女」ですが… 女性は苦手です。 僕自身は男兄弟2人。 身近な女性と言えば、巨匠と、近所に気の強いお姉ちゃんがいたかな? なので、僕にとって女性は、常にどこか、恐怖心があるんです。 言葉や態度で攻撃されたこともありますし、物理的に投げ飛ばされ…

残念な週末の終わり…

ハイ、今日も残念な休日で。 券を買っておいたコンサートは、行けずじまい。 咳、出ますしね。 こんな曲が、聴けるはずだったんだけどな…。 窓を開けた時 遊佐 未森 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 暮れてゆく空は 遊佐 未森 J-Pop ¥250 provided c…

さらに残念な週末…

昨日、無理やり出勤して、ダブルボギー(2時間残業)も叩いて、帰っても食欲なく、病人モードで早く寝た金曜日。 翌朝、こんな事態になって。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp 39.7℃の熱! こんな熱で、草加の心療内科まではいけません。 近くの町医者…

残念な週末…

明日は、採血です。 採血となると、悪あがきをして、にわか禁酒、にわか節食をします。 なので、金曜日までは、飲食でのストレス発散が出来ないことは、ある程度諦めていました。 ところが、 水曜日ぐらいから、風邪を引きまして。 これでは、土曜日も日曜日…

ブログの思い出…

今週のお題「自己紹介」 あっ、ブログやめませんよ(笑) こちらの表ブログは、いくつかのシリーズ記事を書いていまして。 「○○の思い出…」って題名で。 要は、ブログのネタがないときの、穴埋めですが、いつの間にか、穴埋めの方がメインになってしまったの…

僕が朝食を作ります♪♪…

朝起きたら、父が心配して、やってきました。 巨匠(母)が、風邪でダウンしたらしい。 「朝食、どうする?」 父の心配は、そっちなのです… なので、久々に作ることにしました。 これ以来ですね。 kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com …「ネタになるから」…

「る」の思い出…

大阪版の「る」は、 「類をもって集まる」です。 京版でも、これでしたね。 要は、「類は友を呼ぶ」。 「同じ性格の者たちが、自然と集まる」といった意味になります。 swarmも何年目でしょうか。 いろんなグループと、お付き合いさせていただいています。 …

四半期に一度…

一人暮らしは、13年間しました。 男の子?なので、部屋は汚かったですね。 (いや、男性だって、きれい好きはたくさんいると思いますが) だんだん、汚れてくるんですよね~ 空き缶、空き瓶が溜まり、パッケージが溜まり、日用品が溜まり、… しまいには足の…

叶わぬひな祭り…

今週のお題「ひな祭り」 僕、男の子?だから… 巨匠(母)のお話。 巨匠は「六女」なので、さすがに自分の雛飾りは持っていなかったそうですが、それでも家には大きな雛飾りがあったそう。 五人囃子がいなかったそうで、そこに「舌切り雀」とかの、お伽話の人…

松本市と長野県の思い出・20…

若い頃の、話です。 なんとか大学卒業はなって、なるべくして「就職浪人」と化した僕です。 バイトは浅間ハイツと、松本郵便局。 20万円までは行かなかったけど、近いところまでは行っていました。 でも、このままではいいわけはなく。 冷静に考えて、とても…

鉄男くんのために…

今週のお題「バレンタインデー」 一応、僕も男の子?ですが… バレンタインデーが楽しみな男子って、いるのかしら? もらえなければ惨めだし、もらったらもらったで、お返しの算段…。 安い義理チョコあたりで、高いものをねだられるのが、最も割が合わないわ…

松本市と長野県の思い出・19…

引き続き、大学時代のお話。 留年して、2年(本当は4年!)かけて、英語の単位を取りました。 マジメに出ましたよ! 意地になって。 晴れて4年生になったわけですが…、ここでは驚愕の事実が、僕を待っていました。 もちろん、当たり前のことなんですが…、 「…

松本市と長野県の思い出・17…

引き続き、大学時代の松本郵便局での、アルバイトのお話。 区分機の操作は、アルバイト組の中でも特殊技能になりますから、次第にそれなりの地位を築いていきました。 他の方は手区分専門だったり、大型郵便物の処理をする人でしたが、それは僕も出来ました…

「ほ」の思い出…

大阪版の「ほ」は、 「惚れたが因果」です。 惚れちゃったら運の尽き。 しょうがないやい! ごちそうさま的な言葉ですね。 人を好きになったことって、ないです。 友達はいるし、飲み友達もいるけど、決定的に「自分のものにしたい」と思った人って、いない…

松本市と長野県の思い出・16…

大学3年生は、のびのび(しすぎた)年でした。 アルバイトも、宿所の浅間ハイツの以外は、多分やってなかったと思います。 その年の暮れ、前年にやった、郵便局での配達のアルバイトをやろうと、思い立って。 例によって連絡時は、 「やろうかな~ やるのよ…

一球の変化球…

今週のお題「2018年の抱負」 変化球を、投げよう。 人生の、変化球を。 「一球で」いいから。 この時期と3月は、翌年や来年度の、抱負や目標を立てることが多くなります。 目標には「振り返り」って要素がつきもので。 「今年はコレは出来たけど、コレとコレ…

「は」の思い出…

大阪版の「は」は、 「花より団子」です。 外観なんかより、実質を重んじる風潮を言います。 風流よりも、実益。 そう、風流では、食べていけないのです。 大阪の方は、このような方が多い?なんて言ったら、怒られそう!? でも、考え方の一つであることは…

松本市と長野県の思い出・15…

そろそろ、但し書きを付けとかないと、わかってもらえないですよね。 大学時代のお話。 もう、20年以上も前になります。 前回の続き、アルバイトと言えば、もう一系統として、宿所である「浅間ハイツ」でのアルバイトがありました。 最初に声がかかったのは…

乗務…

久々の、何も予定のない週末。 大寝坊して、起きてきたら…。 幾つかミッションを、課せられた。 ・鹿児島の弟一家に贈り物をするために、巨匠と松原団地の郵便局まで、車で行く ・ボーナス分から貯金を専用口座に振り分ける かつ、新年会のお釣り(5千円札)…

腹心の友…

越谷のHさんと、飲みでした♪ この前主催した忘年会には、仕事で来れなかったので、開き直し、ですね。 世は忘年会シーズン。 多分、どこも混んでるだろうと言うことで、舞台は越谷。 飲めるチェーン店が、数多くあるのです。 でも、その前に、幾つか彼の行き…

弟になれるひととき…

今日は仕事が早く上がれたので、地元の床屋さんに。 ※ 店を出た時の写真なので、電気は消えてますね。 家族経営の、床屋さんです。 僕は小学校1年生までと、郵便局を退職してからの2回、草加に在住していますが、ここのご家族とはいろいろと縁がありまして。…

新快速の思い出…

僕の新快速の思い出は、大学に入ってから。 既にJR、221系がエースでした。 当時は120km/h運転でしたっけ? それでも、小田急や、南九州の“汽車”しか知らなかった僕には、十分速く感じましたよ。 ※ 当時の鹿児島では、「電車」は路面電車のことで、国鉄/JRは…